*ステアー MPi69 / Steyr MPi69 【短機関銃】
#ref(mpi69.gif,center,nolink,Steyr MPi69)
|モデル|全長(伸長時)|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|~MPi69|465(670)mm|3.13 kg|[[9x19mm>口径]]|25/32|550発/分|S/F|オーストリア|
|~MPi81|465(670)mm|3.13 kg|[[9x19mm>口径]]|25/32|700発/分|~|~|

 MPi69は1960年代始めに、オーストリアの[[ステアー]]社が開発した[[短機関銃]]で、1969年にオーストリアの国境警備隊と警察に制式採用されている。
 作動は[[ストレートブローバック>ブローバック]]で[[ウージー>短機関銃/IMI ウージー]]や[[イングラム>短機関銃/AAI M10]]などと同様の[[オープンボルト]]機構を有する。全体の構成もウージーを踏襲しているが、これは当時、オーストリアの国境警備隊や警察が、ウージーを採用していたことにもよるらしい。
 MPi69のレシーバーは[[プレス>プレス加工]]スチール製だが、最大の特徴は、フォアエンドからグリップまでが一体成型の[[プラスチックパーツ>ポリマーフレーム]]で製作されていること。後の[[ステアー AUG]]や[[TMP>短機関銃/ステアー TMP]]などのポリマーフレーム銃のはしりとも言えるが、樹脂材料の多用は、当時としてはかなり画期的。ショルダーストックもワイヤーを折り曲げたシンプルな物となっており、ウージーと比べるとかなりの軽量化に成功している。

 また、[[コッキング]]レバーに肩掛けスリングの一端を結ぶ独特の仕様となっており、とっさの際にスリングを引っ張るだけでコッキング・発射可能となる。
 ただ、スリングをうっかり引っ張って不用意にコッキングしたり、発射不能になる例もあり、改良型のMPi81ではコッキングレバーは通常のタイプに戻された。他に、MPi81は旧モデルより連射サイクルが速められている。
 変わり種としては、ガンポート(銃眼)から銃身をつきだして発射できるように、ロングバレルを装備した、『ガンポートモデル』も製造された。

 MPi69・81シリーズは1990年代半ばまで生産され、現在もヨーロッパの軍・警察の一部で使われているようだ。


|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|THE KANZUKI|漫画|神月 蘭|「さくらがんばる!」番外編&br;「RYU FINAL」収録|
|[[キック・アス]]|−|−|項目参照|
|[[ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ>ケイン&リンチ#kanelync2]]|−|−|項目参照|
|[[新世紀エヴァンゲリオン]]|−|−|項目参照|
|[[トゥームレイダー2>トゥームレイダー#yd55f0c4]]|−|−|項目参照|
|[[ヘルシング]]|−|−|項目参照|
|[[メカニック]]|−|−|項目参照|
|[[ワイルダネス]]|−|−|項目参照|
|[[ワイルドスピード MEGA MAX>ワイルドスピード]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://www1.ocn.ne.jp/~avro504/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS