*ステアー GB / Steyr GB 【自動拳銃】 [#kb765865]
#ref(steyr_gb.jpg,center,nolink,ステアー GB)
|全長|重量|口径|総弾数|製造国|h
|216mm|845g|[[9mmx19>口径]]|18+1|オーストリア|
#author("2019-01-08T17:06:41+09:00","default:user","user")
*ステアー GB / Steyr GB 【自動拳銃】 [#m501f5b5]

 1970年代、オーストリア軍は老朽化した[[ワルサー P38]]の代わりとなる[[自動拳銃]]の開発を、ステアー ダイムラー プッハ(現在のステアー マンリッヒャー?)社に依頼。ロガック P-18の失敗を糧にして、1981年に完成したのがGB(Gas Bremse,英:Gas Brake)である。
 スライド先端内部とバレル外面をガスチャンバーとして利用する、ガス圧ロック方式を採用している。そのためポリゴナルバレルはフレームに固定されており、ショートリコイル方式に比べ精度が高い。それだけでなく、ガス圧ロック方式では部品数を少なくできるため、信頼性も高い。他にも、トリガー周りにポリマー素材を使用するなど先進的な技術を導入している。[[ダブルカラム]]による総弾数18発の大容量と、フレームが単純な[[プレス加工]]品で作られているため、大量生産に向いているのが売り。
 しかし、1983年に行われたオーストリア軍の軍用ピストル選定では[[グロック 17]]に破れ、結局1988年には製造中止、営業的にみて成功作とはいえなかった。
#ref(steyr_gb.jpg,center,nolink,)
|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|216mm|845g|[[9mm×19&br;>口径#AutoAmmo]]|18+1|オーストリア|

 ちなみに、ロガック(ローギャック) P-18というのはアメリカで生産されていた[[拳銃]]。外見・機構はGBと酷似しているが、[[ロストワックス]]製法のステンレス製で、品質はきわめて粗悪。いくらも撃たないうちにあちこちでガタが生じ、試射したレポーターが頭に来て地面に叩きつけたとさえ伝えられる。
 詳細は不明ながら、システムの開発者がパテントを売却する際にトラブルがあり、類似しながら全く別の拳銃が生産されることになってしまったと言われている。
 1970年代、オーストリア軍は老朽化した[[ワルサー P38]]の代わりとなる[[自動拳銃]]の開発を、ステアー・ダイムラー・プッハ(現[[ステアー・マンリッヒャー>ステアー]])社に依頼。先行して販売されたロガック P-18の失敗を糧にして、1981年に完成したのがGB(Gas Bremse,英:Gas Brake)である。
 スライド先端内部とバレル外面をガスチャンバーとして利用する、[[ガスディレイドブローバック>ブローバック]]方式を採用している。そのためポリゴナルバレルはフレームに固定されており、[[ショートリコイル]]方式に比べ精度が高い。それだけでなく、ガスディレイドブローバック方式では部品数を少なくできるため、信頼性も高い。他にも、トリガー周りに[[ポリマー>ポリマーフレーム]]素材を使用するなど先進的な技術を導入している。[[ダブルカラム]]による装弾数18発の大容量と、フレームが単純な[[プレス加工]]品で作られているため、大量生産に向いているのが売り。
 しかし、1983年に行われたオーストリア軍の軍用ピストル選定では[[グロック 17]]に敗れ、結局1988年には製造中止、営業的にみて成功作とはいえなかった((手に触れるスライド部が高温の発射ガスにさらされる為、スライドが過熱しやすい不具合があったと言われている。))。同じガスディレイドブローバック方式の[[H&K P7>HK P7]]同様、やや癖のある動作方式ではあるが、弾薬さえ合えば高い命中率と反動の低さを発揮し使用者には好評であったという。

 なお、ロガック(ローギャック) P-18というのはアメリカで生産されていた[[拳銃]]。当時アメリカでステアー社製品の輸入事業を手掛けていたレス・ロガック氏による先行クローン製品である。P-18の商業的大失敗により、何故彼がGBのリリース前に設計図を入手していたのかは全く不明となっている。GBの設計自体は1968年に既に完了しており、その後ステアー社が自社の拳銃生産ラインを構築するまでの間の「繋ぎ」としてアメリカでの生産・販売を許可されていたという説が有力である。
 外見・機構はほぼGBと同一であるが、[[ロストワックス]]製法のステンレス製であった点が最大の相違点である。しかし品質はきわめて粗悪であり((いくらも撃たないうちにあちこちでガタが生じ、試射したレポーターが頭に来て地面に叩きつけた、『Jammatic(ジャム・オートマチック)』とのあだ名を付けられるほどジャムを起こしたなどとされる。))、あまりのひどさにステアー社が生産停止の要請をしたものの、その法的処置が及ぶよりも前にロガック社は破産。本家GB以上に商業的には失敗している。
 アメリカでは米軍に[[M9拳銃>ベレッタ M92]]が採用される1985年まで[[9mmパラベラム弾]]の拳銃は一般市民には全く馴染みがなく、マーケットの乏しさから資金集めは困難で、また経験のある職人もほとんど見つからなかったことなどが原因とされている。


|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Angelical Pendulum]]|−|−|項目参照|
|B-DASH|漫画|−|タナトスの密輸品|
|[[アンジェリカル ペンデュラム]]|−|−|項目参照|
|[[ガンスミスキャッツ]]|−|−|項目参照|
|[[ガンスリンガー ガール]]|−|−|項目参照|
|[[ガンスリンガー・ガール]]|−|−|項目参照|
|[[今日からヒットマン]]|−|−|項目参照|
|スナイパー(2009年)|映画|タオの手下|終盤で所持&br;発砲無し|
|スナッチ|映画|ソル|レプリカ(水鉄砲)|
|[[スプリガン]]|−|−|項目参照|
|哭きの竜 〜Genesis〜|漫画|伏見真二(音無光一)の手下|−|
|~|~|宇佐美和男&br;甲斐正太&br;チェン|発砲なし|
|[[ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌]]|−|−|項目参照|
|[[ピースメーカー]]|−|−|項目参照|
|[[ミッション:インポッシブル]]|−|−|項目参照|
|麻雀飛翔伝 哭きの竜 外伝|漫画|三上信也&br;三代目甲斐組組員|−|
|マリちゃんたすけて!|漫画|潜入捜査官13号|−|
|[[モンスター]]|−|−|項目参照|
|ルーキー|映画|アッカーマン|−|
#hr
CENTER:このページの画像は[[東京マルイ>http://www.tokyo-marui.co.jp/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----

--------
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS