豊和工業 / HOWA MACHINERY,LTD

 愛知県に本社を置く日本の機械工業メーカー。
 前身は豊田式織機株式会社であり、1941年に昭和重工業を合併して「豊和重工業」に商号変更した(「豊和工業」になるのは1945年)。所在地と前身名が示す通り豊田(トヨタ)の流れを汲む企業だが、創業者が同じなだけで、その創業者も創業期の業績不振が理由で身を引いているため、直接的な関係は無い。

 主業務は工作機械や機械部品の製造だが、兵器製造の歴史も古く戦前戦中は航空機部品や小火器の製造を請け負っていた。戦後も旧軍技術者を受け入れ自衛隊用小火器(特に小銃)の製造を一手に担い、九九式小銃の補修から、戦後初の純国産自動小銃である64式、その後継の89式小銃の開発・製造の他、カールグスタフ無反動砲や各種迫撃砲のライセンス生産も行っている。
 ただし銃器製造の事は大っぴらにしたくない(または、できない)のか、銃砲部門のセキュリティ・クリアランスは高く、公式サイトでも銃砲製造の記述は触り程度に留めている。

 民間向けには猟銃やスポーツライフルを製造しており、ゴールデンベアやヴァンガードは品質の高さから世界的にも有名。他にもAR18?の民間向けセミオートマチック(AR180)も製造していたが、これはイギリスのテロ組織(IRA)に流れてフルオート改造され問題になり、1976年の「武器輸出に関する政府統一見解」の一因となるなど銃・企業共に不運な結果となった。
 近年ではこれまでの経験を生かして、ローエンフォースメント(Law Enforcement/法執行機関)向けの高精度狙撃銃M1500等の製造販売を行っており好評を得ている。ただし、日本国の武器輸出に対する厳格な制限(前述の「武器輸出に関する政府統一見解」)をクリアするため直接的な販売活動は行わず、海外のメーカーにプレゼンテーションや販売を委託するケースが多くなっている。

 なお、小林源文の作品「レイドオントーキョー」の中で「豊和はジャムが多い」という台詞があるが真意は定かではない。


自動小銃(突撃銃)

64式小銃
89式小銃
AR18?

擲弾発射器

96式自動てき弾銃?

火砲(ライセンス生産含)

FFV M2
64式81mm迫撃砲
81mm迫撃砲 L16
107mm迫撃砲 M2
120mm迫撃砲 RT


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 六機の特殊・警視庁特殊部隊という小説に、特殊銃手選抜試験のシーンで訓練担当の赤松警部補が、ゴールデンベアを手にとって紹介しているシーンならありますね。 -- 2013-04-11 (木) 16:31:58
  • 学園黙示録にもM1500が登場したので作成されてもいいのでは? -- 2013-04-11 (木) 21:15:56
  • そういえば佐々木譲の「笑う警官」でも道警狙撃班がM1500かゴールデンベアーを持っていたかも?
    発砲シーンは確か無かったし読んだのも少し前だからうろ覚えだけど -- 2013-04-12 (金) 12:35:18
  • 漫画版のDr.コトー診療所の7巻で出ていたのは豊和M1500では -- 2013-05-23 (木) 21:41:40
  • ショットショーにてタクティカルなライフル HCR CHASSIS RIFLE 発表か -- 2017-01-27 (金) 18:32:02
  • まぁシャーシは外注だそうですが。 -- 2017-01-27 (金) 18:51:13
  • 豊和の新型小銃らしきものが意匠登録された模様
    ttps://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/ishou/iskt/ISKT_GM302_Detailed.action

    SCARというかMASADAというか…… -- 2018-06-28 (木) 00:15:50
  • 何ならロビンソンXCR風が良かったなぁ -- 2018-06-28 (木) 17:01:01
  • 個人的にはCZ805に見えたなあれは -- 2018-06-28 (木) 18:50:11
  • この銃は15メートル離れると……なんの銃だかわかりません! -- 2018-07-03 (火) 00:56:54
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS