*ラインラントアームズ AR57 (AR ファイブセブン) / Rhineland Arms AR57 (AR Five Seven) 【自動小銃】
#ref(http://mgdb.himitsukichi.com/pic/nowprint.jpg,center,nolink,NOW PRINTING)
#author("2019-05-03T08:41:42+09:00","default:user","user")
*ラインラントアームズ AR57 / Rhineland Arms AR57 【自動小銃】 [#c8ed6797]
#ref(AR57A1.jpg,center,80%,AR57)
|全長|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|-|-|[[5.7mmx28>口径]]|50|S/F|アメリカ|
|モデルによって様々|モデルによって様々|[[5.7mm×28>口径#AutoAmmo]]|50|S|アメリカ|
#ref(AR57_magazine.jpg,right,around,35%,AR57)
#br
 AR57 (ARファイブセブン)は、ラインラントアームズ社(Rhineland Arms)が開発した、[[AR15系ライフル/カービン>コルト AR15A2]]用アッパーレシーバー(及びその装着モデル)である。[[P90>短機関銃/FN P90]]の弾倉をそのまま利用でき、[[5.7mm×28>口径]]弾仕様に変換する。アッパーレシーバーから[[ハンドガード]]までが一体となっており、弾倉はP90同様、レシーバー上部に装着する。従来のマガジン挿入口は排莢口になっている。
//[[AR15系ライフル/カービン>コルト AR15A2]]用ベースのコンバート銃(もしくはキット)
//↑上記独自語が多く意味不明ですので変更。(特に後半は何のキットなのか意味が通りません)

 ラインラントアームズ社(Rhineland Arms)製の5.7mm×28弾仕様化キット。アッパーレシーバーからハンドガードまでが一体となっており、P90のマガジンをそのままレシーバー上部に装着する。従来のマガジン挿入口は、排莢口となる。
 スポーツ版の[[PS90>短機関銃/FN P90]]の価格を考えるとかなりの低予算で射撃が出来る。完成銃は約10万円、アッパーだけなら約6万5千円である。5.7mmアッパーレシーバーはバレルの長さや装着アクセサリーによって7種類もの選択が可能になっている。
 使い慣れたAR系がプラットフォームならトレーニング時間も短縮が図れる。しかし、実際のところ.223が撃てる銃から、威力が低く、より高価な5.7mm弾を撃ったところではあまり利点がないように思われる。
 コンプリートモデルの価格は約1,000ドル、アッパーアセンブリだけなら約700ドルと、スポーツ版のPS90(約1,500〜1,900ドル)に比べ、かなり安価となっている。5.7mm用アッパーは、バレルの長さや装着アクセサリーによって7種類もの選択が可能になっている。
 ハンドガードとレシーバーには[[ピカティニーレール]]を標準装備するが、2018年頃登場の最新モデルでは、ハンドガード左右と下面は[[マグプル>マグプル・インダストリーズ]]社のM-LOKのスロットとなっている。チャージングハンドルも[[アンビ]]化された。
 
//現在は、エアロプレシジョン(AeroPrecision)が製造・販売を行っている。
//↑現在AR57合同会社に権利が移行しているためコメントアウト。

//またM2の項目同様タイムスタンプ未変更での改竄が目立ちますが、現在は履歴が表示されるようになっており無意味ですので、特にいちいちチェックいただかなくても結構です。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|[[学園キノ>キノの旅]]|−|−|項目参照|
|[[ソードアート・オンライン]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード〜ヘヴンリーアイランド〜>バイオハザードシリーズ]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[AR57>http://www.57center.com/1.html]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS