G.I.ジョー / G.I. Joe: The Rise of Cobra

2009年、アメリカ映画
監督:スティーブン・ソマーズ

・ストーリー
 兵器開発企業≪MARS≫はNATOの資金援助の下、ナノマイトという新兵器を開発する。しかし、完成したナノマイト弾頭の輸送中に謎の武装集団が襲撃。護送に当たっていたNATO特殊部隊のデューク(チャニング・テイタム)らが抵抗するも、次々と仲間は殺されていく。絶体絶命と思われたその時、突如現れた黒装束の兵士たちが敵を撃退、何とか弾頭の奪取を防ぐことができた。
 彼らの名は“G.I.ジョー”。世界中から集められた優秀な人間で構成される特殊作戦部隊だ。戦闘の腕を見込まれたデュークも、厳しい訓練を経てG.I.ジョーの一員となる。調査の結果、弾頭を奪おうとした武装集団は“コブラ”という組織であることが判明。G.I.ジョーに匹敵するほどの戦闘員・装備を有するコブラ...両者の全面対決が今始まろうとしていた―――

使用者銃器名備考
コンラッド・ハウザー
“デューク”
H&K HK416 D10RSACOGスコープ装着
フォアグリップ装着
NATO特殊部隊所属時に使用
FN F2000ダットサイト装着
MPS AA-12コブラ襲撃時に使用
コルト M4A1回想シーンで使用
ウォレス・ウィームス
“リップコード”
H&K HK416NATO特殊部隊所属時に使用
FN F2000ダットサイト装着
コルト M4A1回想シーンで使用
スネークアイズFN ファイブセブン USG
ハーシェル・ダルトン
“ヘビー・デューティ”
GE M134個人携行用カスタム
輸送機搭乗時に使用
シュタイアー TMP??スチル写真で携帯
アベル・シャズ
“ブレーカー”
FN ファイブセブンスチル写真で所持
クレイトン・M・アバーナシー
“ホーク将軍”
コルト 1911A1スチル写真で所持
アナスタシア・デコブレイ
“バロネス”
H&K MP7A1?40連マガジン
オフィスビルで使用
トーマス・アラシカゲ
“ストームシャドー”
シグザウエル P226スポーツ?シルバーモデル
コンペンセイター装着
ナノマイトランチャーオフィスビルで使用
コブラ隊員シュタイアー AUG A3?
H&K G36C
NATO特殊部隊員M230 チェーンガンAH-64Dの機銃
M1エイブラムスブローニング M2車載銃
ナノマイトミサイルのPR映像内
“ピット”の武器庫
(G.I. ジョーの基地)
H&K MP5A2フラッシュライト装着
H&K G36C
FN F2000ダットサイト装着
フラッシュライト装着
FN ファイブセブン USG

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コルトン家に隠してあった武器でアームスコーMGLの下にあったのは何か分かりませんか? -- 2016-09-04 (日) 15:03:16
  • キャリングハンドルを装着したブローニング M2です。
    劇中で、ロードブロックが使用していたものと同じプロップガンかと。 -- 2016-09-04 (日) 15:11:53
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS