*CIS SAR80 【突撃銃】
#ref(cissar80.gif,center,nolink,CIS SAR80)
#ref(SAR_80_rifle.JPG,center,65%,CIS SAR80)
|全長(伸長時)|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|738(970)mm|3.7kg|[[5.56mm×45>口径]]|30|S/F|シンガポール|

 SAR80(Singapore Assault Rifle 80)は、シンガポールのCIS社(現:STキネティクス)が開発した[[突撃銃]]である。
 後にSAR80となるシンガポール国産ライフルは、当時同国陸軍が装備していたM16A1のライセンス生産モデルである「M16S1」に替わる新型ライフルとして、1976年に同国のCIS社で開発がスタートした。開発に当たっては、当時[[AR18>アーマライト AR18]]を製造していたイギリスのスターリングアームズ社の技術者が招かれた。1978年には試作型が完成し、1984年に現在の名称が与えられ、シンガポール陸軍に採用された。

 外観や作動機構([[ショートストローク・ガスピストン>ガスオペレーション]])は、開発に当たって参考とされたAR18の流れを汲んでいる。レシーバーは[[プレス加工]]のスチール製で、グリップ/[[バットストック>ストック]]/ハンドガードはプラスチック製。弾倉は、[[AR15/M16>コルト AR15]]互換の30連弾倉を使用する。
 後にSAR80となるシンガポール国産ライフルは、当時、同国陸軍が装備していた[[M16A1>コルト AR15]]のライセンス生産モデルである「M16S1」に替わる新型ライフルとして、1976年に同国のCIS社で開発がスタートした。開発に当たっては、当時[[AR18>アーマライト AR18]]を製造していたイギリスのスターリングアームズ社の技術者が招かれた。1978年には試作型が完成し、1984年に現在の名称が与えられ、シンガポール陸軍に採用された。1988年になると、改良を加え[[SR88>突撃銃/CIS SR88]]が登場する。

 外観や作動機構([[ショートストローク・ガスピストン>ガスオペレーション]])は、開発に当たって参考とされたAR18の流れを汲んでいる。レシーバーは[[プレス加工]]のスチール製で、グリップ/[[バットストック>ストック]]/[[ハンドガード]]はプラスチック製。弾倉は、AR15/M16互換の30連弾倉を使用する。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[コンビニDMZ]]|−|−|項目参照|
|[[トゥームレイダー2>トゥームレイダー]]|−|−|項目参照|
|[[トゥームレイダー2>トゥームレイダー#yd55f0c4]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://www1.ocn.ne.jp/~avro504/]]から転載しています。
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディア・コモンズ>https://commons.wikimedia.org/wiki/File:SAR_80_rifle.JPG]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS