*中央工業 百式短機関銃 [#pe1fc49d]
#ref(nowprint.jpg,center)
|~全 長|900mm|~重 量|3.9kg|~口 径|8mmx21|~総弾数|30|~製造国|日本|

 大戦以前の日本では数少ない携行自動銃。「百式機関短銃」とも呼ぶ。
 20世紀初頭より各国で個人携行可能な自動小銃の開発が進む中、日本軍もその流れを無視しきれず、ドイツのベルクマンMP18を参考に国産の短機関銃「百式短機関銃」を開発する。しかし開発してはみたものの、兵力が国力を上回り膨張状態だった日本軍。個人で弾丸をばらまかれては弾丸代で国が傾くと考え贅沢品扱いとなり、[[挺身隊]]と呼ばれる一部の精鋭部隊に配備されたのみで、通常の部隊では滅多にお目にかかる事は無かったと云う。

 そんな不遇な百式短機関銃が脚光を浴びるのは大戦末期の1945年。当時の日本軍はアメリカ軍の沖縄上陸を許し、かつそれに対抗する力は既に無く、アメリカ軍の進撃に成す術無く蹂躙されるがままだった。ここで日本軍は最後の面子を保つため、精鋭部隊の挺身隊を沖縄に特攻させる作戦を採用。百式短機関銃で装備された義烈空挺隊136名は、アメリカ軍が制圧する沖縄の飛行場に強行着陸。なんの援護も無く友軍も無し。さらに退路も無い義烈空挺隊は孤軍奮闘するものの、最後は百式短機関銃と共に全滅する。戦局とは何の関係も無く。

#br
|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|旭日の艦隊|アニメ|千葉州作|14巻 銃身グリップ付|
|新世紀エヴァンゲリオン|アニメ|相田ケンスケ|4話&br;モデルガン |

----
#pcomment

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS