*88式通用機槍 【軽機関銃】
#ref(http://mgdb.himitsukichi.com/pic/nowprint.jpg,center,nolink,NOW PRINTING)
|全長(三脚装備時)|銃身長|重量(三脚装備時)|口径|装弾数|連射速度(持続射撃時)|製造国|h
|1,151mm(1,321mm)|600mm|7.6kg(11.8kg)|5.8mm×42|200|650〜700発/分 (300発/分)|中国|

 88式通用機槍(QJY-88)は[[中国北方工業公司]]が開発した[[軽機関銃]]である。
 1980年代末、中国軍は制式弾薬を独自開発の5.8mm×42弾に更新し、それまで[[ソ連>USSR]]由来の[[7.62mm×39弾>7.62mm x39弾]]と7.62mm×54R弾の二系統だった小火器用弾薬の一本化を図った。これは兵站の効率化と兵士一人が携行可能な弾薬量の増加を狙ったものだった。そこで新弾薬である5.8mm弾仕様の[[汎用機関銃>GPMG]]として新たに開発されたのが本銃である。

 作動方式はロングストロークピストンの[[ガス圧利用方式>ガスオペレーション]]で、閉鎖方式はターンボルトロッキング。銃身と機関部はクロームメッキが施され、銃身寿命はおおよそ25,000発程度。一部部品にアルミ合金や強化プラスチックを使用することで軽量化を図っている。備え付けの[[二脚>バイポッド]]を用いれば軽機関銃として、三脚に据え付けて重機関銃として、仰角射撃用の三脚に固定すれば対空機銃として各々使用することができた。照準器は固定の[[アイアンサイト>オープンサイト]]のほかに、[[スコープ]]や[[赤外線スコープ>暗視装置]]が装着できた。

 1988年に開発が始まった本銃は、67式通用機槍の代替となることが求められた。とはいえ、67式は中国初めての独自設計の軽機関銃で、7.62mm×54R弾を使用する威力・射程共に申し分ない汎用機関銃であり、威力・射程共に劣る小口径の5.8mm×42弾仕様の軽機関銃で完全に代替することは非常に困難だった。
 1988年に開発が始まった本銃は、中国初めての独自設計の軽機関銃である、67式通用機槍の代替となることが求められた。とはいえ、67式は7.62mm×54R弾を使用する威力・射程共に申し分ない汎用機関銃であり、威力・射程共に劣る小口径の5.8mm×42弾仕様の軽機関銃で完全に代替することは非常に困難だった。
 結局、開発陣は5.8mm×42弾を強力な機関銃用弾薬に改修し、小銃弾とは別途用意することで解決を図った。このDVP88機関銃用弾は、薬莢寸法はそのままに、弾丸の長さを4mm伸ばして重量を増し、内部のスチールコアを先端寄りに改めたもので、テストでは7.62mm×54R弾に迫る性能を発揮したとされる。これにより、本銃は一応小銃との弾薬の共用化を実現したが、機関銃用のDVP88を小銃に使用すると銃身劣化は早まり、逆に小銃用の5.8mm×42弾を本銃に使用すると要求仕様に満たないという問題は残った。このため、後の2000年代半ばには、完全な弾薬共用化を図った新型弾DBP10が開発されている。
 こうした一連の開発にはのべ10年程かかり、制式化は1998年、配備開始は2000年からとなった。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ>ケイン&リンチ#kanelync2]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド2 モダン・コンバット]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー2]]|−|−|項目参照|
|[[マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス>マーセナリーズ#mer28k2g]]|−|−|項目参照|

----
#pcomment



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS