#author("2023-11-04T20:54:51+09:00","default:user","user")
#author("2023-12-21T20:55:02+09:00","default:user","user")
*イジェマッシ AK-100シリーズ / Izhmash AK-100 series 【突撃銃】[#n004075d]
#ref(AK105_1.jpg,center,nolink,イジェマッシ AK105)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|発射形式|発射速度|製造国|h
|~101|700(943)mm|3.4kg|[[5.56mm×45>5.56mm x45弾]]|30|S/F|600発/分|ロシア|
|~102|586(824)mm|3.0kg|~|~|~|~|~|
|~103|700(943)mm|3.4kg|[[7.62mm×39>7.62mm x39弾]]|~|~|~|~|
|~104|586(824)mm|2.9kg|~|~|~|~|~|
|~105|586(824)mm|3.0kg|[[5.45mm×39>5.45mm x39弾]]|~|~|~|~|
|~107|695(943)mm|3.6kg|[[5.45mm×39>5.45mm x39弾]]|30|S/3/F|850〜900発/分|~|
|~108|695(943)mm|3.6kg|[[5.56mm×45>5.56mm x45弾]]|~|~|~|~|

 ロシアの[[イジェマッシ>イズマッシュ]]社が輸出用に開発したAKシリーズであり、''AK-100シリーズ''と呼ばれている。
 従来木製だった部品は、[[AK74M>USSR AK74]]と同様の黒い成型色の[[プラスチック>ポリマーフレーム]]製とされ、[[口径]]や銃身長の異なる7機種が製造されている。[[バットストック>銃床]]は、AK74Mと同様のプラスチック製のものと、[[AKS74>USSR AK74]]と同様の金属製のものの2種が用意されており、いずれも左サイドに折り畳めるようになっている。
 政治的な東西を選ばぬ輸出向けとあって、AK-101・102・108は、[[M16>コルト AR15]]をはじめとする西側[[アサルトライフル>突撃銃]]の標準弾である[[5.56mm×45弾>5.56mm x45弾]]仕様である。また、AK-101〜105は旧来のAKシリーズと基本的な作動機構は変わらないが、107と108は[[AEK-971>ZID AEK-971]]と同様のリコイル軽減機構がついた新型となっている。また、AK-103はベネズエラ軍が制式採用している他、カダフィ政権期のリビアには[[3点バースト>バースト]]が追加されたAK-103-2が供給されていた。

//このイジェマッシ社は、2003年のSHOT SHOW(国際銃器見本市)で初めてのお目見えをした企業であり、AKシリーズの固定観念を完全に撃ち砕いたことは想像に容易い。
//↑イジェマッシは1975年から存在しますし、口径や銃身長の異なるモデルがこれ以前に既に存在するAKシリーズについて過剰な表現に過ぎるためコメントアウト。

 2010年には、後継の[[AK-200(現:AK-12)>突撃銃/イジェマッシ AK-12]]が開発されている。
 2018年頃から近代化改修キット(KM-AK)を最初から組み込んだモデルをAK-200シリーズとして展開している((上記のAK-12の原設計になったモデルとは無関係))。これは元々AK-74Mのように名付けていたものを輸出向けにわかりやすくしたもの。
 改修内容はAK-74Mと同様(ピカティニー・レールの追加、ストックをテレスコピック・ストックに変更)。付番法則は原番+100。例としてAK-201はAK-101の近代化改修版。ただしAK-107、AK-108は対象外なのかAK-207、AK-208は存在しない。なお、旧来のAK-100シリーズも依然としてカラシニコフ・コンツェルン公式サイトの製品ラインナップに残っている。

|モデル|説明|h
|~101|[[5.56mm×45弾>5.56mm x45弾]]仕様モデル|
|~102|101の[[カービン>騎兵銃]]モデル|
|~103|[[7.62mm×39弾>7.62mm x39弾]]([[AK47>USSR AK47]]と共用)仕様モデル|
|~104|103のカービンモデル|
|~105|[[5.45mm×39弾>5.45mm x39弾]]([[AK74>USSR AK74]]と共用)仕様のカービンモデル|
|~107|再設計された5.45mm高サイクルモデル。[[3点バースト>バースト]]追加|
|~108|107の5.56mm版|
|~サイガM3 EXP-01|103の[[セミオート]]モデルで民間用に販売している。|
#br

|作品名|ジャンル|使用者|備考|h
|[[50 Cent:Bulletproof]]|−|−|項目参照|
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|B型H系|アニメ|−|車内に置いてあるのみ&br;[[エアガン>遊戯銃]]と思われる|
|[[Combat Arms]]|−|−|項目参照|
|[[Insurgency: Sandstorm]]|−|−|項目参照|
|[[MAG]]|−|−|項目参照|
|OBSOLETE|アニメ|インド軍所属のエグゾフレーム((作中の人型ロボット))|AK103&br;機載機銃としてコックピット前方の左右両側面にある銃眼に&br;それぞれ1丁ずつ搭載&br;[[ストック>銃床]]を取り外して銃身をガスブロック前方で切断、&br;排莢口に[[薬莢受け>薬莢入れ]]を装着|
|~|~|民兵のリーダー|EP6&br;AK104?(([[ハンドガード]]とグリップが木製なので、密造されたコピーAKの可能性も))&br;[[ストック>銃床]]と[[コンペンセイター]]が取り外されている&br;発砲なし|
|[[REDリターンズ>RED/レッド]]|−|−|項目参照|
|[[SOCOM: U.S. Navy SEALs]]|−|−|項目参照|
|アナコンダ3|映画|ハンターの一人|[[スリング]]装着|
|[[ウォーキング・デッド]]|−|−|項目参照|
|[[ウォッチドッグス]]|−|−|項目参照|
|裏世界ピクニック|小説&br;アニメ|肋戸|AK101|
|~|~|仁科 鳥子|肋戸の残した物を使用|
|[[エスケープ フロム タルコフ]]|−|−|項目参照|
|怪盗ロワイヤル 〜ロザルタの秘宝を追え!!〜|漫画|王 貴狼(ワン ガイラン)|回想シーン|
|[[キャプテン・アメリカ]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアIII]]|−|−|項目参照|
|[[ゴルゴ13]]|−|−|項目参照|
|ゴルゴタ|小説|真田聖人|AK103&br;[[徹甲弾>アーマーピアシング弾]]を使用|
|[[サドンアタック]]|−|−|項目参照|
|シン・宇宙戦争|映画|アメリカ軍兵士|迷彩カラー&br;[[マウントレール]]仕様&br;ホロサイト、[[タクティカルライト]]装着|
|[[スプリンターセル]]|−|−|項目参照|
|[[スペックオプス ザ・ライン]]|−|−|項目参照|
|[[ソードアート・オンライン]]|−|−|項目参照|
|[[ダイ・ハード/ラスト・デイ>ダイ・ハード]]|−|−|項目参照|
|[[ダイ・ハード/ラスト・デイ>ダイ・ハード#o19f6dc7]]|−|−|項目参照|
|[[特例措置団体ステラ女学院中等科C3部]]|−|−|項目参照|
|[[ハードコア]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード ヴィレッジ]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ]]|−|−|項目参照|
|[[バイナリー ドメイン]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド2]]|−|−|項目参照|
|[[ヒットマン コードネーム47]]|−|−|項目参照|
|[[ヒットマン コントラクト]]|−|−|項目参照|
|[[ファークライ3]]|−|−|項目参照|
|[[ボーダーライン]]|−|−|項目参照|
|[[マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス>マーセナリーズ#mer28k2g]]|−|−|項目参照|
|[[マチェーテ・キルズ>マチェーテ]]|−|−|項目参照|
|[[マチェーテ・キルズ>マチェーテ#l1d0914e]]|−|−|項目参照|
|[[メダル オブ オナー ウォーファイター]]|−|−|項目参照|
|[[メタルギアソリッド4]]|−|−|項目参照|
|リパブリックZ|映画|ビヨッケ|店員の遺品&br;[[マウントレール]]装着|
|[[レッド・ドーン>若き勇者たち]]|−|−|項目参照|
|[[ロード・オブ・モンスターズ 史上最大の決戦]]|−|−|項目参照|
|[[ロジャー・コーマン デス・レース2050>デス・レース]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[IZHMASH社>http://www.izhmash.ru/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS