*US XM312 【重機関銃】
#ref(xm312.jpg,center,nolink,xm312)
|全長|重量(銃本体)|口径|装弾数|発射速度|製造国|h
|1560mm|19kg|[[12.7mm×99>口径]]|(ベルトリンク給弾)|260発/分|アメリカ合衆国|

 耐用年数を迎えつつあるアメリカ軍の[[M2重機関銃>重機関銃/ブローニング M2]]の後継として、同国のゼネラルダイナミクス社で開発されていた.50口径[[重機関銃]]。米軍のOCSWプロジェクトで、25mm自動式[[擲弾発射器]]「[[XM307ACSW>US XM307]]」のバリエーションとして開発された。
 耐用年数を迎えつつあるアメリカ軍の[[M2重機関銃>重機関銃/ブローニング M2]]の後継として、同国のゼネラルダイナミクス社で開発されていた[[.50口径>口径]][[重機関銃]]。米軍のOCSWプロジェクトで、25mm自動式[[擲弾発射器]]「[[XM307ACSW>US XM307]]」のバリエーションとして開発された。

 M2に比べ、20kg近い軽量化なされ、XM307とは大半の部品を共用する前提で同時に開発されたため、たった5個のパーツを交換するだけで、僅か数分で重機関銃から擲弾発射器へと(またその逆へと)組み変えることが可能になっている。しかし、2005年に行われたフィールドテストでは、制御性を確保するため設定された260発/分という非常に低レートな発射速度が問題となった。

 2008年には、同ゼネラルダイナミクス社のXM806が新たな.50口径重機関銃として開発がスタートし、XM312は開発中止となっている。とはいえ、そのXM806も2013年度からの調達が決まり調達契約も決まっていたが、2012年7月に計画中止が発表された。
 2008年には、同ゼネラルダイナミクス社の[[XM806>重機関銃/US XM806]]が新たな.50口径重機関銃として開発がスタートし、XM312は開発中止となっている。とはいえ、そのXM806も、2013年度からの調達契約が決まっていたものの、2012年7月に計画中止が発表された。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[MAG]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド]]|−|−|項目参照|
|[[スプリンターセル カオスセオリー>スプリンターセル#scct]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー2]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Wikimedia Commons>http://commons.wikimedia.org/wiki/File:XM312-04.jpg]]から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS