*大宇 K7 【短機関銃】
#ref(K7.jpg,center,nolink,K7)
|銃身長|全長(銃床展開時)|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|134mm|620mm(800mm)|3.0kg|[[9mm×19>口径]]|30|1100発/分|S/3/F|韓国|

 K7は韓国の大宇が2003年に発表した、韓国特殊部隊用の消音[[短機関銃]]である。
 [[MP5SD>短機関銃/HK MP5SD]]のような[[インテグラル・サプレッサー>減音器]]を備えており、超音速の初速で発射される通常の[[9mm弾>9mmパラベラム弾]]をそのまま亜音速で発射することができる機能を有する。

 同社のコンパクト[[カービン>騎兵銃]]である[[K1A>大宇 K2]]をベースとしているが、作動機構は[[クローズドボルト]]式のシンプル[[ブローバック]]となっている。ロワーレシーバーやトリガーユニット・セレクターなどはK1A由来のものだが、亜音速化した弾を使用する関係で、アッパーレシーバーはアイアンサイトの背が高いK2のものを加工して使用している。
 
 設計上、マガジンハウジングはK1Aのままだが、[[コルト9mmSMG>短機関銃/コルト 9mm短機関銃]]のようにアダプタを使用することで9mm弾用のマガジンを挿入可能としている。マガジンは専用の30連の他に、アダプタを変更する事で[[ウージー>短機関銃/IMI ウージー]]や[[ベレッタ12>短機関銃/ベレッタ M12]]用のものが使用可能であるという。
 射撃モードはベースのK1/K2同様[[セミ>セミオート]]/[[3点バースト>バースト]]/[[フル>フルオート]]の3ポジションとなっている。

 韓国々内の軍・法執行機関、及びインドネシアの特殊部隊の他、バングラデシュやカンボジア、タイ等で採用されている。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Combat Arms]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ゴースト]]|−|−|項目参照|
|[[スペシャルフォース]]|−|−|項目参照|
|[[ペーパーマン]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Wikimedia Commons>http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Daewoo_K7_SMG_at_Defense_Asia_2006_0.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS