#author("2019-04-16T23:38:44+09:00","default:user","user")
#author("2020-08-28T18:39:15+09:00","default:user","user")
*日立工機 九二式重機関銃 【重機関銃】[#r9995ed8]
#ref(jp92lmg.gif,center,nolink,九二式重機関銃)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|発射速度|製造国|h
|~九二式|1155mm|55.6kg(三脚含む((本体重量27.6kg)))|[[7.7mm×58SR>口径]]&br;(九二式普通実包)|30|450発/分〜不明|日本|
|~一式|1077mm|36.8kg(三脚含む)|[[7.7mm×58>口径]]|30|550発/分〜不明|~|

 日本陸軍は7.7mm弾を使用した[[機関銃]]の開発に迫られ、まず航空機用機関銃である[[八九式旋回機関銃>軽機関銃/東京砲兵工廠 十一年式軽機関銃]]を開発した。これを陸戦用に改造、量産を試みたが失敗。そこで6.5mmの[[三年式機関銃>重機関銃/ホッチキス M1914]]を改造して、1932年(皇紀2592年)に完成したのが九二式重機関銃である。
 ただし、当初目論んでいた[[九九式小銃>小銃/東京砲兵工廠 九九式小銃]]との弾薬の共通化は果たせず、改良型の一式重機関銃の登場を待つこととなる。

 諸外国の機関銃では既にベルト給弾が一般化しつつあったが、九二式は保弾板を使用するやや古めかしいホチキス式。保弾板は重量がかさむ上に弾数に制限があり、発射速度も遅く、[[重機関銃]]の本来の機能である『弾幕を張る』という点では劣っていた。
 しかし当時としては珍しく[[光学照準器>スコープ]]を標準採用していたこともあって命中精度は高く、故障も少なかった。太平洋戦争ではアメリカ軍はこの銃を『ウッドペッカー(キツツキ)』と呼んで恐れたという。
 他の同時代の日本軍の機関銃((前身の三年式重機関銃や[[十一年式軽機関銃>軽機関銃/東京砲兵工廠 十一年式軽機関銃]]))同様  、銃弾に油を塗るためのブラシが内蔵されている。

 戦後、[[自衛隊]]が当銃の口径変更版を採用しようとしていたが、見送られた。


|モデル|特徴|h
|~九二式重機関銃|1932年採用。日本陸軍の主力機関銃で南方に数多く配備されている。&br;三式機関銃から改造されたものも多い&br;専用器具(現地部隊が不足する機関銃弾を補う為に作ったもの)使用で九九式実包も使用できる|
|~一式重機関銃|1942年採用。九ニ式の軽量型。本土空襲激化の為ほとんど配備されなった。&br;改造なしで九九式実包が使用できるようになったものの、軽量化の為、安定性は欠けている|
#br

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|226|映画|日本軍兵士|−|
|Dead Trigger2|ゲーム|カイル|ボックスマガジン|
|K-20 怪人二十面相・伝|映画|警備兵|−|
|アームズラリー|アニメ|シャチョー|『ムラクモ』砲塔右側に搭載&br;12.7mm口径 作中内名称『三一式車載重機関銃』|
|[[硫黄島からの手紙]]|−|−|項目参照|
|[[グッド・バッド・ウィアード]]|−|−|項目参照|
|ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 南海の大決闘|映画|島民|−|
|[[ザ・パシフィック]]|−|−|項目参照|
|[[ジパング]]|−|−|項目参照|
|ジャイアントロボ|特撮|防衛隊員|戦車に搭載|
|スパイ・ゾルゲ|映画|海軍陸戦隊兵士|上海事変で使用|
|~|~|日本陸軍兵士|二・二六事件で使用|
|戦場のメリークリスマス|映画|日本兵|発砲なし|
|[[蒼天の拳>北斗の拳]]|−|−|項目参照|
|[[父親たちの星条旗>父親達の星条旗]]|−|−|項目参照|
|血と砂|映画|日本兵|九六式眼鏡照準器装着&br;訓練にて使用|
|独立機関銃隊未だ射撃中|映画|日本兵|−|
|独立重機関銃隊|漫画|島田|−|
|南京!南京!|映画|日本陸軍兵士|−|
|[[ファースト・スクワッド]]|−|−|項目参照|
|[[メダル オブ オナー]]|−|−|項目参照|
|[[四十七人目の男>スワガー・サーガ]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://www1.ocn.ne.jp/~avro504/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS