*シングルショット / Single shot
 弾倉を備えず、一回の発射ごとに手動で弾丸を薬室に装填する銃、またはその構造のこと。連発機構が普及した20世紀以降でも、[[ライヒトピストーレ>ワルサー カンプピストル]]や、トンプソン/センターの[[コンテンダー>トンプソン コンテンダー]]のような、次弾の装填を素早く行うシリアスな理由のない、競技銃、狩猟銃、信号銃などで見られる。
#author("2020-02-28T21:34:12+09:00","default:user","user")
*シングルショット / Single shot [#z4ecc9f8]
 弾倉を備えず、一回の発射ごとに手動で弾丸を薬室に装填する銃、またはその構造のこと。連発機構が普及した20世紀以降でも、次弾の装填を素早く行う必要が無く、大量の予備弾も不要な、競技銃、[[猟銃]]、[[信号銃]]などで見られる。

 シングルショットの銃は、排莢や次弾装填のためのメカニズムを排することから、構造が単純で、安価かつ頑丈にできるという利点がある。このため、過去には第一次世界大戦時にてドイツが使用した[[マウザーM1918対戦車ライフル>小銃/マウザー M1918]]のような非常に強力な弾丸を扱うライフルで採用された。しかしこの銃は急造兵器という側面も持ち、シンプルすぎて衝撃を抑制するような機能に乏しく、撃つたびに肩を痛めてしまい右肩と左肩で計2発しか撃てない「2ショットライフル(ツヴァイ・シュッツ・ゲベール)」などと揶喩された。この為、これ以降の[[対物狙撃銃>対物火器]]ではたとえ構造単純化(=生産コストの節約)のためシングルショットを採用していても、程度の差こそあるが衝撃吸収システムが装備されている。また、超遠距離から狙い撃つ銃であれば、敵からの反撃を考慮する必要は少ないので、単発式でも圧倒的不利にはならない。
 拳銃にも射撃競技や狩猟用として、多くのシングルショットモデルがある。これは単発中折れ式のライフルから[[ストック]]を省略、銃身を短くしたような外見を持っている。単発とはいえ拳銃サイズでライフルの弾薬を使用できるので人気があり、アメリカではライフルの使用が制限されている州のハンターに需要がある。
 [[拳銃]]にも射撃競技や狩猟用として、トンプソン/センターの[[コンテンダー>トンプソン コンテンダー]]などの多くのシングルショットモデルがある。これは単発中折れ式のライフルから[[ストック>銃床]]を省略、銃身を短くしたような外見を持っている。単発とはいえ拳銃サイズでライフルの弾薬を使用できるので人気があり、アメリカではライフルの使用が制限されている州のハンターに需要がある。
 軍用においては[[マウザーM1918対戦車ライフル>小銃/マウザー M1918]]や[[ゲパード M1>MOM ゲパード]]といった大口径ライフルや、個人携行型の[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]といった、大きく重量のある弾薬を用いるために多量の弾薬を内蔵・携行することが困難な小火器で見られる。

 なお、個人で携行するタイプの[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]の多くがシングルショットであるのは、擲弾が40mmなどの大柄の弾薬であるため、弾倉や装填機構を組み込んだ場合、非常に重くかさばるためだ。とはいえ、多弾数化から得られる火力や即応性のメリットも大きいため、回転式弾倉を備えた個人携行型のリボルビングランチャーも少なくないシェアを持っている。

----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS