*VIETCONG(ベトコン)

 ベトナム戦争を舞台にしたFPSのPCゲーム。
 現在2作品が発売されている。

#contents

***VIETCONG(ベトコン)
RIGHT:2003,エレクトロニック・アーツ

 アメリカ陸軍特殊部隊、グリーンベレー第五特殊部隊群A216分遣隊のホーキンス一等軍曹として分隊を率い、ベトナム戦争を戦い抜く。
 ゲームバランスの絶妙さや、ジャングル戦の臨場感、キャラ立ちした仲間達などで隠れた名作と噂されている。開発はチェコのpterodon。

|使用者|ポジション|銃器名|備考|h
|スティーブ・R・ホーキンス一等軍曹|分隊長|[[USSR トカレフ]]|−|
|スティーブ・R・ホーキンス一等軍曹|分隊長|[[トカレフ>USSR トカレフ]]|−|
|~|~|[[マカロフ>USSR マカロフ]]|−|
|~|~|[[コルト M1911>コルト ガバメント]]|A1|
|~|~|[[S&W モデル39>SW M39]]|[[サプレッサー>減音器]]装着|
|~|~|[[トンプソン>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|M1|
|~|~|[[US-M3>短機関銃/GM M3]]|−|
|~|~|[[PPSh41>短機関銃/USSR PPSh41]]|−|
|~|~|[[USSR PPs43>短機関銃/USSR PPs43]]|−|
|~|~|[[M16>コルト AR15]]|A1|
|~|~|[[AK47>USSR AK47]]|−|
|~|~|[[SKSシモノフ>USSR シモノフSKS]]|−|
|~|~|[[SVD ドラグノフ>USSR ドラグノフ]]|−|
|~|~|[[SVDドラグノフ>USSR ドラグノフ]]|−|
|~|~|[[M1カービン>ウィンチェスター M1]]|−|
|~|~|[[M1ガーランド>スプリングフィールド M1]]|[[スコープ]]装着|
|~|~|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|~|[[デグチャレフ>USSR RPD]]|−|
|~|~|[[M60>サコー M60]]|−|
|~|~|[[コルト M79]]|−|
|~|~|バイカル IZH43|−|
|~|~|[[M2>重機関銃/ブローニング M2]]|ベル UH-1に搭載|
|レ・ドゥイ・ナット三等軍曹|ポイントマン|[[S&W モデル39>SW M39]]|[[サプレッサー>減音器]]装着|
|~|~|[[M16>コルト AR15]]|A1|
|~|~|[[レミントン M870]]|−|
|~|~|[[M1カービン>ウィンチェスター M1]]|−|
|ホーンスター一等軍曹|マシンガンナー(機関銃手)|[[M60>サコー M60]]|−|
|デフォート三等軍曹|通信兵|[[トンプソン>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|M1|
|~|~|[[M1カービン>ウィンチェスター M1]]|−|
|ブロンソン一等軍曹|工兵|[[M1カービン>ウィンチェスター M1]]|−|
|~|~|[[M16>コルト AR15]]|A1|
|ジョー・クロッカー二等軍曹|衛生兵|[[トンプソン>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|M1|
|~|~|[[M16>コルト AR15]]|A1|
|~|~|[[M1カービン>ウィンチェスター M1]]|−|
|サミュエル・ローゼンフィールド大尉|−|[[トンプソン>短機関銃/オートオードナンス トンプソン]]|M1|
|~|~|[[M16>コルト AR15]]|A1|
|グリーンベレー隊員&br;LLDB(南ベトナム軍特殊部隊)隊員|−|[[M16>コルト AR15]]|A1|
|南ベトナム解放民族戦線&br;北ベトナム軍|−|[[USSR トカレフ]]|−|
|南ベトナム解放民族戦線&br;北ベトナム軍|−|[[トカレフ>USSR トカレフ]]|−|
|~|~|[[マカロフ>USSR マカロフ]]|−|
|~|~|[[US-M3>短機関銃/GM M3]]|−|
|~|~|[[PPSh41>短機関銃/USSR PPSh41]]|−|
|~|~|USSR PPSh43|−|
|~|~|[[PPS43>短機関銃/USSR PPs43]]|−|
|~|~|[[AK47>USSR AK47]]|−|
|~|~|[[SKSシモノフ>USSR シモノフSKS]]|−|
|~|~|[[SVD ドラグノフ>USSR ドラグノフ]]|−|
|~|~|[[SVDドラグノフ>USSR ドラグノフ]]|−|
|~|~|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|~|[[デグチャレフ>USSR RPD]]|−|

***VIETCONG2(ベトコン2)
RIGHT:2005,サイバーフロント
開発元:indiGROW

 2005年に発売された、前作の続編。
 アメリカ陸軍特殊部隊、グリーンベレーの大尉となってテト攻勢をメインとする市街戦を戦うほか、ベトコンの一人となって戦うシングルキャンペーンが実装されている。

|使用者|銃火器名|備考|h
|アメリカ軍兵士|[[M1911>コルト ガバメント]]|A1|
|~|[[S&W mod.27>SW M27]]|−|
|~|[[M21>スプリングフィールド M14]]|−|
|~|[[M14>スプリングフィールド M14]]|−|
|~|[[XM-177>コルト XM177]]|E2&br;グレネードランチャー(XM148)装着時もあり|
|~|[[M-16>コルト AR15]]|A1|
|~|[[M60>サコー M60]]|−|
|リグリー大尉|[[M16>コルト AR15]]|A1|
|NVA(北ベトナム軍)兵士|[[MAT49>短機関銃/MAT M49]]|−|
|~|[[PPSh41>短機関銃/USSR PPSh41]]|−|
|~|[[Vz.61 Scorpion>短機関銃/CZE Vz61]]|−|
|~|[[SKS-1945>USSR シモノフSKS]]|−|
|~|[[SVD-1963>USSR ドラグノフ]]|−|
|~|[[AK-47>USSR AK47]]|−|
|~|[[DP>USSR DP]]|DP28|
|~|[[RPD>USSR RPD]]|−|
|~|[[RPG7>USSR RPG7]]|−|
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS