*エイリアン / Alien [#i5056af2]
 宇宙航海士リプリーと残虐な宇宙生物の戦いを描くサイエンスフィクション。後にシリーズ化され、現在4作品が制作されている。
 1作目こそSFホラーとして製作されたが、続編が制作されるごとにそれぞれの監督の個性が前面に出て、色合いが大きく違っているのが特徴。
 公開後20年を経た今でも人気は高く、ゲームやトイなどのさまざまな関連商品の新作が発表されている。2004年には、エイリアンと[[プレデター]]が戦うというアメリカンコミックス原作のクロスオーバー作品「エイリアンVS.プレデター」も作られた。

#contents

**映画版 [#mf32fdc6]
***エイリアン2 (原題 Aliens) [#l1c5d8b9]
RIGHT:1986年、アメリカ映画
RIGHT:監督:ジェームズ・キャメロン

&size(20){''・ストーリー''};
 ノストロモ号を襲ったエイリアンを退け、脱出艇のコールドスリープ装置で眠りについたリプリー。しかし地球へ帰るコースを外れてしまい、57年もの間宇宙を漂流することになってしまう。運よくサルベージ船に救出され地球軌道の中継ステーションへ送られるが、彼女を待っていたのは貨物船を爆破してしまった責任を追求する会社の審問会だった。接触した異星人について必死に説明するリプリーだったが、会社側は全く信じようとはせず、彼女の航海士免許をはく奪して審問は終わってしまう。しかも、ノストロモ号が不時着した惑星LV-426改めアチェロンは、惑星テラフォーミングを行うため作業員とその家族が暮らしている、という驚愕の事実まで知らされる。
 新しい仕事を見つけて日常生活を送るリプリーだが、あの惨劇は忘れることができず、未だ悪夢にうなされ続けていた。そんな彼女の元に、同じ会社のバーク(ポール・レイザー)と植民地海兵隊のゴーマン中尉(ウィリアム・ホープ)が訪れる。LV-426の開拓団からの連絡が途絶えたためその調査に際して、異星人と接触したリプリーに民間アドバイザーとして同行してほしいと頼みに来たのだ。はじめは断るリプリーだったが、悪夢と決別するため依頼を受けることに。
 植民地海兵隊の勇猛果敢な兵士たちとともに、異星人を始末するため再びあの惑星へ向かうのだった―――

&size(20){''・作品解説''};
 限られた空間でエイリアンに襲われる恐怖を演出した前作とは違い、武器を持った人間が多数のエイリアンと戦いを繰り広げるというアクション性の強い作品になっている。「今度は戦争だ!(This Time it's War!)」のキャッチコピーの通り、多数の銃火器が登場し、ミリタリー色も加わっているのが特徴だ。

 劇中登場する植民地海兵隊の装備は架空の物ではあるが、撮影用の[[プロップガン]]は実在する銃を改造して製作された。

|銃器名|説明|h
|~M41A パルスライフル|銃本体はODカラーのフレームで覆われ、金属製[[テレスコピックストック>ストック]]が装着されている。[[10mm x 24>口径]]爆裂徹甲弾(ケースレス)((パルスライフルやスマートガンはケースレス弾を使用するとあるが、後付けの設定であるため実際には本編の各カットで排莢が確認できる。))を使用し、マガジンハウジング右側面には残弾確認用のデジタルカウンター付((もともと演出用のギミックのため、構造上、射手自身が構えたままで残弾を確認できないという致命的欠陥がある。))。装弾数は95/99発。銃身下部には[[ポンプアクション]]式の30mm[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]を装備(装弾数は4発)&br;撮影用プロップガンは[[M1 トンプソン>短機関銃/トンプソン]]をベースに製作された。ランチャー部分には[[M870>レミントン M870]]が内蔵されており、外側を[[スパス12>フランキ スパス12]]から流用したハンドガード、フォアグリップで覆っている|
|~M56A2 スマートガン|[[分隊支援火器>SAW]]。銃本体後部及び銃本体側面にはハンドルバーが付いており、射手はそれを保持して射撃操作を行う。スマートガンには目標物を自動追尾する機能が備わっており、射手はトリガーを引くだけで敵を殲滅することが可能である(もちろん自分で照準することも可能)。弾は10mm x 28ケースレス弾で、250連の[[ドラムマガジン]]を使用する&br;プロップ本体は、[[MG42>グロスフス MG42]]をベースに製作された。外見のデザインはかなり装飾されており、最も特徴的なのはステディカム・アームで射手と銃本体が接続されている点である|
|~M240A1 火炎放射器|[[M16>コルト AR15]]から流用されたパーツ(アッパーレシーバー)や[[M203>コルト M203]]装着用ハンドガード等を組み合わせて製作された。カートリッジ式燃料を使用する|
|~UA-571C セントリーガン|目標物を自動探知し射撃を行う[[機関銃]]である。専用のプラスチック製ケースで運搬し、使用時は[[三脚>バイポッド]]に固定する。残弾数は端末で確認可能&br;ディレクターズカット版で初登場|
|銃器名|解説|h
|~M41A パルスライフル|植民地海兵隊に支給されている標準的な歩兵銃&br;銃本体はODカラーのフレームで覆われ、金属製の[[スライドストック>ストック]]を装着している&br;使用弾薬は[[10mm×24>口径]]口径のケースレス爆裂徹甲弾((パルスライフルやスマートガンはケースレス弾を使用するとあるが、後付けの設定であるため、実際には本編の各カットで排莢しているのが確認できる。))&br;レシーバー右側面には残弾確認用のデジタルカウンター付(表示は0〜99まで)((もともと演出用のギミックのため、構造上、射手自身が構えたままで残弾を確認できないという致命的欠陥がある。))。装弾数は100発&br;銃身下部には[[ポンプアクション]]式の30mm[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]を装備(装弾数は4発)&br;プロップガン自体は、[[トンプソン M1A1>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]をベースに製作された&br;ランチャー部分には[[M870>レミントン M870]]が内蔵されており、外側を[[スパス12>フランキ スパス12]]から流用したヒートシールドと[[フォアエンド>ハンドガード]]で覆っている|
|~M56A2 スマートガン|[[分隊支援火器>SAW]]。本体後部及び左側面にハンドルバーが付いており、射手はそれを保持して射撃操作を行う&br;目標物を自動追尾する機能が備わっており、射手はトリガーを引くだけで敵を殲滅することが可能&br;使用弾薬は10mm×28口径のケースレス弾で、300連の[[ドラムマガジン]]を使用する&br;プロップガン自体は、[[MG42>グロスフス MG42]]をベースに製作された&br;外見のデザインはかなり装飾されており、最も特徴的なのはステディカム・アームで射手と銃本体が接続されている点である|
|~M240A1 [[火炎放射器]]|[[M16>コルト AR15]]のアッパーレシーバーや[[M203>コルト M203]]装着用ヒートシールド等を組み合わせて製作された&br;カートリッジ式燃料を使用する|
|~UA-571C セントリーガン|目標物を自動探知し、射撃を行うオートターレット&br;専用のプラスチック製ケースで運搬し、使用時は[[三脚>バイポッド]]に固定する&br;残弾数は端末で確認可能&br;劇場公開版では登場シーン自体がカットされ、ディレクターズカット版において確認可能|
#br
|使用者|銃器名|備考|h
|エレン・リプリー|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|−|
|エレン・リプリー|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|−|
|~|M240A1 火炎放射器|後半でパルスライフルとテープで束ねて使用|
|ドウェイン・ヒックス伍長&br;(分隊長)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|−|
|ドウェイン・ヒックス伍長&br;(分隊長)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|−|
|~|[[イサカ M37]]|短銃身モデル&br;ピストルグリップ|
|ウィリアム・ハドソン上等兵&br;(技術兵)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|−|
|ウィリアム・ハドソン上等兵&br;(技術兵)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|−|
|ジェニット・バスクェス上等兵&br;(機関銃手)|[[M56A2 スマートガン>グロスフス MG42]]|−|
|~|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|~|
|~|[[S&W M39>SW M39]]|ダクト内部で使用|
|ウィリアム・ゴーマン中尉&br;(指揮官)|[[H&K VP70>HK VP70]]|ダクト内部で使用|
|~|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|~|
|~|[[S&W M39>SW M39]]|[[サイドアーム]]&br;ダクト内部で使用|
|スコット・ゴーマン中尉&br;(指揮官)|[[H&K VP70>HK VP70]]|[[サイドアーム]]&br;ダクト内部で使用|
|マーク・ドレイク二等兵&br;(機関銃手)|[[M56A2 スマートガン>グロスフス MG42]]|−|
|~|M240A1 火炎放射器|~|
|アル・アポーン軍曹&br;(下士官)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|発砲無し|
|アル・アポーン軍曹&br;(下士官)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|発砲無し|
|~|M240A1 火炎放射器|フロストから借用|
|リコ・フロスト二等兵&br;(APC運転手)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|−|
|リコ・フロスト二等兵&br;(APC運転手)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|−|
|~|M240A1 火炎放射器|~|
|~|[[H&K VP70>HK VP70]]|~|
|~|[[H&K VP70>HK VP70]]|[[サイドアーム]]|
|シンシア・ディートリッヒ伍長&br;(衛生兵)|M240A1 火炎放射器|−|
|トレヴァー・ウィアズバウスキー二等兵|M240A1 火炎放射器|−|
|ティム・クロウ二等兵|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|発砲無し|
|コレット・フェッロ伍長&br;(ドロップシップ操縦士)|[[H&K VP70>HK VP70]]|ドロップシップ操縦席で使用(発砲無し)|
|ティム・クロウ二等兵|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|発砲無し|
|コレット・フェッロ伍長&br;(ドロップシップ操縦士)|[[H&K VP70>HK VP70]]|[[ホルスター]]に携行&br;ドロップシップ操縦席で使用(発砲無し)|
|−|UA-571C セントリーガン|−|
|~|[[M16A1>コルト AR15]]|スラコ号の銃器保管庫に置いてある(未使用)|
|~|[[XM177>コルト XM177]]|~|
|~|[[L85>エンフィールド L85]]|~|
|~|[[ガトリングガン]]|ドロップシップの機銃(未使用)|
#br
***エイリアン3 (原題 Alien 3) [#aec4e363]
RIGHT:1992年、アメリカ映画
RIGHT:監督:デヴィッド・フィンチャー

&size(20){''・作品解説''};
 これといった銃火器無しにエイリアンといかに対峙するのかが『3』のミソなのだが、映画後半に惑星フィオリーナ161に降り立つエイリアン捕獲部隊がパルスライフルを所持している(若干、発砲シーンもある)。植民地海兵隊の装備は基本的には現在の米軍装備に酷似しているのに対し、この捕獲部隊は防護スーツにホッケーマスクのようなヘッドギアを装着しており、独特な美術観を表現するのに一役買っている。

|使用者|銃器名|備考|h
|ウェイランド=ユタニ社私兵部隊&br;(エイリアン捕獲部隊)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|フレーム部がブラックカラー|
|ウェイランド=ユタニ社私兵部隊&br;(エイリアン捕獲部隊)|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|フレーム部がブラックカラー|
|~|[[M1911A1>コルト ガバメント]]|[[ホルスター]]に携帯(未使用)|
#br
***エイリアン4 (原題 Alien Resurrection) [#ze8c24b0]
RIGHT:1997年、アメリカ映画
RIGHT:監督:ジャン=ピエール・ジュネ

&size(20){''・作品解説''};
 本作に登場する銃器は(一部を除いて)完全に映画オリジナルの[[プロップガン]]となる。また、弾道の軌跡が曳光弾のように目視できるが、ビーム兵器ではない。

|使用者|銃器名|備考|h
|−|[[M1911A1>コルト ガバメント]]|インターネット通販の商品|
#br
***エイリアンVS.プレデター (原題 Alien vs Predator) [#dba3a814]
RIGHT:2004年、アメリカ映画
RIGHT:監督:ポール・W・S・アンダーソン

&size(20){''・ストーリー''};
 2004年、巨大企業ウェイランド社は南極大陸の地下に謎の遺跡を発見。最高経営者チャールズ・ビショップ・ウェイランドは女性冒険家アレクサ・“レックス”・ウッズ ら専門家を招集し、現地調査に乗り出す。しかし、そこは未知の宇宙生物が戦う巨大な『闘技場』だった.........。

&size(20){''・作品解説''};
 エイリアン、プレデターの名は冠しているものの、両シリーズとストーリー上のつながりはない、言わば『夢の対決』編。元はコミックで、アメコミではお約束の「クロスオーバー」タイトルである。映画化以前にカプコンやFox Interavtive社などから同名のゲームがリリースされている(前者はベルトスクロールアクション、後者はFPS)
 内容的には、結構いいキャラがそろっているのにろくな活躍もないままあっさり殺されたりと、ちょっと惜しい展開。しかし『エイリアン2』でビショップ役を演じたランス・ヘンリクセンが、エイリアンシリーズでおなじみ「ウェイランド社」と共に、そのCEO役として登場し、旧作品との世界背景のつながりを感じさせる、心憎い演出もある。

|使用者|銃器名|備考|h
|マックスウェル・スタッフォード|[[H&K G36C>HK G36]]|フラッシュライト装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|マックスウェル・スタッフォード|[[H&K G36C>HK G36]]|[[タクティカルライト]]装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|マーク・ヴァーハイデン|[[IMI デザートイーグル]]|シルバーモデル|
|~|[[H&K G36C>HK G36]]|フラッシュライト装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|~|[[H&K G36C>HK G36]]|[[タクティカルライト]]装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|グレアム・ミラー|[[IMI デザートイーグル]]|ヴァーハイデンの物|
|アレクシア・ウッズ|[[IMI デザートイーグル]]|ヴァーハイデンの物|
|ジョー・コナーズ|[[H&K G36C>HK G36]]|フラッシュライト装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|ジョー・コナーズ|[[H&K G36C>HK G36]]|[[タクティカルライト]]装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|ラスティン クィン|[[IMI デザートイーグル]]|シルバーモデル&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|アデール・ルソー|[[ベレッタ M84]]|シルバーモデル|
|ウェイランド社私兵部隊|[[IMI デザートイーグル]]|シルバーモデル&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|~|[[H&K G36C>HK G36]]|フラッシュライト装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
|~|[[H&K G36C>HK G36]]|[[タクティカルライト]]装着&br;緑光[[レーザーサイト]]装着|
#br
***AVP2 エイリアンズVS.プレデター (原題 Aliens vs. Predator: Requiem) [#dba3a814]
RIGHT:2007年、アメリカ映画
RIGHT:監督:コリン&グレッグ・ストラウス兄弟

&size(20){''・作品解説''};
 アメリカの田舎町ガリソンを舞台に、エイリアンとプレデターの融合種『プレデリアン』(エイリアン80%、プレデター20%)と、仲間の事故の調査のために飛来し、プレデリアンに遭遇した『ザ・クリーナー』(従来のプレデターよりも狡猾かつ重武装の証拠隠滅役)の壮絶な戦いがガリソンの住民を巻き込んで繰り広げられる。作品の時期設定は前作の直後となっている。
 前作に出てきた銃が使用者が大企業の私設部隊という事で主にヨーロッパ系が中心だったのに対し、こちらはアメリカの田舎町が舞台という事でショットガンやハンティング用ライフル、[[コルト M4]]などアメリカらしい銃器が多い。
 また本作ではショットガンタイプのプラズマキャノンが登場し、終盤では大いに活躍を見せている。

|使用者|銃器名|備考|h
|ダラス・ハワード|[[イサカ M37]]|−|
|~|[[コルト M4A1>コルト M4]]|[[暗視スコープ>暗視装置]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着|
|リッキー・ハワード|[[コルト M4A1>コルト M4]]|[[暗視スコープ>暗視装置]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着|
|~|[[グロック 17]]|−|
|ケリー・オブライエン|[[コルト M4A1>コルト M4]]|[[暗視スコープ>暗視装置]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着|
|~|[[ブローニング M2>重機関銃/ブローニング M2]]|予告編で使用|
|~|[[ベレッタ M92FS>ベレッタ M92]]|州兵の銃を借用|
|モラレス保安官|[[グロック 17]]|−|
|~|[[レミントン M870]]|フラッシュライト装着|
|バディー・ベンソン|[[レミントン M700]]|[[スコープ]]装着|
|サム|[[レミントン M700]]|父親の銃|
|~|[[レミントン M870]]|[[タクティカルライト]]装着|
|バディー・ベンソン|[[レミントン M700>小銃/レミントン M700]]|[[スコープ]]装着|
|サム|[[レミントン M700>小銃/レミントン M700]]|父親の銃|
|生存者|[[コルト パイソン]]|墓地で所持|
|州兵|[[コルト M4A1>コルト M4]]|[[暗視スコープ>暗視装置]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着|
|~|[[US M249>FN ミニミ]]|−|
|~|[[ブローニング M2>重機関銃/ブローニング M2]]|HMMWVの車載銃|
|特殊部隊員|[[H&K MP5A3>短機関銃/MP5]]|[[サプレッサー>減音器]]装着&br;[[ダットサイト]]装着&br;フラッシュライト装着&br;終盤で所持|
|特殊部隊員|[[H&K MP5A3>短機関銃/HK MP5]]|[[サプレッサー>減音器]]装着&br;[[ダットサイト]]装着&br;[[タクティカルライト]]装着&br;終盤で所持|
|~|[[H&K MP5SD>短機関銃/HK MP5SD]]|終盤で所持|
|~|[[US M249 パラトルーパー>FN ミニミ]]|[[ELCANスコープ>スコープ]]装着&br;終盤で所持|
#br
**ゲーム版 [#eb6c43ce]
***エイリアン vs プレデター 2 (原題 Alien vs Predator 2) [#o9a7ab36]
***エイリアンVSプレデター 2 (原題 Alien vs Predator 2) [#o9a7ab36]
#br
|使用者|銃器名|備考|h
|アンドリュー・フロスティー・ハリソン|[[M41A パルスライフル>短機関銃/トンプソン]]|−|
|アンドリュー・フロスティー・ハリソン|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|−|
|~|[[M56A2 スマートガン>グロスフス MG42]]|~|
***エイリアンVSプレデター [#o9a7ab36]

カプコンから発売されたベルトアクションゲーム。今作では珍しくプレデターが主人公側として登場する。

|使用者|銃器名|備考|h
|ダッチ・シェイファー少佐&br;リン・クロサワ中尉&br;プレデター・ウォーリアー&br;プレデター・ハンター|[[M41A パルスライフル>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|落ちている物を拾うと使用できる|
|~|M240A1 火炎放射器|~|
|~|[[M56A2 スマートガン>グロスフス MG42]]|~|
|~|[[US M61破片手榴弾]]|~|
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS