*ブローニング バックマーク / Browning Buck Mark 【自動拳銃】
#ref(Browning_Buck_Mark_Standard_01.jpg,center,70%,ブローニング バックマーク スタンダード)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|~スタンダード|241mm|964g|[[.22LR>口径]]|10+1|アメリカ|
|~キャンパー(カンペール)|241mm|964g|~|~|~|
|~コンター|241mm|1020g|~|~|~|
|~|287mm|1105g|~|~|~|
|~ハンター|287mm|1077g|~|~|~|
|~ライトグレー/グリーン|241mm|794g|~|~|~|
|~マイクロスタンダード|203mm|907g|~|~|~|
|~ローズウッド|241mm|964g|~|~|~|

 アメリカのブローニングアームズが1985年に開発した、[[.22LR弾>口径]]を使用する[[自動拳銃]]。
 作動方式はシンプルな[[ストレートブローバック>ブローバック]]で、外観はどことなく[[スタームルガー MkI]]に似ている。しかし、ボルトのみが作動するルガー MkIと異なり、バックマークはスライド全体が作動する仕組みとなっている。
 アメリカのブローニングアームズが1985年に開発した、[[.22LR弾>口径]]を使用する[[自動拳銃]]。同年に生産終了した「チャレンジャー」ピストルの後継である。
 外観は[[コルト ウッズマン]]やハイスタンダードピストル、[[スタームルガー MkI]]のような往年の.22口径ターゲットピストルを踏襲し、構造的には1962年に発売されたチャレンジャーとほぼ同様である。作動方式はシンプルな[[ストレートブローバック>ブローバック]]で、ウッズマンのようにスライド全体が作動する仕組みとなっている。

 また、バックマークピストルと同様の作動方式の「バックマークライフル」という銃も存在する(ピストルモデルよりもロングバレルとなっており、[[フォアエンド>ハンドガード]]及び[[バットストック>ストック]]を備えている)。
 また、[[フォアエンド>ハンドガード]]と[[バットストック>ストック]]を追加し、18インチ長のロングバレルとした「バックマークライフル」というモデルも存在する。

***各種バリエーション
|モデル名|特徴|h
|~スタンダード|基本モデル|
|~キャンパー(カンペール)|ブルバレル|
|~コンター|フルレングスの[[スコープ]][[マウントレール]]|
|~ハンター|ブルバレル。スコープマウントレール。ココボログリップパネル|
|~ライトグレー/グリーン|軽量化モデル|
|~マイクロスタンダード|4インチのショートバレル|
|~ローズウッド|紫檀のウッドグリップパネル|
#br
|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Mr.&Mrs. スミス]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ブローニングアームズ>http://www.browning.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS