*シングルショット / Single shot
 弾倉を備えずに一回の発射ごとに手動で弾丸を薬室に装填する銃、またはその構造のこと。日本語では単発式とも。
 連発式の銃火器の登場以前は一般的な方式であったが、本項目では連発式の銃火器の登場以後も開発されたものについて述べる。
#author("2020-02-28T21:34:12+09:00","default:user","user")
*シングルショット / Single shot [#z4ecc9f8]
 弾倉を備えず、一回の発射ごとに手動で弾丸を薬室に装填する銃、またはその構造のこと。連発機構が普及した20世紀以降でも、次弾の装填を素早く行う必要が無く、大量の予備弾も不要な、競技銃、[[猟銃]]、[[信号銃]]などで見られる。

 単発式の銃火器は、排莢や次弾装填のためのメカニズムが不要であるため、連発式の銃火器に比べて安価かつ軽量・堅牢にできる利点がある。
 このため連発機構が普及した20世紀以降でも、[[ワルサー カンプピストル]]やトンプソン/センターの[[コンテンダー>トンプソン コンテンダー]]のような、次弾の装填を素早く行う必要のない、競技銃、[[狩猟銃>猟銃]]、[[信号銃]]などで見られる。
 軍用としても大口径の[[対物狙撃銃>対物火器]]や、[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]・[[ロケットランチャー>対物火器]]の類も登場以来現在でも多くは単発式である。
 [[拳銃]]にも射撃競技や狩猟用として、トンプソン/センターの[[コンテンダー>トンプソン コンテンダー]]などの多くのシングルショットモデルがある。これは単発中折れ式のライフルから[[ストック>銃床]]を省略、銃身を短くしたような外見を持っている。単発とはいえ拳銃サイズでライフルの弾薬を使用できるので人気があり、アメリカではライフルの使用が制限されている州のハンターに需要がある。
 軍用においては[[マウザーM1918対戦車ライフル>小銃/マウザー M1918]]や[[ゲパード M1>MOM ゲパード]]といった大口径ライフルや、個人携行型の[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]といった、大きく重量のある弾薬を用いるために多量の弾薬を内蔵・携行することが困難な小火器で見られる。

 趣味の分野では軽量さや安価さはより重視されるため、[[散弾銃]]や[[小銃]]にも多く単発式の製品が存在する。それらの弾丸を用いる大口径拳銃もハンドガン・ハンティングや競技シューティングの分野で使用されている。

----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS