*CZ 805 “ブレン” / CZ 805 "BREN" 【突撃銃】
#author("2019-05-28T04:30:01+09:00","default:user","user")
*CZ 805 “ブレン” / CZ 805 "BREN" 【突撃銃】 [#s04246b5]
#ref(CZ_805_BREN_A1.jpg,center,70%,CZ CZ805 ブレン A1)
|モデル|全長(伸長時)|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|~CZ 805 ブレン A1|670(915)mm|3.58kg|[[5.56mm×45&br;6.8mm×43 SPC&br;7.62mm×39>口径]]|20/30/100|760発/分|S/2/F|チェコ共和国|
|~CZ 805 ブレン A2|587(782)mm|3.39kg|~|~|~|~|~|

 チェコ共和国の[[チェスカー・ゾブロヨフカ社>CZ]]が開発した次世代[[突撃銃]]。同国軍の制式銃である[[Vz58>CZE Vz58]]の後継となるべく、2005年に開発がスタートし、2008年に「CZ S805」の名称でプロトタイプが公開された。2009年に生産モデルが完成し、2010年に同国軍に制式採用され、輸出モデルと共に生産がスタートしている。

 CZ社は本銃以前に、「ラダ(Lada)」という[[AK>USSR AK バリエーション]]ベースのライフルを、Vz58の後継として1980年代後半に開発していた。しかし当時は国内の情勢が軍制式銃の交替を許さず、CZ社は海外市場にラダの販路を求めた。
 ラダはこの輸出モデルの名称である「CZ 2000」が知られているが、CZ社内では軍の後継制式銃プロジェクトの名称である「805」の名称でも呼ばれていた。この名称は2000年代半ばに公開されたラダの最終モデルに使われ、「CZ 805」としてインド軍に売り込まれた。[[ピカティニーレール]]や[[アンビ]]セレクターなど近代的な仕様を盛り込んだ銃ではあったが、結局売込みには失敗し、インド軍はこのラダ系CZ 805を購入していない。
 CZ社はこのラダ系CZ 805と区別する意味もあって、新規設計の本銃を「CZ S805」の名称を与えて公開した。その後ラダ系CZ 805は実質「無かったこと」にされ、本銃に改めて「CZ 805」の名称が与えられ、現在に至っている。

 [[モジュラーウェポン>システム・ウェポン]]をコンセプトとしており、[[ハンドガード]]と一体のアッパーレシーバーはアルミ合金製、トリガーユニットを含むロアレシーバーは[[ポリマー>ポリマーフレーム]]製など、構成的に[[FN>ファブリク ナショナル]]社の[[SCAR>FN SCAR]]に似ている。しかし、[[口径]]別に2種類のモデルが別個用意されているSCARと違い、マガジンハウジングを始め、各ユニットの交換で、同一プラットフォームで複数の口径に対応することが可能となっている。バリエーションはフルサイズの「ブレン A1」と短銃身の「ブレン A2」の2種が存在するが、銃身の交換で長銃身のマークスマンモデルやヘビーバレルのスクワッド・オートマチックモデルなども予定されている。また、セレクティブファイアの軍用モデルと、[[セミオート]]オンリーの民間モデルが用意されている。
 [[モジュラーウェポン>システム・ウェポン]]をコンセプトとしており、[[ハンドガード]]と一体のアッパーレシーバーはアルミ合金製、トリガーユニットを含むロワーレシーバーは[[ポリマー>ポリマーフレーム]]製など、構成的に[[FN>ファブリク ナショナル]]社の[[SCAR>FN SCAR]]に似ている。しかし、SCARと違い、強力な7.62mmNATO弾への対応を選択しなかったため、各ユニットの交換で同一プラットフォームで複数の口径に対応することが可能となっている。またボタンと共にパドル式の[[マガジンリリース>マガジンキャッチ]]も備えており、自国のVz58やAKシリーズのような旧来的なライフルに近い感覚でも操作出来るようになっている。
 バリエーションはフルサイズの「ブレン A1」と短銃身の「ブレン A2」の2種が存在するが、銃身の交換で長銃身のマークスマンモデルやヘビーバレルのスクワッド・オートマチックモデルなども予定されている。また、セレクティブファイアの軍用モデルと、[[セミオート]]オンリーの民間モデルが用意されている。

 作動方式は[[ガス圧作動式>ガスオペレーション]]、閉鎖機構はロータリーボルト式。レシーバー上部にはフルレングスのピカティニーレールを備え(ハンドガード側面と下部にもあり)、着脱式の[[フリップアップサイト>オープンサイト]]をレール上に標準装備。セレクターや[[マガジンリリースレバー>マガジンキャッチ]]はアンビ仕様で、[[コッキングハンドル>コッキング]]は左右の交換が可能である。[[フォールディングストック>ストック]]は、長さ固定のスケルトンタイプと、伸縮及びチークパッド高が調節可能なタイプの2種類が用意されている。
 作動方式は[[ガス圧作動式>ガスオペレーション]]、閉鎖機構はロータリーボルト式。レシーバー上部にはフルレングスのピカティニーレールを備え(ハンドガード側面と下部にもあり)、着脱式の[[フリップアップサイト>オープンサイト]]をレール上に標準装備。セレクター等の操作系はアンビ仕様で、[[コッキングハンドル>コッキング]]は左右の交換が可能である。[[フォールディングストック>ストック]]は、長さ固定のスケルトンタイプと、伸縮及びチークパッド高が調節可能なタイプの2種類が用意されている。
 弾倉は同社製の半透明のものが用意されているが、マガジンハウジングの交換によって[[M16>コルト AR15A2]]互換のものや、[[G36>HK G36]]の半透明弾倉も使用可能である。

 アクセサリーには従来のものに加え、同社製の40mm[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]である「CZ 805 G1」を始め、[[Meopta製レッドドットサイト>ダットサイト]]など、各種チェコ国産アクセサリーがラインナップされている。
 アクセサリーには従来のものに加え、同社製の40mm[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]「CZ 805 G1」を始め、[[Meopta製レッドドットサイト>ダットサイト]]など、各種チェコ国産アクセサリーがラインナップされている。



|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン フューチャーソルジャー]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン ワイルドランズ]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ゴースト]]|−|−|項目参照|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[CZ>http://www.czub.cz/]]社から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS