*シングルショット / single shot
 昔の種子島銃のように"1発ずつ撃つたびに弾を装填しなおさなければならない"銃を「シングルショット」という。現代では、あまり用いられない方式だが、競技銃、狩猟弾、信号銃などでは現役で活躍している。
#author("2020-02-28T21:34:12+09:00","default:user","user")
*シングルショット / Single shot [#z4ecc9f8]
 弾倉を備えず、一回の発射ごとに手動で弾丸を薬室に装填する銃、またはその構造のこと。連発機構が普及した20世紀以降でも、次弾の装填を素早く行う必要が無く、大量の予備弾も不要な、競技銃、[[猟銃]]、[[信号銃]]などで見られる。

 シングルショットの銃は、弾を1発しか発射できない。しかし、逆の視点では、「排莢システムや次弾装填メカニズムが必要ない」ということにもなる。つまり構造を単純に、頑丈にできるという利点が生まれ、弾薬内の発射薬が生み出すエネルギーを全て弾の加速に使用できる。
 もちろんこの場合、射手が発射の反動を全てその身に受けることになる。第二次世界大戦時に[[ドイツ>HAS パンツァーファウスト]]や[[ソ連>USSR PTRD1941]]が使用した[[対戦車ライフル>対物火器]]は単発ものが多かったが、撃つたびに肩を痛めてしまし右肩・左肩の計2発しか撃てない「2ショットライフル(ツヴァイ・シュッツ・ゲベール)」などと揶喩された。
 現在の[[対物狙撃銃>対物火器]]でも構造単純化(=生産コストの節約)のため単発式のものがあるが、こちらはちゃんと衝撃吸収システムが装備されている。超遠距離から狙い撃つ銃であれば敵との銃撃戦を考慮する必要は少ないので、単発式でも圧倒的不利にはならない。
 拳銃にも射撃競技あ狩猟用として多くのシングルショットモデルがある。これは単発中折れ式のライフルから[[ストック]]をもぎり、銃身を短くしたような外見を持っている。単発とはいえ拳銃サイズでライフルの弾薬を使用できるので人気があり、アメリカではライフルの使用が制限されている州のハンターに需要がある。
 また、信号銃や[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]など、大型の弾薬を発射する銃のほとんどが単発式である。
 [[拳銃]]にも射撃競技や狩猟用として、トンプソン/センターの[[コンテンダー>トンプソン コンテンダー]]などの多くのシングルショットモデルがある。これは単発中折れ式のライフルから[[ストック>銃床]]を省略、銃身を短くしたような外見を持っている。単発とはいえ拳銃サイズでライフルの弾薬を使用できるので人気があり、アメリカではライフルの使用が制限されている州のハンターに需要がある。
 軍用においては[[マウザーM1918対戦車ライフル>小銃/マウザー M1918]]や[[ゲパード M1>MOM ゲパード]]といった大口径ライフルや、個人携行型の[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]といった、大きく重量のある弾薬を用いるために多量の弾薬を内蔵・携行することが困難な小火器で見られる。

 [[ワルサー カンプピストル]]や[[トンプソン コンテンダー]]。また、[[GM FP45]] などがシングルショットの銃にあたる。

----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS