*ワロップ エクスカリバーMk2/Wallop Industries Exculibur Mk.2【擲弾発射器】 [#lc9a9b62]
#ref(http://mgdb.himitsukichi.com/pic/nowprint.jpg,center,nolink,NOW PRINTING)
|全長|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|780mm|4,235g|37/38mmスタンダード弾|6|S|イギリス|
#author("2019-07-16T12:53:28+09:00","default:user","user")
*ワロップ エクスカリバーMk2 / Wallop Industries Exculibur Mk.2 【擲弾発射器】 [#lc9a9b62]
#ref(exkari2.gif,center,nolink,エクスカリバーMk2)
#br
|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|780mm|4,235g|37/38mmスタンダード弾|6|イギリス|

 イギリスのワロップ・インダストリー開発のリボルビング・[[グレネード・ランチャー>擲弾発射器]]。正式な名称は『エクスカリバーMk2 マルチショット・ライオットガン』。その名の通り、本来は暴徒鎮圧などに使用される治安機関向けのランチャーで、[[アーウェン37>RSAF アーウェン37]]のライバル的存在である。
 専用弾薬を用いるアーウェンと異なり、より一般的な37/38mmスタンダード弾を用いるのが特徴。そのため、特大サイズの[[リボルバー>回転式拳銃]]のような、シリンダー型の大型弾倉を備えている。撃発・発射は[[ダブルアクション]]式だが、かなり[[トリガープル]]が重いので、指を二本かけて引けるようにトリガーの形が工夫されている。

 37/38mmスタンダード弾は警察・治安機関に広く普及しており、非致死性の催涙弾、ゴム弾、照明弾から、殺傷性の炸裂弾まで数多くの種類が供給されている。そのため、弾薬のチョイスはアーウェンよりも幅広い。
 一方、大型のシリンダー弾倉や固定式ストックを装備したため、重量はアーウェンよりも1kg以上も重くなってしまった。また、発射後に薬莢が自動的に排出されるアーウェンと違って、一発ずつ手で排莢・再装填しなければならないなどの難もある。
 一方、大型のシリンダー弾倉や固定式[[ストック]]を装備したため、重量はアーウェンよりも1kg以上も重くなってしまった。また、発射後に薬莢が自動的に排出されるアーウェンと違って、一発ずつ手で排莢・再装填しなければならないなどの難もある。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[ターミネーター3>ターミネーター]]|−|−|項目参照|
|[[ブラック ラグーン]]|−|−|項目参照|
|[[ザ・ワールド・イズ・マイン]]|−|−|項目参照|
|セイギノヒーロー|ゲーム|鴇田 芳樹|−|
|[[ブラック・ラグーン>BLACK LAGOON]]|−|−|項目参照|

#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://www1.ocn.ne.jp/~avro504/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS