#author("2020-04-01T11:31:20+09:00","default:user","user")
#author("2021-05-06T16:41:57+09:00","default:user","user")
*H&K HK21 【軽機関銃】 [#u5eebe9f]
#ref(HK21E_1.jpg,center,nolink,HK21E)
#br
|モデル|全長|重量|口径|発射形式|装弾数|連射速度|製造国|h
|~HK21E|1140mm|9.3kg|[[7.62mm×51>口径]]|S/F or S/3/F|G3用弾倉 20/30&br;ドラム弾倉 80&br; ベルトリンク用弾倉 50/100|900発/分|ドイツ|
|~HK23E|1030mm|8.7kg|[[5.56mm×45>口径]]|S/F or S/3/F|HK33用弾倉 20/30&br;ドラム弾倉 100&br; ベルトリンク用弾倉 50/100|~|~|
|~HK11E|1030mm|7.6kg|[[7.62mm×51>口径]]|S/F or S/3/F|G3用弾倉 20/30&br;ドラム弾倉 80|~|~|
|~HK13E|1030mm|8.0kg|[[5.56mm×45>口径]]|S/F or S/3/F|HK33用弾倉 20/30&br;ドラム弾倉 100|~|~|

 1961年にドイツの[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社によって、同社製の[[G3>HK G3]]をベースに開発された[[汎用機関銃>GPMG]]。
 歩兵が個人で携行可能な[[軽機関銃]]としてはもちろん、専用のL1103型またはK1201型三脚や、戦車などの軍用車両が装備する2401型リング・マウントに装着することで、固定機銃や車載機関銃としても使えるよう設計された。
 1961年にドイツの[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社によって、同社製の[[G3>HK G3]]をベースに開発された[[汎用機関銃>GPMG]]。歩兵が個人で携行可能な[[軽機関銃]]としてはもちろん、専用のL1103型またはK1201型三脚や、戦車などの軍用車両が装備する2401型リング・マウントに装着することで、固定機銃や車載機関銃としても使えるよう設計された。

 クイックチェンジ機構を備えた専用のヘビーバレルや、マガジンウェルに取り付けるベルト給弾機構などを除けば、多くがG3の部品で構成されているため、使い勝手もほとんど変わらない。
 [[ミニミ>FN ミニミ]]以前の[[軽機関銃]]としては軽量で取り回しが容易であり、命中精度も高い。ライフルに準じた運用も可能で、部品の交換でG3用の弾倉を使うこともでき、「[[狙撃銃]]に準じた運用も可能」と、H&K社はアピールしている。
 トリガーユニットもG3そのままであるため、[[セミ>セミオート]]/[[フル>フルオート]]の切り替えが可能。更に部品の交換で簡単に[[5.56mm×45 NATO弾>5.56mm x45弾]]仕様にすることもできた。
 クイックチェンジ機構を備えた専用のヘビーバレルや、マガジンウェルに取り付けるベルト給弾機構などを除けば、多くがG3の部品で構成されているため、使い勝手もほとんど変わらない。[[ミニミ>FN ミニミ]]以前の[[軽機関銃]]としては軽量で取り回しが容易であり、命中精度も高い。ライフルに準じた運用も可能で、部品の交換でG3用の弾倉を使うこともでき、「[[狙撃銃]]に準じた運用も可能」と、H&K社はアピールしている。トリガーユニットもG3そのままであるため、[[セミ>セミオート]]/[[フル>フルオート]]の切り替えが可能。更に部品の交換で簡単に[[5.56mm×45 NATO弾>5.56mm x45弾]]仕様にすることもできた。
 その一方、元が歩兵用ライフルであるため、各部が強化されているとはいえ、機関銃としては強度には不安がある。特にHK21のベルト給弾機構は構造が複雑で、信頼性に難ありと言われる。
 
 HK11はHK21のバリエーションで、HK21のベルト給弾機構をオミットし、マガジン給弾のみとしたモデルである。21より軽量で構造もシンプルとなり、[[分隊支援火器>SAW]]相当の軽機となったHK11は、21よりも好評であったという。 
 1980年代にはHK21、11ともマイナーチェンジが施され、口径別にモデル名も分けられ、3点[[バースト]]も可能となった。モデル名の"E"は"export"を意味し、輸出を主眼においた仕様である。
 HK11はHK21のバリエーションで、HK21のベルト給弾機構をオミットし、マガジン給弾のみとしたモデルである。21より軽量で構造もシンプルとなり、[[分隊支援火器>SAW]]相当の軽機となったHK11は、21よりも好評であったという。1980年代にはHK21、11ともマイナーチェンジが施され、口径別にモデル名も分けられ、3点[[バースト]]も可能となった。モデル名の"E"は"export"を意味し、輸出を主眼においた仕様である。

 HK21とHK11はアジア、アフリカ、中南米の各国で採用され、ポルトガルとメキシコではライセンス生産もされた。
 本家ドイツでは[[GSG9]]や[[KSK]]がHK11Eの発展型「G8」を少数導入。ドイツ軍でも軽機関銃として少数導入されたものがその後、近年までG3と共に20発弾倉で統一され[[DMR>選抜射手]]として運用されていた模様だ。
 変わったところでは、アメリカのNASAが、ケネディ宇宙センターの警備部隊用にHK21Eを採用している。1980年の[[イーグルクロー作戦]]では[[デルタフォース]]がHK21を装備していたと言われている。
 HK21とHK11はアジア、アフリカ、中南米の各国で採用され、ポルトガルとメキシコではライセンス生産もされた。本家ドイツでは[[GSG9]]や[[KSK]]がHK11Eの発展型「G8」を少数導入。ドイツ軍でも軽機関銃として少数導入されたものがその後、近年までG3と共に20発弾倉で統一され[[DMR>選抜射手]]として運用されていた模様だ。変わったところでは、アメリカのNASAが、ケネディ宇宙センターの警備部隊用にHK21Eを採用している。1980年の[[イーグルクロー作戦]]では[[デルタフォース]]がHK21を装備していたと言われている。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[007 ワールド・イズ・ノット・イナフ>007]]|−|−|項目参照|
|[[Combat Arms]]|−|−|項目参照|
|[[MAG]]|−|−|項目参照|
|[[うぽって!!]]|−|−|項目参照|
|[[エンジェル・ハート]]|−|−|項目参照|
|[[カウンターストライク オンライン>カウンターストライク]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン アドバンスウォーファイター]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ブラックオプス]]|−|−|項目参照|
|[[砂ぼうず]]|−|−|項目参照|
|[[スプリガン]]|−|−|項目参照|
|[[ソードアート・オンライン]]|−|−|項目参照|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド2]]|−|−|項目参照|
|[[ポリス・ストーリー3>ポリスストーリー 香港国際警察]]|−|−|項目参照|
|[[マックス・ペイン3>マックス ペイン]]|−|−|項目参照|
|[[迷彩君]]|−|−|項目参照|
|[[メタルギアソリッド4]]|−|−|項目参照|
|[[レインボーシックス]]|−|−|項目参照|
|[[ロボコップ2>ロボコップ]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[H&K USA>http://www.hk-usa.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS