M224 60mm 軽量中隊迫撃砲システム / M224 60mm Lightweight Company Mortar System 【LWCMS】

#ref(): File not found: "m224_M7.jpg" at page "M224 60mm 軽量中隊迫撃砲システム"

#ref(): File not found: "m224_M8.jpg" at page "M224 60mm 軽量中隊迫撃砲システム"

各ユニット重量
M225砲身アセンブリM170二脚アセンブリM64A1照準器M7底板M8底板
8.16Kg6.89kg1.13kg6.53Kg1.63
射程 (最大/最小)
M888りゅう弾M720りゅう弾M49A1りゅう弾M302A1白りん弾M83A3照明弾M766演習弾
70m/3,490m70m/3,490m44m/1,930m33m/1,630m725m/951m56m/538m

 M224は軽量な中隊迫撃砲で、空挺部隊、ヘリボン部隊、山岳部隊、レインジャー、特殊部隊や軽歩兵部隊の近接支援に適している。
 M224はコンベンショナルな砲口落下による撃発か、砲身下部にある引き金による撃発かを、ファイア・セレクターによって選択できる。また、通常は全備重量が21.0Kgであるが、軽量なM8底板とM225砲身のみを組み合わせ、全備重量8.16Kgの非常に軽量な迫撃砲として運用できる特徴をもつ。
 
 M225砲身は片方をベース・キャップにて閉塞されたスムース・ボアの前装砲で、ベース・キャップ付近の下部には、冷却用のフィンがモールドされ、キャリングハンドルを兼ねた、トリガー・システムが付属する。
 
 M7底板は、アルミニウム鍛造の一体成形で作られた、円形の底板である。ボールソケットによって、6、400ミル全周に砲を指向可能で、裏側には固定のために4枚の鋤がモールドされている。
 M8底板は、アルミニウム鍛造の一体成形で作られた、長方形の底板である。軽量なM8底板はM225砲身のみと組み合わされ、M224を超軽量迫撃砲として運用するのに使われ、攻勢的な作戦で火力支援するのに適している。M8底板は左右800ミル、計1,600ミルの範囲で砲を指向でき、ロッキング・アームにてM225砲身と連結されている。
 
 M170二脚は、スチール製の折り畳み可能な二脚で、緩衝用のショック・アブソーバが付属しており、上部の左右転輪と、下部の上下クランクにて、砲の姿勢を調整できる。

 砲弾には、M224用に作られた長射程の砲弾セットであるスタンダードAと、旧式のM2およびM19 60mm迫撃砲用の砲弾であった、射程の短いスタンダードB(M83照明弾、M50訓練弾、M302白りん弾、M49りゅう弾、M69演習弾)とよばれる砲弾セットが用意されている。砲弾はNATOカラーコードにより、りゅう弾にはオリーブ、白りん弾にはライトグリーン、照明弾にはホワイト、演習弾にはブルーのカラーリングが施されている。ただし、米軍独自のカラーコードでは、白りん弾はグレー色で、照明弾は無塗装となっている。
 信管にはM720りゅう弾用にマルチオプションのM734信管と、M888りゅう弾用のポイント・デトネーティングのM935信管が用意されている。
 M734信管は、地表より約1〜4mで爆発する近接炸裂、地表より0〜1mで爆発する近地表炸裂、着発、弾着後0.5秒で爆発する遅延の、4つのモードを選択できる。モードの選択には工具を必要とせず、ダイアルをひねるだけでモードを選択でき、発砲まで何度もモードを変更できる。オペレーション・タイムを節約するため、アーミング用の安全ピンや安全ワイヤは付属していない。
 M888信管は、瞬発か遅延をダイヤルにてモード選択でき、発砲前には安全ワイヤを引き抜いて使用する。

 M224は米軍では軽迫撃砲班のによって運用され、班はさらに2コ分隊によって構成され、2門のM224によって味方ライフル分隊に対し、各種の間接火力支援を提供する。班は、班長、分隊長、砲手2名と弾薬運搬手2名の、計6名からなる。班長と分隊長はライフルを、砲手と弾薬運搬手はハンドガンを自衛火器として装備している。
 各分隊はM224システムを構成する一式を装備し、その他評定用などに双眼鏡やM2コンパス、迫用弾道計算機、プロット・ボード、連絡用にTA-1電話などを有する。班長はさらにボア・サイトや無線機を装備する。

 攻撃や遭遇戦においては、重いM7底板は段列などに残地され、5kg近くも軽いM8底板が使用される。M7底板はのちにまた使用部隊へと送致される。M8底板に換装すれば、分隊はさらに3発多くの砲弾を携行できるようになる。また分隊がライフル分隊に戦闘哨戒などのために配属された際も、軽便なM8底板にて運用される。
 

登場作品ジャンル使用者備考
CHILL漫画高野 亮児陸上自衛軍の払い下げ品
スプリガン-御神苗 優手持ち射撃

このページの画像はアメリカ陸軍およびアメリカ陸軍から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/M224 60mm 軽量中隊迫撃砲システム?

お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS