#author("2019-06-10T17:54:23+09:00","default:user","user")
*コルト特許火器 / Colt's Patent Firearms Manufacturing Company [#sa93735e]

 西部開拓時代から人気があったアメリカの銃器メーカー。[[S&W>スミス アンド ウェッソン]]社とライバル的関係にあることも有名。

 [[シングルアクション]][[リボルバー>回転式拳銃]]を世界で初めて実用化したサミュエル・コルト(Samuel Colt)が1836年に創業した。老舗中の老舗であり、銃器の歴史、そして銃器という存在そのものを語る時に必ずその名が出るほど有名な銃器メーカーである。

 コルト社の歴史は創業者のサミュエル自身が開発したシングルアクションリボルバーでである[[コルト パターソン>回転式拳銃/コルト パターソン]]に端を発するが、当時としてはかなり先進的かつ高い性能を持ちながら、パターソンは充分な収益をあげることが出来ず、コルト社は一度倒産している。
 その後、以前にパターソンを購入し、実際に多大な戦果を上げたサミュエル・ウォーカー大尉を始めとするユーザーの声を背景に復活し、後に傑作と言われる銃を生み出した時代へ入るが、金属薬莢を使う弾薬の特許をS&Wに押さえられたり、[[ダブルアクション]]機構の投入に遅れたりと、実はメカニズム面の進化では後手に回っていた。しかし個々の製品の完成度は高く、この頃には[[SAA>コルト SAA]]がアメリカ陸軍の制式拳銃の座に就いていたため、19世紀末時点での業績は順調そのものだった。
 その後、以前にパターソンを購入し、実際に多大な戦果を上げたサミュエル・ウォーカー大尉を始めとするユーザーの声を背景に復活し、後に傑作と言われる銃を生み出した時代へ入る。この頃には[[SAA>コルト SAA]]がアメリカ陸軍の制式拳銃の座に就き、[[ダブルアクション]]リボルバーやサイドスイング式リボルバーの製造・販売に先鞭をつけるなど、19世紀末時点での業績は順調そのものだった。

 20世紀初頭に入り、[[ジョン・モーゼス・ブローニング]]の設計をもとに[[M1911>コルト ガバメント]]を生み出した。その功績はアメリカ軍主力拳銃の座を1911年から70年以上保持し続けるなど、計り知れない。現在は既にコルトの持つパテントは失効してしまったが、それを機に数多くのガンメーカーがM1911を元にした派生型を生み出しており、「45オート」の流れは途絶えていない。
 20世紀初頭に入ると、[[ジョン・モーゼス・ブローニング]]の設計をもとに[[M1911>コルト ガバメント]]を生み出した。その功績はアメリカ軍主力拳銃の座を1911年から70年以上保持し続けるなど、計り知れない。現在は既にコルトの持つパテントは失効してしまったが、それを機に数多くのガンメーカーがM1911を元にした派生型を生み出しており、「.45オート」の流れは途絶えていない。

 しかし、コルトの苦難はその後からであった。米軍制式拳銃であったM1911の後継を決めるトライアルにおいて[[ベレッタ M92]]に惨敗を喫し、それまで[[回転式拳銃]]が主流であった警察等の組織や民間市場においてもヨーロッパ製の自動拳銃が席巻し始めていた。その上ライバルのS&Wにもシェア面で大きく水をあけられており、コルトは拳銃の生産からほぼ撤退せざるを得なかった。末期の品質の低下は著しく、自社内での開発体制も弱体化し、新モデルの設計も外部に委託しなければならない有様であった。
 しかし、コルトの苦難はその後からであった。米軍制式拳銃であったM1911の後継を決めるトライアルにおいて[[ベレッタ M92]]に惨敗を喫し、それまで[[回転式拳銃]]が主流であった警察等の組織や民間市場においてもヨーロッパ製の自動拳銃が席巻し始めていた。その上ライバルのS&Wにもシェア面で大きく水をあけられており、コルトは拳銃の生産からほぼ撤退せざるを得なかった。末期の品質の低下は著しく、自社内での開発体制も弱体化し、新モデルの設計も外部に委託しなければならない有様であった。2000年代前半までには[[ダブルアクション]]・[[リボルバー>回転式拳銃]]の生産からも完全に撤退している。

 現在の経営形態は、軍需・官需向けの「コルト・ディフェンス」と、民間向けの「CMC(Colt's Manufacturing Company)」の二つに分かれている。近年ではカナダで[[AR15>コルト AR15A2]]のライセンス生産を行っていたディマコ社を買収し、「コルト・カナダ」と社名を変更して運営している。
 しかし、[[ダブルアクション]]・[[リボルバー>回転式拳銃]]の生産からはほぼ完全に撤退するなど、往年を知る者にはその凋落ぶりは寂しい限りの状況だ。
 経営の傾いた90年代からコルトは経営再編を始め、カナダで[[AR15>コルト AR15A2]]のライセンス生産を行っていたディマコ社を買収し、「コルト・カナダ」と社名を変更。2002年には軍需・官需向けの「コルト・ディフェンス」と、民間向けの「CMC(Colt's Manufacturing Company)」の二つに分かれている。コルト・ディフェンスの方は[[M4カービン>コルト M4]]の軍契約打ち切りによって経営が悪化。2015年に「米連邦破産法11条(日本で言えば民事再生法)」を申請した。
 現在でもCMCの方は経営を続けており、2017年にはDAリボルバー([[コブラ>コルト ディテクティヴスペシャル]])の復活などを行っている。
//しかし、[[ダブルアクション]]・[[リボルバー>回転式拳銃]]の生産からはほぼ完全に撤退するなど、往年を知る者にはその凋落ぶりは寂しい限りの状況だ。

 また、コルトではS&Wと同様にリボルバーのフレームサイズに規格を定めているのだが、販売では表立ってそれをアピールすることは無いようだ。
 なお、しばしば「AR-15の制式採用にあぐらを掻いて衰退したメーカー」などと日本でいわれることがあるが、実際はM16以降も米軍向けの最新鋭火器の開発にいち早く携わっており(フレシェットアサルトライフルACRやPDWの先駆けとも言える5.56mm短小弾を用いたマシンピストルSCAMPなど)、いずれも大きなセールスを生まなかったものの、AR-15のマルチキャリバー展開やガスピストン化などにも最初期から積極的だった。1990年代〜21世紀にかけて再びそういった製品にスポットが当たり始めたことを考えると、むしろ「近代化を急ぎ過ぎて失敗した」メーカーと言えるだろう。
 

 ちなみに、コルトではS&Wと同様にリボルバーのフレームサイズに規格を定めているのだが、販売では表立ってそれをアピールすることは無かったようだ。
 [[フレーム規格(コルト社)]]も参照。
----
#contents
***回転式拳銃 [#pafe1353]
[[コルト SAA]]
[[コルト M1851]]
[[コルト M1872>回転式拳銃/コルト M1872]]
[[コルト M1877]]
[[コルト M1917>US M1917リボルバー]]
[[コルト ウォーカー>回転式拳銃/コルト ウォーカー]]
[[コルト オフィシャルポリス>回転式拳銃/コルト オフィシャルポリス]]
[[コルト キングコブラ]]
[[コルト ディテクティヴスペシャル]]
[[コルト ドラグーン>回転式拳銃/コルト ドラグーン]]
[[コルト トルーパー]]
[[コルト ニューサービス>回転式拳銃/コルト ニューサービス]]
[[コルト パイソン]]
[[コルト パターソン>回転式拳銃/コルト パターソン]](パテント・アームズ・カンパニー時代)
[[コルト ポリスポジティブ>回転式拳銃/コルト ポリスポジティブ]]
[[コルト ローマン]]

***自動拳銃 [#jd51b2cb]
[[コルト M1900>自動拳銃/コルト M1900]]
[[コルト M1903&br;コルト M1908>コルト ポケット]]
[[コルト M1908 ベストポケット>FN M1906]]
[[コルト ウッズマン]]
[[コルト ガバメント]]
[[コルト ジュニア]]
[[コルト デルタエリート]]
[[コルト ベストポケット>FN M1906]]
[[コルト ポケット]]
***小銃
[[コルト M45A1]]

***小銃 [#pa285063]
[[コルト M1855>小銃/コルト M1855]]

***突撃銃 [#udeca261]
[[コルト AR15]]
[[コルト AR15A2]]
[[コルト CM901]]
[[コルト M4]]
[[コルト M727]]
[[コルト XM177]]

***擲弾発射器 [#c5da0e67]
[[コルト M79]]
[[コルト M203]]

**外部リンク [#u9db4ecd]
・[[Colt Defence>http://www.colt.com/]]
・[[Colt Canada>http://www.coltcanada.com/]]
・[[Colt's Manufacturing Company LLC>http://www.coltsmfg.com/]]
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS