*スオミ短機関銃 M1931 / Suomi KP/-31 【短機関銃】
#author("2019-05-27T03:26:52+09:00","default:user","user")
*スオミ短機関銃 M1931 / Suomi KP/-31 【短機関銃】 [#o9be6e35]
#ref(sm1931smg.jpg,center,nolink,スオミ1931 初期型)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|発射速度|発射形式|製造国|h
|~初期型|770mm|4.6kg|[[9mm×19>口径]]|20/36/40/50/71|900発/分|S/F|フィンランド|
|~過渡期型|770mm|4.6kg|[[9mm×19>口径]]|20/50/71|~|~|~|
|~後期型|875mm|4.87kg|[[9mm×19>口径]]|20/50/71|~|~|~|
 フィンランドのティッカコスキ銃器工廠が開発した[[短機関銃]]。"スオミ(Suomi)"とは、フィンランド語での母国名で(("Japan"に対する「日本」に当たる))"KP"はkonepistooliの略称で短機関銃のことである。試作品のM1922、生産型のKP/-26の後継として、1931年にフィンランド国防軍に採用された。

 KP/-31は第二次世界大戦に登場した短機関銃の中で傑作の一つとみなされている。ボルトと[[コッキング]]ハンドルを独立させ、発砲時に稼動する部品の重量を抑え、レシーバー後部に[[レートリデューサー]]を備えるなど、反動の抑制に優れた工夫が施されていた。また、セレクティブファイアで銃身交換も容易な設計など、[[セミ>セミオート]]・[[フル>フルオート]]いずれでも扱いやすさが考慮されていた。
 いっぽう本体重量だけで約5kgと、同時代の短機関銃に比べ非常に重く、71発ドラム弾倉装填時の重量は7.36kgにもなった((そのぶん反動の抑制の一助ともなっていた。))。
 いっぽう本体重量だけで約5kgと、同時代の短機関銃では重量級の部類であり、71発[[ドラム弾倉>ドラムマガジン]]装填時の重量は7.36kgにもなった。

 本銃は、スイス、デンマーク、スウェーデンでもライセンス生産された。


|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Battlefield V]]|−|−|項目参照|
|[[ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦]]|−|−|項目参照|
|[[ジオブリーダーズ>ダイナマイトが百五拾屯 雑魚キャラコーナー]]|−|−|項目参照|
|[[ストライクウィッチーズ]]|−|−|項目参照|
|閃光のナイトレイド|アニメ|高千穂勲の部下|-|
|閃光のナイトレイド|アニメ|高千穂勲の部下|−|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[フロントライン 戦略特殊部隊]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[シカゴレジメンタルス>http://www.regimentals.jp/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS