*ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦 / Talvisota(英題:The Winter War)
RIGHT:1989年、フィンランド映画
RIGHT:監督:ペッカ・パリッカ

 [[冬戦争]]を描いた戦争映画。原題の『Talvisota』もフィンランド語で「冬戦争」。原作はフィンランドの作家アンティ・トゥーリの同名小説。冬戦争といえばスキー部隊だが、本作は塹壕での防御戦が主でスキー部隊は登場しない。戦争映画としてはソ連軍のT-26戦車・I-16戦闘機・SB爆撃機が登場するのも見所。

 なお本作には複数のバージョンが存在する。
 ・1989年にフィンランドで劇場公開されたオリジナル版(199分)
 ・その後テレビで全5回に分けて放送されたTVシリーズ版(計265分)
 ・他国での映像ソフトに収録された国際版(125分)
 現在日本で販売されている映像ソフトは最も短い125分版である。

※下記の一覧には日本版映像ソフトには登場しない銃器も含まれる。
|使用者|銃器名|備考|h
|マルティ・ハカラ|[[M/28-30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[SVT-38>自動小銃/USSR SVT]]|敵の物・[[銃剣]]付き&br;拾う際に暴発|
|パーヴォ・ハカラ|[[M/28-30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]((本項ではロシア製M1891及びフィンランド製M/91、M/24のいずれかのこと))|アーティの銃|
|~|DE M17柄付手榴弾|−|
|カントラ少尉((日本語字幕は「曹長」と誤訳))|[[スオミ KP/-31>短機関銃/スオミ M1931]]|[[ドラムマガジン]]|
|~|[[M/28-30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[トカレフ>USSR トカレフ]]|−|
|~|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|敵のものを回収する|
|~|[[DP>USSR DP]]|~|
|エルキラ|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[M/28-30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|パーヴォの銃|
|~|[[SVT-38>自動小銃/USSR SVT]]|[[ボルトアクション]]のように手動で操作|
|~|[[SVT-40>自動小銃/USSR SVT]]|背負っているだけ|
|~|DE M17柄付手榴弾|−|
|ペンティ|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[SVT-40>自動小銃/USSR SVT]]|敵のものを奪う&br;[[ボルトアクション]]のように手動で操作|
|~|[[モシンナガン M1891/30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|[[着剣>銃剣]]した敵のものを使用|
|~|モロトフ・カクテル|対戦車用の火炎瓶|
|~|[[モロトフ・カクテル>火炎瓶]]|対戦車用|
|ソンピ伍長|[[スオミ KP/-31>短機関銃/スオミ M1931]]|[[ドラムマガジン]]|
|~|[[モシンナガン M1891/30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|敵のもの&br;ボルトを抜きとる|
|アートス|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[ナガン M1895>ロシア帝国 ナガンM1895]]|敵の物を拾う&br;発砲なし|
|~|DE M17柄付手榴弾|−|
|ユッシ衛生伍長|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[スオミ KP/-31>短機関銃/スオミ M1931]]|ソンピのもの|
|アルヴィ|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|コルペラ伍長((日本語字幕は「曹長」と誤訳))|[[スオミ KP/-31>短機関銃/スオミ M1931]]|[[ドラムマガジン]]|
|~|[[DP>USSR DP]]|−|
|マッティ|[[ラハティ・サロランタ M/26>軽機関銃/VKT M1926]]|−|
|~|[[DP>USSR DP]]|敵の物を拾う&br;発砲なし|
|イリ|[[M/28-30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|発砲なし|
|マウリ|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|エイノ|~|~|
|アーティ|~|~|
|ユティラ曹長|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|発砲なし|
|中尉|[[ルガー P08]]|機関部は作動しない|
|ラウリア中佐((日本語字幕は「大佐」と誤訳))|[[マウザー C96]]系|モデル不明&br;[[ホルスターストック>ストック]]での携行のみ|
|フィンランド兵|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[モシンナガン M1891/30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|−|
|~|[[スオミ KP/-31>短機関銃/スオミ M1931]]|[[ドラムマガジン]]|
|~|[[DP>USSR DP]]|−|
|~|マキシム機関銃|−|
|~|ボフォース 37 PstK/36|37mm対戦車砲|
|~|DE M17柄付手榴弾|−|
|~|FI M/32卵型手榴弾|未使用|
|ソ連兵|[[モシンナガン>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|突撃の際は[[着剣>銃剣]]|
|~|[[モシンナガン M1891/30>小銃/ロシア帝国 モシンナガンM1891]]|[[着剣>銃剣]]|
|~|[[SVT-40>自動小銃/USSR SVT]]|ペンティに奪われる|
|~|[[DP>USSR DP]]|−|
|~|[[RGD-33柄付手榴弾>USSR RGD-33柄付手榴弾]]|−|
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS