#author("2019-04-02T11:20:33+09:00","default:user","user")
*IMI ネゲヴ / IMI Negev 【軽機関銃】 [#y44ef516]
#ref(iwi_negev_sf.jpg,center,nolink,IWI ネゲヴSF)
|モデル|全長(伸縮時)|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|~スタンダード|780(1020)mm|7.76kg|[[5.56mm×45>口径]]|30/35/ベルトリンク給弾|700〜1150発/分|S/F|イスラエル|
|~SF|680(890)mm|7.58kg|~|~|~|~|~|
|~NG7|820(1000)mm|7.6kg|[[7.62mm×51>口径]]|ベルトリンク給弾|850〜1050発/分|~|~|
|~NG7 SF|730(912)mm|7.5kg|~|~|~|~|~|

 イスラエルの[[IMI]]社(現:IWI)が、[[ガリルARM>IMI ガリル]]の後継として開発した[[軽機関銃]]。

 ガリルと同型のサイドスイング式の[[スケルトンストック>ストック]]を標準装備するなど、“小型かつ軽量”をコンセプトとしている。給弾方式はベルトリンク給弾(200連箱型弾倉)の他、ガリル、或いは部品の交換により、[[M16/AR15>コルト AR15A2]]互換の弾倉が使用可能である。[[ミニミ>FN ミニミ]]とは異なり通常のライフル同様マガジン挿入口は下に設置されており、これは専用のベルトリンク容器の固定具ともなっているユニークな設計である。
 ガスレギュレーターは備況に応じた3ポジションに変更可能となっており、"1"ではマガジン給弾モード。"2"は通常のポジションで、ベルト給弾モード。"3"は悪環境モードで、砂塵やカーボンによって内部がひどく汚れた状態でも作動させるためのポジションであり、ガス圧が上がるため、連射速度が僅かに上昇する。ちなみに、[[ライフルグレネード]]が使用可能だった初期のプロトタイプでは、"3"はガス作動をカットするモードだった。
 他にもフィードカバーや動作機構はより小型となっており、セレクティブファイア機構を備えるなど、先発のミニミよりも大幅に先進的な設計となっている。

 バリエーションのSF(Special Forces)モデルは短銃身を備え、[[フォアグリップ]]を装備している。
 2012年3月には[[7.62mm×51弾>口径#RifleAmmo]]モデルのネゲヴ NG7が登場している。こちらはマガジン給弾機構は無くベルト給弾のみとなっている。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Combat Arms]]|−|−|項目参照|
|[[ソードアート・オンライン]]|−|−|項目参照|
|[[MAG]]|−|−|項目参照|
|[[トゥームレイダー2>トゥームレイダー#yd55f0c4]]|−|−|項目参照|
|[[ヤングガン・カルナバル]]|−|−|項目参照|
|[[ヨルムンガンド]]|−|−|項目参照|
|[[ワールド・ウォーZ]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[IWI>http://www.israel-weapon.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS