#author("2019-09-15T07:24:05+09:00","default:user","user")
*ハーネル StG44 / Haenel Sturmgewehr 44 【突撃銃】[#w0f7a55e]
#ref(MP43.jpg,center,nolink,ハーネル MP43)
|全長|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|940mm|5.21kg|[[7.92mmx33>口径]]|30|S/F|ドイツ|

 ドイツのハーネル社が開発し第二次大戦後期のドイツ軍主力火器として使用された、世界初の本格的[[突撃銃]]。
 第一次世界大戦での戦訓から、従来の歩兵主力火器である単発高威力な大口径弾よりも、多少の射程と威力を犠牲にしてでも射撃安定性と携行弾数を増大させた方が戦闘に有利との考え方が生まれた。そこでドイツでは1930年代半ばから末にかけて、その思想を元に従来の7.92mmx57よりも小型の7.92mmx33を開発。同時に技術力の発達により銃自体の[[半>セミオート]]/[[全自動>フルオート]]発射機能も検討され、その結果ハーネル社内で[[ヒューゴ・シュマイザー]]を筆頭とした開発チームが作り上げたのがMkb42(H)である。このMkb42(H)は[[独ソ戦]]初期に実験投入され良好な性能を示し、ドイツの次期主力火器として期待された。また構造的にも、レシーバーやグリップ部はメタルシートをプレス加工し溶接で張り合わせたモナカ状の構造で、生産性にも優れていた。しかし、ここからStG44の苦難が始まる。
 それは当時ドイツ軍主力[[小銃]]であった[[Kar98K>マウザー Kar98K]]と使用弾が異なるため『補給に混乱を招く事になる』との理由でヒトラーが本銃の採用を禁止したのだ。確かに理由としては一理あるが、その問題を補って余りある性能を持つ本銃を使わない手はない。そこで軍部は、本銃に"MP43"の偽呼称を与え、既存の[[短機関銃]]の改良型と偽りヒトラーには内密に細々と生産を指示。そして翌1944年には多数の実戦配備と現場の兵士の好評と云う既成事実を前に、ヒトラーも我を折らざるを得ずMP44――後に改称されStG44(Sturmgewehr44:突撃小銃44年型)――の名前で制式採用され、終戦までに約28万挺が生産された。
 ドイツのハーネル社で開発され、第二次大戦後期にドイツ軍の主力小銃として使用された、「[[突撃銃]]」(Sturmgewehr)の名称が使われた最初の銃((機能的に世界最初のものについては「[[突撃銃]]」の項を参照のこと。))である。
 第一次世界大戦での戦訓から、従来の歩兵主力火器である単発高威力な大口径弾よりも、多少の射程と威力を犠牲にしてでも射撃安定性と携行弾数を増大させた方が戦闘に有利との考え方が生まれた。そこでドイツでは1930年代半ばから末にかけて、その思想を元に従来の7.92mmx57よりも小型の7.92mmx33を開発。同時に技術力の発達により銃自体の[[半>セミオート]]/[[全自動>フルオート]]発射機能も検討され、その結果ハーネル社内で[[ヒューゴ・シュマイザー]]を筆頭とした開発チームが作り上げたのがMkb42(H)である。このMkb42(H)は[[独ソ戦]]初期に実験投入され良好な性能を示し、ドイツの次期主力火器として期待された。また構造的にも、レシーバーやグリップ部はメタルシートを[[プレス加工]]し溶接で張り合わせたモナカ状の構造で、生産性にも優れていた。しかし、ここからStG44の苦難が始まる。
 それは当時ドイツ軍主力[[小銃]]であった[[Kar98K>小銃/マウザー Kar98K]]と使用弾が異なるため『補給に混乱を招く事になる』との理由でヒトラーが本銃の採用を禁止したのだ。確かに理由としては一理あるが、その問題を補って余りある性能を持つ本銃を使わない手はない。そこで軍部は、本銃に"MP43"の偽呼称を与え、既存の[[短機関銃]]の改良型と偽りヒトラーには内密に細々と生産を指示。そして翌1944年には多数の実戦配備と現場の兵士の好評と云う既成事実を前に遂にヒトラーも考えを改め、MP44――後に改称されStG44(''St''urm''g''ewehr''44'':突撃銃44型)――の名前で制式採用され、終戦までに約28万挺が生産された。

 こうして紆余曲折の末、ようやく日の目を見たStG44だったが、既に銃1つで戦局が変わる時期はとうに過ぎておりドイツ敗戦の時期をわずかに遅らせる程度でしか無かった。
 しかし第一次世界大戦の[[MP18>短機関銃/ベルグマン MP18]]同様、またしてもこのドイツ製の高性能銃器に衝撃を受けた連合各国軍は、終戦後即座にこの銃を参考にフルオート機能を備えた小銃の研究・配備を開始。21世紀現在まで続く制式小銃のスタンダードである、「アサルトライフル」の基礎となった。

 しかしStG44の歴史はこれだけで終わったわけではない。戦後しばらくは東西ドイツをはじめとする旧占領地域(東欧、アフリカなど)に第一線で配備されており、冷戦の影響で西ドイツの武装制限が解除されてからは、[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社で再生産も試みられている。弾薬は少なくとも90年代まで製造されていたようだ。(マウザー社によるローラーロッキング機構をもつ次世代突撃銃・StG45(M)の戦後スペインでの改良発展型と、アメリカの[[NATO規格>口径]]の押しつけの中で生まれたのが[[G3>HK G3]]で、これはStG44とは全く機構が異なり、直接の発展型ではない。)
 現在もかなりの数がテロや紛争に使用されており、数の差こそあれ[[AK47>USSR AK47]]とほぼ同じ運命を辿っている。
 StG44自体は終戦に伴い大半は連合軍に接収されたが、戦後しばらくは東西ドイツをはじめとする旧占領地域(東欧、アフリカなど)にも第一線で配備されており、冷戦の影響で西ドイツの武装制限が解除されてからは、[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社で再生産も試みられている。弾薬は少なくとも90年代まで製造されていたようだ。珍しいところでは、パキスタンでは民間人が軍用弾の所持・使用を禁止されているため、[[AK47>USSR AK47]]をこの銃で用いる7.92x33mm仕様に改造したものが民間の銃市場に流通していたようだ(ただし、これも2012年に禁止されている)。
 2010年代から続くシリア紛争では第二次世界大戦時代に生産されたものがなんと五千挺も発見され、反政府軍によって現在も広く使用されている。
 現在もかなりの数がテロや紛争に使用されており、数の差こそあれAK47とほぼ同じ運命を辿っている。

 なお、外見の類似や、開発技師がソ連に渡っている事から「AK47は本銃のコピー品である」という説がしばしば見られるが、実際はロシアはドイツ同様短小弾ライフルの開発にかなり早い段階で携わっており、内部機構も全く異なるため、本銃が設計的に与えた影響はほとんど無いと言える。開発者のカラシニコフ本人も[[M1ガーランド>スプリングフィールド M1]]などを参考にしたと発言している。

 余談だが冷戦時代、共産圏でもアメリカ軍の登場するテレビドラマや映画が少なからず製作されたが、恐怖政治で知られる共産圏において当然映画撮影の為に西側の象徴的武器である[[M16>コルト AR15]]やその[[プロップ>プロップガン]]を調達するなど簡単に許される筈もなく、本銃に[[キャリングハンドル]]等を増設したものがたびたびM16代わりに用いられている。メディア的にも数奇な運命を辿った銃と言えるだろう。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|[[Battlefield V]]|−|−|項目参照|
|THE 最後の日本兵 〜美しき国土奪還計画〜|ゲーム|百目鬼 朝男|作中名「St44突撃銃」|
|アイアン・スカイ|映画|ナチス兵士|レトロ風に改造した[[プロップガン]]|
|アウトブレイク・カンパニー|アニメ|−|小道具部屋のガンラックに掛けてある&br;第10話|
|[[荒巻義雄 艦隊シリーズ]]|−|−|項目参照|
|[[うぽって!!]]|−|−|項目参照|
|[[ガールズ&パンツァー>ガールズ&パンツァー]]|−|−|項目参照|
|彼方のアストラ|アニメ|−|10話にて、アリエス・スプリングが説明する過去の歴史のシーンでバトルフィールドクロス状態で登場。&br;[[マガジン]]無し&br;[[ヘルメット]]が[[ストック]]に被せてある|
|ガンツ ウェスタン フロント&br;ジューン 1944 〜鉄の記憶〜|ゲーム|ドイツ兵|作中では、ドイツ兵のメインウエポン|
|[[機動戦士ガンダム]]|−|−|項目参照|
|強襲ミドガルト蛇|漫画|ギュンター・オストアンデル少佐&br;海浜猟兵(シュビムイエーガー)部隊|『SF/フェチ・スナッチャー』2巻収録|
|[[靴ずれ戦線]]|−|−|項目参照|
|ケルベロス 鋼鉄の猟犬|ラジオドラマ|マキ・シュタウフェンブルク大尉&br;装甲猟兵|装甲猟兵から渡された物&br;劇中名StG42&br;(劇中ではヒトラーが41年に暗殺されているため42年に正式採用?)|
|[[犬狼伝説]]|−|−|項目参照|
|ケルベロス 鋼鉄の猟犬|ラジオドラマ|マキ・シュタウフェンブルク大尉&br;装甲猟兵|装甲猟兵から渡された物&br;劇中名StG42&br;(劇中ではヒトラーが41年に暗殺されているため42年に正式採用?)|
|[[コール オブ デューティー]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ2]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ3]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ4: モダン・ウォーフェア]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ブラックオプス]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ ワールドウォーII]]|−|−|項目参照|
|[[さくらリンク]]|−|−|項目参照|
|[[サドンアタック]]|−|−|項目参照|
|[[人狼 JIN-ROH]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド]]|−|−|項目参照|
|[[スター・ウォーズ]]|−|−|項目参照|
|[[ストライクウィッチーズ&br;Operation Victory Arrow>ストライクウィッチーズ]]|−|−|項目参照|
|[[スナイパー エリート]]|−|−|項目参照|
|[[スワガー・サーガ]]|−|−|項目参照|
|[[蒼天の拳>北斗の拳]]|−|−|項目参照|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[泥まみれの虎 〜宮崎駿の妄想ノート〜>宮崎駿の雑想ノート]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド1942]]|−|−|項目参照|
|[[ハンニバル・レクター・シリーズ]]|−|−|項目参照|
|[[ヒトラー 〜最期の12日間〜]]|−|−|項目参照|
|[[フューリー]]|−|−|項目参照|
|[[ブラザー イン アームズ]]|−|−|項目参照|
|[[ヘルシング]]|−|−|項目参照|
|魔弾|小説|レップ|[[ナイトスコープ>暗視鏡]]付|
|[[ベルベット アサシン]]|−|−|項目参照|
|[[炎628]]|−|−|項目参照|
|魔弾|小説|レップ|[[ナイトスコープ>暗視装置]]付|
|[[迷彩君]]|−|−|項目参照|
|[[メダル オブ オナー]]|−|−|項目参照|
|[[最も危険な場所>スワガー・サーガ]]|−|−|項目参照|
|[[ヤングガン・カルナバル]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[シカゴレジメンタルズ>http://www.regimentals.jp/]]から転載しています。
CENTER:このページの画像は[[シカゴレジメンタルス>http://www.regimentals.jp/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
***外部リンク [#hw0ma0k7]
・[[MP 43 / MP 44 / Stg.44 ムービー>http://www.nazarian.no/wep.asp?id=303&group_id=5&country_id=81&lang=0&p=8]]
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS