*IMI タボール AR21 / IMI Tavor AR21(TAR21) 【突撃銃】[#c6b9c13b]
#ref(tar21.jpg,center,nolink,IWI タボール AR21&ダットサイト)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|~TAR21|725mm|3.27kg|[[5.56mm×45>口径]]|20/30|S/F|イスラエル|
|~CTAR21|640mm|3.18kg|~|~|~|~|
|~STAR21|725mm|3.67kg|~|~|~|~|
|~MTAR21 / X95|590mm|2.95kg|[[5.56mm×45>口径]]&br;[[5.45mm×39>口径]]&br;[[9mm×19>口径]]|20/30&br;30&br;20/25/32|~|~|

 [[IMI]](現IWI)がIDF(イスラエル国防軍)と共同開発し、2000年頃に実用化された[[ブルパップ]]式の[[突撃銃]]。
 モデル名「AR21」は『Assault Rifle, for 21st century(21世紀の突撃銃)』の略で、「タボール」の名は、聖書に度々登場する、イスラエル北部にある『タボール(Tavor:変貌)山』が由来。
 2000年前後に開発されたブルパップライフルということもあり、操作性や拡張性において冷戦時代に登場したものに比べ多くの改善が見られる。人間工学を意識したデザインで実用性も高く、弾倉は[[M16>コルト AR15]]の物と共通。多数の[[アクセサリーレール>マウントレール]]があり、上部には状況に応じて様々な[[スコープ]]やサイトを、側部には[[タクティカルライト]]を、下部には[[M203>コルト M203]]が装着可能。折り畳み型のバックアップ・アイアンサイトも標準で備えており、照準器の不具合にも対応可能となっている。

 1998年に開始されたイスラエル軍の次期制式突撃銃トライアルでは[[コルト M4]]に敗北したが、その後の改良を経て2001年度のトライアルではM4を下し、制式化が決定。その後も改良を繰り返しつつ配備数を増やしており、2018年度内までに全軍配備が進む予定である。
 その実績を売りに、輸出向け突撃銃として多数の国に売り込みを行っている。アメリカでは初期にバレット社を代理店として[[セミオート]]限定型が民間販売され、2013年からはIWIの子会社から直接アメリカ市場へ販売が開始された。そのコンパクトさと洗練された操作性、高い性能から非常に高い評価を得ており、2014年には全米ライフル協会から市場で最も優れたライフルの一つとして選出されている。
 他にもグアテマラ警察で正式に採用、インドでは軍特殊部隊へ採用されたほか、タイでは既存のM16A1を代替するため10万挺以上が調達されている。
 国内の報道でも取り上げられた2010年5月のタイ・バンコクで発生した暴動では、デモ隊鎮圧のために出動したタイ陸軍の兵士が従来の装備である[[M16A1>コルト AR15]]や[[HK33>HK HK33]]に加えて、真新しい本銃を携えている姿が確認された。
 イスラエル国内においては一部の市街地で銃の所持が許可されており、スイスの[[Stgw90>シグ SG550]]のように本銃を携帯する市民の姿も見られる。構造上通常のライフルと異なりマガジンをジャングルスタイルにすることが困難なため、細くくびれたレシーバー中央部にバンドを通し、そこに銃身方向に並行に予備マガジンを挿す独特のマガジン携行方法が見られる。
 イスラエル国内においては一部の市街地で銃の所持が許可されており、スイスの[[Stgw90>シグ SG550]]のように本銃を携帯する市民の姿も見られる。細くくびれたレシーバー中央部にバンドを通し、そこに銃身方向に並行に予備マガジンを挿す独特のマガジン携行方法も見られる。

 基本モデルのTAR21に加え、短銃身モデルCTAR21などの派生系が存在する。[[シャープシューター>選抜射手]]モデルのSTAR21は[[バイポッド]]やスコープを追加したもので、[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]搭載型のGTAR21は、M203を着脱するため銃身にノッチが備えられたモデルである。
 当初シリーズ最小モデルとして設計されたMTAR21ことマイクロ・タボールは、口径のコンバージョン機能による構造の違いから、元々独自の外観と構成のモデルであったが、2009年にX95と改称され独立モデルとなった。IWI公式では「特殊部隊向け」としているが、ボルトキャッチやマグリリースの配置、重量面のバランスなどがTAR21より改善された為、イスラエル軍ではTAR21に替わりX95を制式化することを決定している。以降、フルサイズのバレル長を持つX95Lや、旧共産圏国向けの[[5.45mm×39>5.45mm x39弾]]仕様モデルX95R、専用のアンダーバレル・グレネードランチャーGL40Sなどが作られている。また、コンバージョンキットを組み込む事により、[[9mm×19>9mmパラベラム弾]]口径の[[短機関銃]]として使う事もできる。
 この他、TAR21ベースに開発された次世代小銃タボール[[OICW]]、TAR21からX95への過渡期モデルであるタボール2、X95から発展したOICWコンセプトモデル・メロン((Meron,イスラエル北部に存在する宗教的・軍事的要地である山。果物のメロンとは関係がなく綴りも異なる。))などのモデルも存在する。


|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|[[Combat Arms]]|−|−|項目参照|
|FEAR|ゲーム|ATC社警備員&br;主人公&br;レプリカ部隊|ゲーム内名称「ASPライフル」|
|[[Parabellum -パラベラム-]]|−|−|項目参照|
|RECON 2020&br;-バイオ・モンスターズ侵略-|映画|ガムズ&br;シャープ軍曹&br;他宇宙海兵隊員|一部CTAR21|
|redEyes|漫画|ドラグノフ軍SAA兵|−|
|[[WarRock]]|−|−|項目参照|
|[[インフェルノ>ロバート・ラングドン・シリーズ]]|−|−|項目参照|
|[[ガン・ブラッド・デイズ]]|−|−|項目参照|
|[[グランド・セフト・オートV]]|−|−|項目参照|
|[[クロスファイア]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン フューチャーソルジャー]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ゴースト]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ブラックオプスII]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア2]]|−|−|項目参照|
|[[サドンアタック]]|−|−|項目参照|
|じゃんげま|漫画|伊戸 ろめ子|TANカラー&br;[[ホロサイト>ダットサイト]]装着&br;第41話、オンラインFPSゲームでの使用武器|
|[[スペックオプス ザ・ライン]]|−|−|項目参照|
|[[青春×機関銃]]|−|−|項目参照|
|対魔導学園35試験小隊|アニメ|傭兵|CTAR-21&br;TANカラー&br;ITL製[[MARS>ダットサイト]]装着&br;[[タクティカルライト]]装着&br;第7,8話|
|[[デッドプール]]|−|−|項目参照|
|[[とある魔術の禁書目録]]|−|−|項目参照|
|[[ニキータ]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード(映画)]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
|ブラック・スコルピオン(2004年)|映画|ビリー・ロス|CTAR21&br;悪徳警官の車から失敬|
|~|~|フランク・ギャノン|ロスと交互で使用|
|[[ペーパーマン]]|−|−|項目参照|
|マクロス ゼロ|アニメ|工藤 シン&br;エドガー・ラサール|発砲無し|
|[[マックス ペイン]]|−|−|項目参照|
|[[レインボーシックス]]|−|−|項目参照|
|[[ロボコップ]]|−|−|項目参照|
|ワールドウォーZ|映画|イスラエル軍兵士|−|
#hr
CENTER:このページの画像は[[IWI>http://www.israel-weapon.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS