#author("2020-04-07T15:09:48+09:00","default:user","user")
#author("2020-10-18T12:28:04+09:00","default:user","user")
*コルト トルーパー / Colt Trooper 【回転式拳銃】 [#c0ea765d]
#ref(trooper.jpg,center,nolink,コルト トルーパー 1st Model)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|~トルーパー|−|−|[[.357 Magnum>口径]]|6|アメリカ|
|~Mk-III|−|−|[[.357 Magnum&br;.22 Magnum>口径]]|~|~|
|~Mk-V|−|−|[[.357 Magnum>口径]]|~|~|

 [[コルト]]社が1953年に開発した[[ダブルアクション]][[リボルバー>回転式拳銃]]。トルーパーとは英語で州警察官の意味である。
 .357マグナム弾を扱える中型フレームのリボルバーとして開発された。
 数年後に同社が傑作.357マグナム拳銃である[[パイソン>コルト パイソン]]を発売して以降は、より安価なエントリーモデルのマグナム拳銃に位置付けられ販売された。 

 1969年には改良型の『Mk.III』が登場。中型フレーム「Jフレーム」を使用し、安全面ではトランスファー・バー式の[[セイフティ・コネクター>安全装置]]を導入し品質・安全性が向上した。
 Mk-IIIのバリエーションとして、2インチバレルの「[[ローマン>コルト ローマン]]」と「メトロポリタン」がある。他にも.22マグナムを使用するモデルや、当時登場した[[レーザーサイト]]を装備したモデルも発売されていた。

 1982年には更に改良が加えられた『Mk.V』が登場。同社のパイソンのようなベンチレイテッドリブを装備し、トリガーメカニズムの改良によってダブルアクションがスムーズになっている。高品質化に伴って従来と立ち位置が変わってきたため、1986年には「[[キングコブラ>コルト キングコブラ]]」として独立したブランドとなった。

 Mk.Vで追加されたバリエーションとして、廉価版(銃表面のバフ磨き鏡面仕上げを省略)の「ピースキーパー」や、8インチバレルで[[スコープ]]を装着するマウントリングを備えた「ホワイトテイラー」がある。
 トルーパーと精度の高いパイソンのバレルを組み合わせた"Troopon"や、Mk.Vのフレームにパイソンのバレルを組んだ『ボア』といったカスタムモデルも存在する。

 なお「Mk.IV」シリーズは、コルト社が1970年以降に発表した[[1911>コルト ガバメント]]の1970年モデルと1980年モデルのシリーズ名である。



|作品名|ジャンル|使用者|備考|h
|[[LAWMAN]]|−|−|項目参照|
|[[狂い咲きサンダーロード]]|−|−|項目参照|
|[[ゲッタウェイ]]|−|−|項目参照|
|[[ゾンビ]]|−|−|項目参照|
|[[ダーティハリー]]|−|−|項目参照|
|[[太陽にほえろ!]]|−|−|項目参照|
|[[特捜刑事マイアミヴァイス]]|−|−|項目参照|
|パトカー・アダム30|TVドラマ|T・J・フッカー|Mk-III4インチ|
|[[バトル・ロワイアル]]|−|−|項目参照|
|[[バキ外伝 疵面>バキシリーズ]]|−|−|項目参照|
|[[ブラックライト>スワガー・サーガ]]|−|−|項目参照|
|マーダーライセンス牙&ブラックエンジェルズ|漫画|フィリピンの警官|−|
|ミュージアム|漫画|関端 浩三|Mk-III4インチ&br;発砲なし|
|[[遊星からの物体X]]|−|−|項目参照|
|ロボット刑事|特撮|09|−|
|[[ワイルダネス]]|−|−|項目参照|
|[[ワイルド7]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Horst Held Antique Handguns>http://www.horstheld.com/]]社から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS