#author("2023-08-08T14:17:09+09:00","default:user","user")
#author("2023-12-22T10:09:14+09:00","default:user","user")
[[自動拳銃]]

-http://taka25th.cathand.com/newpage394.htm#blow --  &new{2005-12-29 (木) 22:10:26};
-『「ハンドガン」は拳銃の総称だが「ピストル」だと自動拳銃限定の総称となる。』は言い過ぎでは?中折れの単発式の信号拳銃は「シグナル・ピストル」というのが普通だし、ブリタニカ百科事典(名前は『ブリタニカだけど、現在はアメリカで発行されている)で検索すれば以下のとおり。 ttp://www.britannica.com/ebc/article-9375340?query=pistol&ct= ウィキペディアの英語版でも ttp://en.wikipedia.org/wiki/Pistol のとおり。 -- [[歯型付きP-38]] &new{2006-05-30 (火) 12:09:56};
-歯型付きP-38さんの情報をとりいれつつ改変。ほとんどwikipediaの要約です。詳しくは↑の「Overview」と「Varieties of pistol」を参照。-- [[クーゲル]] &new{2006-05-31 (水) 02:19:01};
-初心者な質問で申し訳ないのですが、マガジンセイフティがない銃ならば、チェンバーに弾が残っていればマガジンがなくても発砲できるのでしょうか? -- [[tobi]] &new{2007-02-08 (木) 22:10:38};
-可能です。(次回からは軽微な質問は掲示板へお願いします) --  &new{2007-02-09 (金) 02:07:58};
-BBSが休止になっているのでこちらに失礼します。元々は短機関銃として作られたがセミオート化したもの(TEC-9やマイクロウージーなど)は自動拳銃のカテゴリに入れるべきではないと思うのですが。実際、MAC11などはクローズドボルト化したものをセミオートにして販売しているのに、自動拳銃のカテゴリに入っていなかったりするので。過去に議論されたのかもしれませんが、掲示板が見れなかったので…… --  &new{2007-12-06 (木) 21:57:14};
-掲示板見れますけど…TOPページ下の「お知らせ」の所に新掲示板がありますよ --  &new{2007-12-06 (木) 22:01:12};
-ベレッタシリーズ・ブローニングHP・SW39シリーズ・コルトM1902/1903など多くの拳銃に見られる、左側面の排夾口近くの細長いバーのようなパーツの名称、及び役割はどういったものでしょうか? --  &new{2010-07-23 (金) 23:06:16};
-エキストラクターです。薬室に装填された空薬莢を引っこ抜く部品です。先端が爪状になっていて薬莢のリムにひっかけ、スライド(ないしボルト)の後退する力を利用して、発砲の圧力で張り付いていても、引き抜くことができます。 --  &new{2010-07-24 (土) 00:14:14};
-この図の拳銃の名前はなんというものですか? --  &new{2011-08-31 (水) 14:15:14};
-↑多少カスタムが入っていますが[[M1911>コルト ガバメント]]です --  &new{2011-10-04 (火) 21:35:24};
-自動拳銃の説明文上部に「初めて実用的な自動拳銃(ボーチャードピストル)が現れて」とありますが、画像でトリガー(引き金)が訳として用いられてるので、括弧をはずして「初めて実用的な自動拳銃のボーチャードピストルが現れて」としてはどうでしょうか?細かくてすみません。 --  &new{2011-10-24 (月) 04:37:21};
-ボーチャードピストルの前にショーンベルガーというステアー社の自動拳銃が特許申請されて受理されたのですがあまり資料が残っていないらしいです --  &new{2011-10-24 (月) 07:14:12};
-軍ではリボルバーとオートどちらが多く採用されていますか --  &new{2012-03-23 (金) 22:44:53};
-現在の軍では圧倒的にオートが採用されています。軍用リボルバーの利点はあまりありませんからね。 -- [[マークス]] &new{2012-03-31 (土) 23:29:34};
-そういうモノなんですかね? リボルバーはリボルバーの利点がありそうなモノなんですが…… --  &new{2012-04-22 (日) 21:22:57};
-リボルバーの優れた利点はいろいろあるんですが、現状の軍用拳銃のニーズにはそぐわない、ということです。現在の自動拳銃は昔ほど故障する心配はないので、それなら弾数が多いほうがいい、となるわけです。 --  &new{2012-04-22 (日) 21:41:37};
-射程は最大何㍍程度何ですか? -- [[滝 栄一郎]] &new{2013-10-20 (日) 20:04:09};
-使用する銃の精度、バレル長、弾薬、弾頭形状で全て射程が変わるから「拳銃の射程」と大雑把に言われても答えに窮するわな --  &new{2013-11-16 (土) 21:38:14};
-漠然と“射程“と言われても、「物理的に弾が飛ぶ距離」「弾が殺傷能力を持つ距離」と言うようにいくつかの意味で使われる言葉ですしね。「実際に当てられる距離」もある種の射程ですし。 --  &new{2013-11-16 (土) 23:49:06};
-他所の記事丸まま引用だけど、実際に統計してみるとちゃんと訓練してる警察官でも8ヤード離れると10発に1発も当たらないんだそうな。だから7mなら1マガジン撃ち切って1〜2発当たるって感じで、何とか有効って事なのかな。 ttp://d.hatena.ne.jp/machida77/20080613/p1 --  &new{2014-03-10 (月) 14:07:24};
-オートマチックはリボルバーより整備に手間と時間がかかるそうですが慣れた人が整備する場合、そういった事にかかる時間はどれくらいなのでしょうか? --  &new{2015-01-13 (火) 17:28:47};
-熟練度にもよりそうですが、断然リボルバーの方が早いでしょうね。銃身周りの分解もありませんし。 --  &new{2015-01-13 (火) 17:35:04};
-リボルバーの方が構造が単純だからそうなるんでしょうか --  &new{2015-01-13 (火) 17:43:32};
-単純にそうなりますね。オートの場合、基本はフレームないしはボルトが動く関係上、そのあたりで部品が増えるわけですから。 --  &new{2015-01-13 (火) 18:14:26};
-SHOT Showで見かけるようになったけど、拳銃にミニドット付けてるの流行ってるのかな? --  &new{2015-02-20 (金) 15:48:35};
-↑ ドットサイトとタクティカルライトの組み合わせとかは多いですよ。 ドットサイトでより確実に狙い撃てるようにして、ライトで暗所の視認をするそうです。 --  &new{2015-05-01 (金) 18:25:30};
-実際サイティングに優れているが現状信頼性に難有りとも聞きますね。 -- [[三流陸曹]] &new{2015-05-01 (金) 18:43:57};
-光学サイトとしての信頼性はともかく、今流行りの「スライドに刻まれたレール」に搭載するタイプのミニサイトは結構すぐ外れちゃうんですよね。プロのシューターでもしょっちゅう事故に遭っているようです。重量や抜きやすさの観点では劣りますが、昔ながらのアンダーレールに固定するマウントの方がその点では信頼性は高いとか・・・ --  &new{2015-05-01 (金) 20:56:00};
-よくスライドや本体をステンレスにするモデルを見ますが、INOXモデルにする利点ってあるのでしょうか? --  &new{2015-06-29 (月) 17:17:11};
-噛み合うんだよステンレス同士だと --  &new{2015-06-29 (月) 17:56:31};
-ステンレスを使うのは、それこそ台所の流しにステンレスを使うのと同じ理由なんだけど…。それとも銃を銀ピカ仕上げにするのは何故かって意味での質問なのかな。 --  &new{2015-06-29 (月) 18:59:15};
-まぁ要するに耐腐食性が高いんですよね。普通の環境ではあまり問題になりませんが、湾岸や船上など潮風に晒される場所では通常のスチールでは腐食がかなり早い訳ですね。ショットガンでもそういった場所での運用を想定した、マリナーとかマリーンモデルと呼ばれるステンレス仕上げのモデルがあります。 --  &new{2015-06-29 (月) 21:36:47};
-あとはスチール製と比べてステンレスの方が若干強度が高いとことかな。耐久性に優れるので同じモデルの銃でもステンレスの方が値段高いということもある --  &new{2015-06-30 (火) 10:03:56};
-↑なるほど、てっきりタンカラーみたいな物かと思ってましたありがとうございます --  &new{2015-06-30 (火) 19:11:56};
-ステンレスを素材としていても銀しか出来ないわけではないんだよね。特殊なイオンボンド処理とか、M&Pのトップ・エンドに使われてるメロナイト処理とかで目立ちづらいよう黒くできる --  &new{2015-08-05 (水) 03:52:11};
-たまに銀色のグロックがありますが、あれはスライドを金属にしたものですか?それともポリマーに色をつけたものですか?いずれにしろ、利点がよくわからないのですが --  &new{2015-08-05 (水) 07:02:36};
-スライドは元々金属製、塗装を省略したか剥がしただけのもの。 --  &new{2015-08-05 (水) 08:37:45};
-ファイブセブンみたいに金属の表面をポリマーで包む事はあってもスライドまでポリマーにする事はほぼ無い。 --  &new{2015-08-05 (水) 12:27:14};
-性能面の利点は上のコメントを参考されたし。あとは(特に民間向けのモデルは)見た目の好みの問題。 --  &new{2015-08-05 (水) 13:19:37};
-初歩的な質問ですみませんが+1にする方法を教えてください。私が以前見た日本のドラマではフル装填したマガジンを挿入→スライドを引いて初弾を装填→マガジンを抜いて、それに手詰めで一発装填して再び挿入という流れでした。この方法で正しいのでしょうか? --  &new{2015-08-16 (日) 20:56:47};
-そんな感じ。あとはマガジンが空になる前にマガジンを替えるタクティカルリロードをした時も+1になる。 --  &new{2015-08-16 (日) 21:15:14};
-要は薬室に球が入った状態でマガジンを弾が全て込められたものにすればいい。 --  &new{2015-08-16 (日) 21:15:58};
-ただ、いくら最近のハンドガンのセーフティが改良されたとはいえ、暴発のリスクは0になったわけではないから+1にするのを嫌う人もいるとか。 --  &new{2015-08-16 (日) 21:17:45};
-拳銃でどうなのかはよく知らんが、排莢口から直接装弾する方法もある ものによっては銃を(排莢機構を)大きく傷めるらしいが --  &new{2015-08-16 (日) 21:38:56};
-FN M1910のステンレスモデル作られていますか? (途中で送信してしまいました…) --  &new{2015-09-28 (月) 14:38:15};
-M1910は銃器にステンレスが真っ当に利用され始める大体1985年辺りの前の1983年に生産終了して、その後どこのメーカーも再生産してないので、無いですね。 --  &new{2015-09-28 (月) 14:58:20};
-あー…。85年辺りだとだいぶ限られてきますね(だから少ないんですね)わざわざ回答どうもです。 --  &new{2015-09-28 (月) 16:48:37};
-M1910なら似たような外見のニッケルメッキの物なら存在したような気がします。というか、アンティークでステンレスっぽい外見は、ほとんどニッケルメッキですね。 --  &new{2015-09-28 (月) 19:23:51};
-アルミ合金がフレーム等に使用されるようになったのはいつ頃からなんでしょう? --  &new{2015-10-19 (月) 21:18:28};
-1990年代後半にキンバー社が7075-T6ジュラルミンでガバメント作ったのが最初かな?もっと前例あるかもしれん。 --  &new{2015-10-19 (月) 21:47:30};
-もっと古いよ。1954年登場のS&W M39がアルミフレームだったから。もっと古い銃もあるんじゃないかな。 --  &new{2015-10-19 (月) 22:52:04};
-自動拳銃でいえば、戦後ぐらいからでしょうね。大戦中はアルミが非常に需要の高い資源でしたし。 --  &new{2015-10-19 (月) 23:24:09};
-生産が終わってる銃が欲しくなったらアメリカ人はどこで入手するの?日本のエアガンみたいな感じ?(つまり、リサイクルショップやネットオークションみたいな感じ?) --  &new{2015-10-26 (月) 09:11:47};
-ガンオーナーらによる即売会みたいなのがあって、そこで取引されるのもある。現物と売主を見れて価格交渉も捗るので人気がある。 --  &new{2015-10-26 (月) 12:29:26};
-そう言えばルガーやハイパワーの初期モデルのようにストックを取り付けられる拳銃の取扱って米国の法律上どうなってるんでしょうか? -- [[三流陸曹]] &new{2015-12-14 (月) 12:28:59};
-あの辺の「骨董品」には例外規則がありまして、形態に関わらず拳銃とストック共に戦中の備品であった証明か、50年以上前に製造されたという証明があれば美術品扱いになります。流石に実銃が普通に撃てる国だけあって展示でもデモンストレーションで実際に発砲する内容のものが結構ありまして、基本的にその為の処置ですね。 --  &new{2015-12-14 (月) 12:54:01};
-回答有り難う御座います。そうするとレプリカと言うか復刻版はまた扱いが変わるのでしょうか? -- [[三流陸曹]] &new{2015-12-14 (月) 14:36:44};
-そうなりますね。あくまで「歴史的価値」が認められる品のみが例外のようです。一部補修やセイフティの追加など、部品レベルで現代の製品である程度代替する事は可能なようですが。 --  &new{2015-12-14 (月) 16:26:56};
-そんな規則があったのか。そりゃモダナイズ・ストックをあまり見かけないわけだ。 --  &new{2015-12-14 (月) 16:48:22};
-弾薬についての質問なんですが、暴徒鎮圧用にショットガンで使われるような炸薬でゴム弾を発射するタイプの物は拳銃にも存在しますか? --  &new{2015-12-17 (木) 16:17:46};
-ありますよ。銃自体もそれしか発砲出来ないようにされたものも幾つかあります。あまり流行らなかったようですが。 --  &new{2015-12-17 (木) 17:49:06};
-↑早速ご回答頂きありがとうございます。 流行らなかった・・・というのは既に生産終了してしまった分野だということでしょうか? --  &new{2015-12-17 (木) 20:17:41};
-いわゆる「西側諸国」では拳銃用や小銃用に開発されていますが、公的機関では採用された事例がないですね。中国やロシアでは拳銃やサブマシンガン用のものがまだ一部生産されています。自衛用用途や趣味の射撃にも使えるのでロシア製のものは民間でも流通していますね。 --  &new{2015-12-17 (木) 21:04:57};
-実際上の問題として値段が案外高い、その割には「非殺傷」としては結構威力がある(ゴム弾でもペットボトルの外壁1枚を貫通する程度の威力があるようです)、機関部やバレルに金属弾より負担がある製品が多いなどやや器用貧乏的なイメージの強いプラットフォームですね。技術的な進歩に伴って新しい警察用装備として注目された時期もありましたが、テーザーの登場に伴って西側諸国ではほぼ存在意義の無くなった製品と言えるのではないでしょうか。 --  &new{2015-12-17 (木) 21:10:33};
-やまむらはじめの漫画「SEVEN EDGE」でヒロインの木蓮が使っている銃の名前を知っている方いらっしゃいませんか? -- [[けや木]] &new{2016-10-21 (金) 17:07:03};
-読んでないので何とも言えませんが見た感じ架空銃のような気がします。グロック風のスライドの形状以外はワルサーP22がセレーション・スライドに彫り込みのレバー・ハンマー・グリップなどの点で近いと思いますが(特にレバーはほぼこれでしょう)。 --  &new{2016-10-23 (日) 10:17:32};
-アメリカ軍でM17/M18拳銃と共に調達されている「GO」拳銃について興味深い情報が。&br;今回以前にも「GO」「AIR FORCE ONLY GO」拳銃が存在しており、それはマニュアルがM9・M9A1拳銃と共用であるとアメリカ軍のマニュアルリストに記述が。&br;ttp://armypubs.army.mil/ProductMaps/PubForm/TM_9Details.aspx?ID=0902c851800329e7&PUBNO=TM+9-1005-317-10&br;実際にNSN情報でも「AIR FORCE ONLY GO」拳銃はM9ベースの改造モデルであり、「General Officer(将校用) Pistol」との記述があります。モデル名の「GO」は間違いなくこの略字でしょう。&br;ttps://www.iso-group.com/NSN/1005-01-480-1274&br;更に調べると、なんとM1911時代にもこの「GO」拳銃は存在しました。「M15」として有名な拳銃です。ttps://www.army.mil/article/6938/general_officer_pistol_program_has_rich_history&br;どうも「GO」拳銃のNSNコードは、退役将校が退役後も記念品として自分の拳銃を保持したい場合に、マガジンやクリーニングツールといったキットごと自費で購入する場合のセットアイテムに付与されているコードのようです。&br;M9版の「GO」拳銃には木製パネルに真鍮のプレート&br;ttp://www.securityarms.com/firearm/3431&br;「AIR FORCE ONLY GO」拳銃はグリップに空軍のロゴがあしらわれているようです。&br;ttps://www.ar15.com/forums/handguns/-/15-136631/&br;M17はポリマー拳銃ですがGOモデルはグリップがどんな仕様になっているのかは大変興味深いところですね。 --  &new{2018-01-11 (木) 23:07:00};
-まぁそもそもMHSの要求定義書にフルサイズ・コンパクト以外に「General Officer MHS」モデルの調達要件が書いてあるから読んでりゃすぐ分かる話なんだがな。&br;ttps://www.fbo.gov/?s=opportunity&mode=form&id=8b147a599109d092490af406578ed610&tab=core&_cview=1 --  &new{2018-01-12 (金) 20:10:00};
-装飾拳銃って現代の先進国でもあるんですねぇ。勉強になります。&br;調べるとNRAの番組に特集回がありました。ベトナム戦争時代はS&W M39のジェネラル・オフィサーズ・ピストルもあったとか。&br;他の先進国の現代的軍隊でもこうした制度があるのか気になりますね。&br;ttps://www.nratv.com/series/the-treasure-collection/episode/the-treasure-collection-season-3-episode-21-general-officers-pistol --  &new{2018-01-12 (金) 22:36:01};
-CZ100/110以外で現在、製造販売されている自動拳銃で最初からシングルハンド・チャージング・デバイス(バレルストップ)が組み込まれてるものはないでしょうか? ありましたら教えてください --  &new{2018-10-03 (水) 11:28:22};
-ダブルアクション状態でスライドを少しだけ引いて、チャンバーに装填された弾薬を見るという事は可能でしょうか? --  &new{2019-05-02 (木) 02:11:00};
-銃の設計にもよると思いますが、普通ダブルアクションかどうかには特に関係なく見られる筈ですが・・・ --  &new{2019-05-02 (木) 22:12:36};
-テレビアニメ「BEM」で主人公のソニア・サマーズ他、数名が所持および発砲している自動拳銃なんですがどうしたらよいでしょうか? スライド形状はグロック17系で下部レールは横溝の無いタイプで、グリップ形状は(交換可能なグリップパネル含めて)スミス&ウェッソンM&Pのものでした。imfdbに貼られている画像を確認しましたがやはり、いくつかの自動拳銃が混じっているように見えます。(imfdbではグロック17扱いでした。ttp://www.imfdb.org/wiki/BEM ダリル・ブライソンが発砲したコンパクトモデルは下部フレームもスライド形状も差異が大きいので完全な架空銃かもしれないです)。報告したいのですがそのままで該当するものがなく、架空銃と判断するべきでしょうか? 情報として価値があるのなら、「他の拳銃の特徴が入った架空銃」と書いた上でM&Pのコメント欄に書こうかと思います。 --  &new{2020-10-04 (日) 22:18:02};
-グリップ後端の横に伸びている部品/部位は何という名称でしょうか? ガバメントクローンで言うと「ビーバーテイル」と呼ばれている部品です。オリジナルのガバメントに比べ、該当部品は横に伸び、なおかつ反っていますが、オリジナルガバメントの状態のそうではない部品の名称が分かりません。ガバメントに限らず、そういうグリップ後端の横に伸びている部品/部位はあるので、名称はあると思うのです。なので、どなたかご教示お願いいたします。貼られている画像の各部品名称図にない部品にないです。 --  &new{2021-05-05 (水) 16:37:09};
-オートマグ薫奮阿韮械哀ービン弾を使用する自動拳銃(一定数製造されたか、現在も販売継続中なもの)は存在するのでしょうか? --  &new{2021-06-21 (月) 22:25:43};
-↑タウルス・レイジングブルのバリエーションでレイジングサーティってのがあったらしいけど生産中止されたって --  &new{2021-06-22 (火) 06:53:52};
-あぁごめん、自動拳銃のカテゴリーだったか・・・。インランドのM30-IMPというのがある。M1カービンのレシーバーにショートバレルとピストルグリップを持たせた機種 --  &new{2021-06-22 (火) 07:03:02};
-(実用性やユーザーが求めているかは別として)今後、素材開発や製造技術・製造コスト削減が進めば、92のように上面が大きく切り取られたスライドでも10mmオートや45ACP等々の大口径・高威力弾薬が安全に撃てる自動拳銃ができる可能性はあるのでしょうか? --  &new{2021-07-08 (木) 18:12:54};
-2022年現在(中国の77式とそれの発展型以外で)、ワンハンドピストルを製造販売しているメーカーは存在するのでしょうか? AFPBなどの安全装置が発達し、グロック以降のセイフアクション機構のおかげで“チャンバーに弾薬を装填しなければ安全”という精神的/概念的はものは相当薄れている感じがするので需要はなさそうな気がします。ご存じの方がいましたら、お願いいたします。長文失礼しました。 --  &new{2022-08-19 (金) 19:28:55};
-このページ、画像の引用元が記載されてないけど大丈夫なの? --  &new{2023-08-08 (火) 14:17:09};
-何者かによってコルト ガバメントとシグザウエル P220の項目が削除され閲覧できない状態になっています。 --  &new{2023-12-22 (金) 10:09:14};

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS