#author("2019-05-28T04:35:56+09:00","default:user","user")
*ケル・テック RFB / KEL-TEC RFB 【自動小銃】[#l88b26c4]
#ref(keltec_rfb.jpg,center,nolink,KEL-TEC RFB)
#ref(Keltec_rfb.jpg,center,nolink,KEL-TEC RFB)
|モデル|全長|銃身長|重量|口径|発射形式|装弾数|製造国|h
|~ターゲット|1016mm|812.8mm|5.126kg|[[7.62mm×51>口径]]|S|10/20|アメリカ|
|~カービン|660.4mm|457.2mm|3.674kg|~|~|~|~|
 
 RFB(Rifle Forward-ejection Bullpup:前排莢式ブルパップライフル)は、アメリカのケル・テックCNCが開発した、[[7.62mm×51>口径]]弾を使用する[[ブルパップ]]式[[自動小銃]]。軍用銃を思わせる黒い[[ポリマー>ポリマーフレーム]]製ボディの外観だが、民間向けの[[セミオートマチック>セミオート]]ライフルである。2009年に販売開始。
 [[KG-9>イントラテック TEC-9]]の設計で知られる、ジョージ・チェルグレン(ケルグレン)設計によるもので、空薬莢を本体前方に送り出して排出する、フォワード・イジェクション機構をもつ。この機構の原型は、同氏が1990年代に設計した[[5.56mm>5.56mm x45弾]]口径ブルパップライフル「SUB-16」で組み込まれたもので、ベルギーの[[F2000>FN F2000]]のそれよりも早い。
 作動はオーソドックスなガスピストン式[[ガスオペレーション]]で、マガジンは[[FAL>FN FAL]]のものをそのまま使用できる。

 同口径ライフル製品では[[SCAR-H>FN SCAR]]や[[MR762>自動小銃/HK HK417]]等とシェアを競うことになるだろうが、RFBは多々新規な特徴を備え、価格も手ごろ(1,880ドル)である。特にカービンモデルは、7.62mm×51ライフルとしては群を抜いて小型軽量で、同クラスのカービンとして知られる[[MC51>FRオーディナンス MC51]]や[[SA58 OSW/エリート>DSA SA58]]のサイズ/重量をさらに下回る。
 
//同口径ライフル製品では[[SCAR-H>FN SCAR]]や[[MR762>自動小銃/HK HK417]]等とシェアを競うことになるだろうが、RFBは多々新規の特徴を備え、1,880ドルと価格も手ごろ(SCAR-Hの実売価格が2,500〜3,000ドル強、MR762A1はMSRP((manufacturer's suggested retail price:メーカー希望小売価格))で3,995ドル)である。
 ポリマーフレームとブルパップデザインの組み合わせにより、7.62mm×51ライフルとしては群を抜いて小型軽量で、[[カービン>騎兵銃]]モデルは同クラスのカービンとして知られる[[MC51>FRオーディナンス MC51]]や[[SA58 OSW/エリート>自動小銃/DSA SA58]]などのサイズ/重量をさらに下回る。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|Soldier of Fortune: Payback|ゲーム|ジョン・マリンズ|狙撃銃(ゲーム内名称「ACR-2」)&br;[[スコープ]]装着&br;[[バイポッド]]装着|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[KEL-TEC CNC>http://www.keltecweapons.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS