#author("2018-08-31T12:29:54+09:00","default:user","user")
#author("2018-11-12T00:07:59+09:00","default:user","user")
*サイドアーム / Side arm [#r639a93c]
 緊急時に即座に使用できるよう、身に付けておく武器全般のこと。
 短剣やナイフなど隠し持てるようなサイズのものに限らず、槍や[[火縄銃]]など単発式の銃が歩兵の主力武器であった時代には、腰に差した刀剣もこれに相当した。 武士が挿していた脇差もこの一種である。
 緊急時に即座に使用できるよう、身に付けておく武器全般のこと。腰など体の横側に装着していたことが語源である。
 短剣やナイフなど隠し持てるようなサイズのものに限らず、槍や[[火縄銃]]などの単発式の銃が歩兵の主力武器であった時代には、腰に差した刀剣もこれに相当した。 武士が挿していた大小刀も同様である。
 銃器全盛の現代においては、携帯性から主にナイフや[[拳銃]]が用いられる。

 かつては機械的信頼性から、[[自動拳銃]]の登場後もしばらくは[[回転式拳銃]]がサイドアームとされたが、第2次大戦のころには、装弾数の多さやリロードのし易さのなどの利点から自動拳銃が主力となっていった。
 軍隊においては一般に、主力歩兵銃と拳銃を同時に装備することはなく、サイドアームとして拳銃を装備するのは[[機関銃]]や[[対物火器]]のような大型火器の取扱者や車両搭乗者などの歩兵銃を装備できない者、あるいは士官ないし下士官以上の階級をもつ部隊指揮官である。例外として特殊部隊や空挺部隊においては、その任務の性質上から、歩兵銃と併せて拳銃を標準的に装備する。また、現代においては市街地での[[屋内掃討戦>CQB]]のため小銃兵が拳銃をバックアップとして装備するケースも見られる。
 かつては機械的信頼性から、[[自動拳銃]]の登場後もしばらくは[[回転式拳銃]]が用いられていたが、第2次大戦のころには、装弾数の多さやリロードのし易さのなどの利点から自動拳銃が主力となっていった。
 軍・法執行機関では、決まった拳銃が支給されるのが普通だが、これに満足できない場合は(アメリカのように法規則上問題なければ)個人が自費で別の拳銃を購入する場合もある((支給されている9mm口径モデルではなく、.45口径モデルの方を選ぶ…など。))。

 警察官などサイドアームがメインの銃となる職業では、携帯性を考慮してメインの拳銃より小型の物、サブコンパクト或いはコンシールドキャリーと呼ばれるものがバックアップガンとして選ばれることが多い。この場合、携帯性や作動の確実性を考えて小口径のリボルバー([[S&W M36 チーフスペシャル>SW M36]]や[[コルト ディテクティヴスペシャル]])などが好まれる傾向があり、[[SOBホルスターや、アンクルホルスター>ホルスター]]などに収納して、携帯される。

----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS