*CZE CZ38 【自動拳銃】
*CZ CZ38 (vz.38) 【自動拳銃】
#ref(CZ_38_1780.jpg,center,45%,CZ38)
|銃身長|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|~4.625in|206.4mm|910g|[[.380 ACP>口径#AutoAmmo]]|9+1|チェコスロバキア|

 CZ38(vz.38)は、[[旧チェコスロバキアの国営銃器工場>CZ]]が1939〜1945年に製造していた、[[.380ACP弾]]を使用する[[自動拳銃]]である。銃器デザイナーのフランチシェク・ミスカが1937年に設計を行った。
 CZ38(vz.38)は、[[旧チェコスロバキアの国営銃器工場>CZ]]が1939〜1945年に製造していた、[[.380ACP弾]]を使用する[[自動拳銃]]である。銃器デザイナーのフランティシェック・ミスカが1937年に設計を行った。

 作動方式は[[シンプルブローバック>ブローバック]]。トリガーは[[ダブルアクションオンリー>ダブルアクション]]。銃身先端がヒンジによってフレームに固定されており、跳ね上げることで簡単に分解・清掃ができるという利点がある。分解するには、フレーム左側にあるテイクダウンレバーを操作し、跳ね上げた銃身からスライドを引き抜く。
 [[ハンマー]]は、頂部を除くほぼ全体がスライドに隠れているデザイン。[[スライドストップ]]機能はあるが、手動のリリースレバーは無い。グリップ底部には、[[マガジンリリースレバー>マガジンキャッチ]]とランヤードリングを備える。グリップパネルは背面を覆う一体型で、木製とプラスチック製の2種類。オリジナルのCZ38には[[マニュアルセイフティ>安全装置]]は無いが、ブルガリアへの輸出モデルにはフレーム左側後部にレバーが追加されている。

 同国軍が制式採用していた[[vz.24>自動拳銃/CZE CZ22]]を更新するべく、開発が進められた。1938年に行われた軍のトライアルの結果、制式採用が決定し"vz.38"の名称が与えられる。しかし、第二次世界大戦直前に起きたナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体の影響を受け、同国軍への配備が行われることは無かった。占領前に少数のCZ38がブルガリアへ輸出されたが、大半(約1万挺)はドイツ警察や治安部隊が"P39(t)"(((t)は、ドイツ語でチェコスロバキアを意味する"Tschechoslowakei"の頭文字。))の名称で使用していた。
 .380ACP弾を使用するわりには大柄で重く、ダブルアクションオンリーの[[トリガープル]]の感触も悪かったため、同社の傑作拳銃「CZ27(Vz.27)」とは違い、戦後に製造が再開されることは無かった。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|Adelheid|映画|ヘンヤ|−|
|Atentát|映画|クラール中尉|−|
|~|~|ストナッド軍曹|~|
|~|~|ヴィスコシル軍曹|~|
|~|~|トウセク軍曹|~|
|Horká zima|映画|フィーセラ中尉|−|
|~|~|パルチザン|~|
|Hra bez pravidel|映画|デューダ|−|
|~|~|マレク|~|
|Hrísní lidé mesta prazského|TVドラマ|殺し屋|−|
|La fièvre monte à El Pao|映画|ラモン・ヴァスクェス|−|
|~|~|イネス・ロハス|~|
|Pěnička a Paraplíčko|映画|プラハ警察|−|
|スパイ大作戦|TVドラマ|ダニエル・ブリッグス|シーズン1・第1話|
|~|~|ウィリー・アーミテージ|~|
|~|~|シナモン・カーター|~|
|~|~|父親|シーズン1・第9話|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディア・コモンズ>https://commons.wikimedia.org/wiki/File:CZ_38_1780.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS