#author("2019-05-27T03:04:21+09:00","default:user","user")
*ドーナウス&ディクソン ブレンテン / Dornaus & Dixon Bren Ten 【自動拳銃】[#of20f43e]
#ref(BREN-TEN.jpg,center,nolink,DD ブレンテン(ガスガン))
|外見|モデル|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|#ref(brenten.gif,center,nolink,DD ブレンテン スタンダード)|~スタンダード|222mm|1070g|[[10mm AUTO>10mmオート弾]]&br;[[.45 ACP>.45ACP弾]]|11+1&br;8+1|アメリカ|
|#ref(bretensf.gif,center,nolink,DD ブレンテン コンパクト(Special Forces))|~コンパクト&br;(Special Forces)|197mm|−|[[10mm AUTO>10mmオート弾]]|10+1|~|
|−|~ポケット|175mm|790g|[[10mm AUTO>10mmオート弾]]|8+1|~|

 1983年に[[CZ75>CZE Cz75]]をベースに開発された[[自動拳銃]]。
 トーマスF.ドーナウスとマイケルW.ディクソンは、新規格の[[10mmオート弾]]とこれを使用する新型[[拳銃]]を構想し、新会社を設立。実現を目指して、コンバットシューティングの提唱者であるジェフ・クーパーに助言を仰いだ。奇しくも同様な計画に取り組んでいたクーパーも合流し、ドーナウス&ディクソン社が製造開発、ジェフ・クーパーが経験に基づく技術提供という形で、10mm拳銃の共同開発が進められた。

 設計はクーパーが「世界最高のコンバットオート」と惚れ込んだCZ75に倣ったものとなり、「ブレンテン」という名前も、クーパーが自分の好きな[[ブレン軽機関銃>エンフィールド ブレン]]のブレンと[[口径]]の10mm(テン)を掛け合わせて命名したもので、当時の力の入れ方が窺える。
 フレームはコンバットシューティング界では忌諱されるアルミ合金は使わずステンレススチールとし、スライドは従来のスチール製となっている。当初はスライドもステンレスを予定していたものの、当時はまだまだステンレスの冶金に問題があったため、この様な構成となった。また当時ステンレスへの黒染めは一般的でなく、フルサイズのスタンダードモデルは全て、ステンレス地金のシルバーのフレームと、ブルー・フィニッシュのスライドの組み合わせのデュアルトーンとなっていた。
 フレームに配されたマニュアルセイフティは、これもCZ75から引き継いだ[[コック&ロック>コッキング]]が可能なタイプで、これまたコンバットシューター好み。[[デコッキング]]レバーは用意されていないが、スライド後部に、クロスボルト式のセイフティが追加されている。ただ、このセイフティ、スライドを引いた際に誤って押してしまうことがあったようだ。
 こうして開発されたブレンテンはCZ75の精度・操作性を持ち、[[9mmパラベラム弾]]より威力があり、[[.45ACP弾]]よりも扱いやすいという、良いとこ取りの拳銃になるはずであった。

 ところがいざ販売されると、イタリアの会社に発注したマガジンの生産が遅れたために銃本体のみの販売が1年も続き、10mmオート弾は強力すぎて反動が.45ACP弾と大差なく、9mm口径のCZ75ベースではフレームが弱い、などの欠点があり売り上げは伸びなかった。
 リリース直後の1984年には、早速と『[[特捜刑事マイアミヴァイス]]』でメディアデビューを果たしたものの、作品のヒットは銃のヒットにはつながらず、2シーズン後に[[S&W>スミス アンド ウェッソン]]のオートマチック([[M645>SW M39]]やM4506)に替えられてしまった。
 結局、販売元のドーナウス&ディクソン社が倒産(元々資本金が少ない会社だったことが一番の原因)したことで、わずか3年で製造中止という悲運の銃となってしまった。

 しかし、話題性の高い銃であったことは確かで、2008年、[[M16>コルト AR15A2]]/[[M4>コルト M4]]系ライフルのアクセサリーパーツメーカーとして知られるVltor社が、突如、「FORTIS」なる本銃のクローンの発売を発表、ファンを驚かせた。FORTISは遅くとも2009年中期には市場へ供給されると言われていた。スケジュールはやや遅延しているが、『ブレンテン』の商標を獲得するなど、遅れながらもプロジェクトは進行しているようだ。

 なお、ブレンテンと言えば10mmオート仕様オンリーと思われがちだが、実は.45ACP仕様もごく少数製造されていた。また、よく知られるスタンダードモデルの他、コンパクトモデル(Special Forces)、ポケットモデルも製造されており、特にポケットは稼働銃わずか2挺という超レアモデルである。コンパクトモデルは、スタンダードと同じデュアルトーンの『ダーク』の他、クローム・メッキのスライドを持つ『ライト』もラインナップされていた。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[ガンスミスキャッツ]]|−|−|項目参照|
|[[ゼロイン>ゼロイン(作品名)]]|−|−|項目参照|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[特捜刑事マイアミヴァイス]]|−|−|項目参照|
|[[ペルソナ2 罪>女神転生]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[マルシン工業>http://www.marushin-kk.co.jp/]]および[[ENDOの部屋>http://avro504.web.fc2.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS