*FÉG 29M 【自動拳銃】
#ref(feg_29m.jpg,center,70%,29Mの無可動実銃)
|モデル|全長|銃身長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|~29M|172mm|100mm (3.94in)|750g|[[.380 ACP&br;.22 LR>口径#AutoAmmo]]|7+1&br;?|ハンガリー|
|~37M|182mm|110mm (4.33in)|770g|[[.380 ACP>口径#AutoAmmo]]|7+1|~|
|~P37(u)|182mm|110mm (4.33in)|770g|[[.32 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|
|~29M|172mm|100mm|750g|[[.380 ACP&br;.22 LR>口径#AutoAmmo]]|7+1&br;?|ハンガリー|
|~37M|182mm|110mm|770g|[[.380 ACP>口径#AutoAmmo]]|7+1|~|
|~P37(u)|182mm|110mm|770g|[[.32 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|

 29M(別名:M1929)は、ハンガリー共和国のFÉG(Fegyver és Gázkészûlékgyár。兵器および機械工場株式会社、の意)が、1929〜1935年に製造していた[[シングルアクション]]式の[[自動拳銃]]である。[[フロンマー・ストップ>自動拳銃/FEG フロンマー・ストップ]]を手掛けたことで知られる銃器デザイナーのルドルフ・フロンマーが設計を行った。
#ref(FEG_37M_1538.jpg,right,around,25%,37M)
#br
 作動は、[[ロングリコイル>ショートリコイル]]方式のフロンマー・ストップとは異なり、[[シンプルブローバック>ブローバック]]方式を採用している。[[コッキング]][[セレーション]]は大型だが、スライドはよりコンベンショナルなデザインになっている。[[グリップセイフティ>安全装置]]とグリップ底部の[[マガジンリリースレバー>マガジンキャッチ]]はフロンマー・ストップと同様の設計。

 29Mはハンガリー陸軍と空軍に採用され、合計50,000挺が製造された。1933年には、練習用・競技用として[[.22口径>口径]]モデルも登場している。また、トリガーユニット内蔵の[[セミグリップストック>ストック]]と大型[[フォアグリップ]]を装着した[[カービン>騎兵銃]]モデルも少数ながら開発された(ただし、銃身長はそのまま)。
 1937年には改良モデルの''「37M」''が登場し、1942年まで300,000挺が製造された。29Mとの主な違いは、スライド後部の形状をノーマルタイプへ変更、[[ハンマー]]の小型化、弾倉底部にフィンガーレストを追加、など。

 ハンガリー軍が使用していた37Mは[[.380ACP>.380ACP弾]]モデルだが、第二次世界大戦で協力関係にあったドイツ軍向けに、[[.32ACP弾]]が使用できるように改修したモデルも開発された。ドイツ軍は''「P37(u)」''(((u)は、ドイツ語でハンガリーを意味する"Ungarn"の頭文字。))の名称で、50,000挺の37Mを使用している。オリジナルの37Mにはマニュアルセイフティは無かったが、P37(u)にはフレーム左側後部にレバーが追加されている。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|Beshenoe zoloto|映画|ギルバート・ラトランド|37M|
|Bors|TVドラマ|ハンガリー警察|37M|
|Nocní jazdci|映画|ハルヴァ軍曹|37M|
|アークエンジェル|映画|スヴォーリン|37M&br;シルバーモデル|
|ストーカー|映画|作家|37M|
|デンジャー・ポイント|映画|ポール・シェルマン|37M&br;暗殺者は[[サプレッサー>減音器]]装着|
|~|~|暗殺者|~|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Arundel Militaria>http://www.deactivated-guns.co.uk/]]((無可動実銃を販売しているイギリスの会社。))及び[[ウィキメディア・コモンズ>https://commons.wikimedia.org/wiki/File:FEG_37M_1538.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS