#author("2020-05-17T04:49:19+09:00","default:user","user")
*H&K HK417 【自動小銃(突撃銃)】 [#q5aa014b]
#ref(hk417_16in.jpg,center,80%,H&K HK417)

|モデル|銃身長|全長(伸長時)|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|~HK417&br;MR762/308|12in|805mm(885mm)|4kg((H&Kのサイトでは、4.25kg(マガジン無)。H&KUSAでは9.62ポンド(約4.36kg、マガジン込)と記載。))|[[7.62mm×51>口径#RifleAmmo]]|10/20|S/F&br;S|ドイツ|
|~|16in|905mm(985mm)|4.25kg|~|~|~|~|
|~|20in|1005mm(1085mm)|4.8kg|~|~|~|~|
|~G28 E2 (スタンダード)|16.5in|914mm(1003mm)|5.8kg|[[7.62mm×51>口径#RifleAmmo]]|10/20|S|~|
|~G28 E3 (パトロール)|16.5in|914mm(1003mm)|5.3kg|~|~|~|~|

 ドイツの[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社が2005年に発表した、[[HK416>HK HK416]]の7.62mm×51弾モデル。イラク、アフガニスタンの戦場で7.62mm×51弾クラスの[[バトルライフル]]の有用性が再評価されたことから、同社がHK416と共に開発したものである。
 ドイツの[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社が2005年に発表した、[[HK416>HK HK416]]の[[7.62mm×51弾]]モデル。イラク、アフガニスタンの戦場で7.62mm×51弾クラスの[[バトルライフル]]の有用性が再評価されたことから、同社がHK416と共に開発したものである。
 H&Kでは、HK416と同等の10,000〜15,000発までパーツの破損や交換を必要としない耐久性を保証しており、HK416と同じく同社の[[AG-C/M320>HK AG36]]アドオン式[[擲弾発射器]]も装着できる。バレルは12、16、20インチが用意されており、[[CQB]]から狙撃まで対応可能である。
 初期モデルでは大きく斜めにカットされた三角状のマグウェルを持ち、[[G3>HK G3]]のマガジンを用いる仕様となっていたが、G3マガジンではホールドオープンに対応できないため最終的に[[G36>HK G36]]に似た半透明マガジンが新規に設計された。
 初期モデルでは大きく斜めにカットされた三角状のマグウェルを持ち、[[G3>HK G3]]の[[マガジン]]を用いる仕様となっていたが、G3マガジンではホールドオープンに対応できないため最終的に[[G36>HK G36]]のものに似た半透明マガジンが新規に設計された。

 [[セミオート]]のマッチシューティングモデルは、アメリカ市場モデルの「MR762」、ヨーロッパ市場モデルの「MR308」及びその派生系が存在する。HK416A5が登場すると、これに準じた仕様のHK417A2及びMR308A3が登場している。

 HK417は、すでにドイツ連邦軍を始め、試験的なものから本格的な導入まで、十数カ国で採用されている。特にドイツでは「G28」というHK417の発展型が開発・採用されている。G28は417のセミオート・マッチシューティングモデル「MR308A1」をベースとした[[DMR>選抜射手]]で、すでにアフガニスタンに投入されているという。
 G28はパーツの75%をHK417と共用するが、従来のアルミ合金ではなくスチール製アッパーレシーバーでボディを構成している。また、レシーバーの[[レール>マウントレール]]上にはシュミット&ベンダー社製の[[スコープ]]、[[ストック]]は調節可能なチークピースを備えた伸縮式スナイパーストック、ガスブロックには[[サプレッサー>減音器]]ポジションにアジャスト可能なレギュレーターを標準で備える。さらに、アッパーアセンブリの組換えにより、スタンダードコンフィグレーションと、より軽装なパトロールコンフィグレーションに振り分け可能。H&K公式サイトによれば、1.5[[MOA>集弾率]]の命中精度を持つという。
 HK417は、すでにドイツ連邦軍を始め、試験的なものから本格的な導入まで、十数カ国で採用されている。特にドイツでは「G28」の制式名でHK417の発展型が開発・採用されている。G28は417の市販モデル「MR308A1」をベースとした[[DMR>選抜射手]]で、アフガニスタンに投入されたと云われる。
 G28はパーツの75%をHK417と共用するが、従来のアルミ合金ではなくスチール製アッパーレシーバーでボディを構成している。また、レシーバーの[[レール>マウントレール]]上にはシュミット&ベンダー社製の[[スコープ]]、[[ストック>銃床]]は調節可能なチークピースを備えた伸縮式スナイパーストック、ガスブロックには[[サプレッサー>減音器]]ポジションにアジャスト可能なレギュレーターを標準で備える。さらに、アッパーアセンブリの組換えにより、スタンダードコンフィグレーションと、より軽装なパトロールコンフィグレーションに振り分け可能。H&K公式サイトによれば、1.5[[MOA>集弾率]]の命中精度を持つという。
 HK417は、精度の点では先代のDMR(G3)に劣ると評価され、一時はドイツ軍による制式採用は見送られた。しかし、スポーツシューティング用に高精度のマッチバレルを採用したMR308A1は十分な精度を有し、操作性・携行性においてG3に勝ると評価され、最終的にG28として制式DMRの座を勝ち取った。なおHK417自体もDMRとしては用いられていないが、「G27」の制式名称を受けており、ドイツ連邦軍の特殊部隊で少数使用されているようだ。
 G36の精度問題が大きく取り沙汰された2016年には、特殊部隊の使用するG36の代替としてG27が600挺前線に投入されるというケースも生じたが、何故同じ5.56mm口径のHK416でなかったのかは不明である。
 また米陸軍においても、2016年には次期CSASS(Compact Semi Automatic Sniper System)トライアルの結果として「G28E」モデルが「M110A1」として採用されることが決定された。これはMR308A3のKeyMod/M-LOKハンドガード搭載モデルであるが、特徴的な点として今までHK417系列に搭載されていたボルトフォワードアシストが存在しない事が確認されている。
 G28に準じた仕様のモデルはHK417A2及びMR308A3としてラインナップされている。2016年にはMR308A3のKeyMod/M-LOK[[ハンドガード]]モデルが米陸軍で「M110A1」として採用された。このモデルではアッパーレシーバーは従来のアルミ合金製となり、大元のM16系の特徴でもあるボルトフォワードアシストが廃されている。


|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|[[Combat Arms]]|−|−|項目参照|
|DELETE|漫画|刑務所職員|[[スコープ]]装着&br;発砲なし|
|[[GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり>ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり]]|−|−|項目参照|
|[[SOCOM: U.S. Navy SEALs]]|−|−|項目参照|
|[[ウォッチドッグス]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン フューチャーソルジャー]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ゴースト]]|−|−|項目参照|
|[[ジュラシック・ワールド>ジュラシック・パーク]]|−|−|項目参照|
|[[スペックオプス ザ・ライン]]|−|−|項目参照|
|[[ゼロ・ダーク・サーティ]]|−|−|項目参照|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|トレインミッション|映画|SWAT隊員|タグ認識機能を搭載した[[スコープ]]装着&br;[[バイポッド]]装着&br;終盤、列車包囲時に所持|
|パトリオットデイ|映画|FBI HRT隊員|[[スコープ]]及び[[バイポッド]]装備|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
|[[メタルサーガ ニューフロンティア>メタルサーガ]]|−|−|項目参照|
|[[レインボーシックス シージ>レインボーシックス#siege]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Heckler & Koch>http://www.heckler-koch.com]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS