*スプリングフィールド M1 “M1ガーランド” 【自動小銃】[#wba693a5]
#ref(m1g.jpg,center,nolink,スプリングフィールド M1)
|全長|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|1103mm|4.32kg|[[7.62mmx63>口径]]|8|S|アメリカ|

 [[スプリングフィールド M1903]]の後継として開発された[[自動小銃]]。 制式名称は「U.S.Rifle Cal.30.MODEL1」だが、一般的には開発者ジョン C ガーランドの名前を取って「M1ガーランド」とも呼ばれる。
 1936年にアメリカ陸軍の制式[[小銃]]として採用され、第二次大戦や朝鮮戦争でアメリカ陸軍の主力小銃として活躍。 特に第二次大戦では、諸外国が1発ごとに[[コッキング]]を必要とする[[ボルトアクション]]式の小銃を主力としている中、照準したまま連続して8発撃てる[[セミオート]]銃は絶大な威力を発揮。また当時としては異例の統一規格の採用により、ガーランド同士なら部品の共用が可能な整備性の高さも示し、気難し屋のパットン将軍をして「俺はM1(ガーランド)以上の素晴らしい武器を見たこと無い」と云わしめた。

 このように当時としては画期的な歩兵銃であったM1ガーランドだが、欠点もある。それは[[クリップ]]装填式を採用したことにより、その構造上、撃ち切っていないクリップに追加で弾を装填することが非常に手間であったこと。また、弾切れになるとクリップが自動排出されるその際''「チャリ−ン!!」''と独特の甲高い音が鳴ったことである。排出音については、当初、銃撃戦において相手側はそれを気に留めることができる状況ではないだろうと考えられたが、戦中戦後の証言によると、当時の日本軍兵士たちはその音を確かに聞き分けてしまっていたようだ。

 [[自衛隊]]も[[64式小銃>豊和工業 64式小銃]]を制式採用するまで本銃を使用しており、無骨なデザインが気に入られたのか儀仗銃として今なお現役である。
 
 また、アメリカ軍においては無論、第一線で使われることなどない(戦場における口径の大きい自動火器の有効性が再評価されていたとして)が、一部の陸軍の士官学校やリクルーター(新兵の勧誘を専門とする要員のこと)に協力的な学校、特に公立の高校において、整列や行進の際の姿勢矯正などの名目で現在も使われているケースがあるようだ。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[007]]|−|−|項目参照|
|Avalon 灰色の貴婦人|小説|ガーランド|−|
|Wolfenstein Enemy Territory|ゲーム|Allies Engneer,Covert Ops|Engは[[ライフルグレネード>擲弾発射器]]付、Coは[[スコープ]]、消音付の[[狙撃銃]]|
|[[ウインドトーカーズ]]|−|−|項目参照|
|ウルトラマン|特撮|自衛隊員|『怪獣殿下前・後編』|
|エンパイアーズ|ゲーム|GI|−|
|グリーン スナイパー|漫画|米軍兵士|−|
|[[コール オブ デューティー]]|−|−|項目参照|
|コンバット!|ドラマ|ケリー(ケイジ)上等兵|−|
|ジョーズ|映画|クイント&br;マーチン ブロディ署長|−&br;クイントの物をラストで使用|
|[[砂ぼうず]]|−|−|項目参照|
|[[ゼロイン>ゼロイン(作品名)]]|−|−|項目参照|
|立食師列伝|映画|米軍憲兵|−|
|[[父親達の星条旗]]|−|−|項目参照|
|独立重機関銃隊|漫画|米軍兵士|[[スコープ]]付き|
|[[バトルフィールド]]|−|−|項目参照|
|[[バンド オブ ブラザース]]|−|−|項目参照|
|[[パンプキン シザーズ]]|−|−|項目参照|
|[[プライベート ライアン]]|−|−|項目参照|
|ブラザーフッド|映画|ジンテ一等兵|−|
|[[ブラック ラグーン]]|−|−|項目参照|
|[[ヘルシング]]|−|−|項目参照|
|[[ヘルボーイ]]|−|−|項目参照|
|[[メダル オブ オナー]]|−|−|項目参照|
|[[蘇える金狼]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[SPRINGFIELD ARMORY社>http://www.springfield-armory.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
***外部リンク [#fvtg7u8i]
・[[Springfield M1 Garand>http://www.springfield-armory.com/prod-rifles-m1-garand.shtml]]
・[[US M1 Rifle (Garand) ムービー>http://www.nazarian.no/wep.asp?id=179&group_id=5&country_id=97&lang=0&p=8]]
----
#pcomment

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS