#author("2019-02-04T01:07:37+09:00","default:user","user")
[[手榴弾]]

-読みってしゅ榴弾かて榴弾のどちらが正しいんですか --  &new{2012-06-06 (水) 21:59:38};
-どちらも正しい、自衛隊ではしゅ榴弾だけど旧軍ではて榴弾。もっとも尋常小学校程度の学力では「手」は「て」と呼んであまり「しゅ」とは呼ばなかった裏事情もありそうですが・・・。 -- [[kuro]] &new{2012-06-06 (水) 23:29:08};
-手榴弾は「手」で投げる「榴弾」だから「てりゅうだん」が正しい、という意見を耳にしたことがありますが、検索しても専門家の「これが正しい!」という意見が無いんですよね・・・ --  &new{2012-06-07 (木) 14:15:23};
-究極的に言えば読みたい様に読めばいい、最悪「手投げ弾」でも問題ないしw -- [[kuro]] &new{2012-08-16 (木) 22:01:40};
-h ttp://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/096.html --  &new{2012-08-29 (水) 12:44:32};
-誤爆すまそ。上記URLはNHKの放送の上での見解です。なるほどなあって感じ --  &new{2012-08-29 (水) 12:46:04};
-「て」、「しゅ」に関係なく「グレネード」でいいと思う。「手榴弾」よりは言いやすい(個人的に)。 -- [[John]] &new{2012-08-31 (金) 02:47:09};
-現代の兵士は何個(破片手榴弾と爆裂手榴弾の割合)の手榴弾を携行するのでしょう? --  &new{2013-01-27 (日) 04:03:57};
-それは国や部隊、作戦目的によるとしか・・・ただ昔よりは圧倒的に軽量小型なので、ランチャー用の榴弾なんかは必要なら10数個近く普通に携行できるみたいですね。 --  &new{2013-01-27 (日) 11:16:33};
-ここで書くことじゃないかもしれんしこういう質問はちょっとあれだけど、最強の手榴弾(攻撃型防御型それぞれ)ってなんでしょうかね・・・にわかオタの私には防御型の適切な炸薬量すらわからんのです・・・ --  &new{2014-06-23 (月) 16:40:34};
-さぁ、破片型に関しては炸薬量が多くても破片が十分有効なのかという問題があり何とも言えないですね。公称の加害半径と致死半径の定義も曖昧ですし・・・攻撃型は陸上ではアメリカで開発されているサーモバリック手榴弾が最強でしょう。あくまで定義上は攻撃型なだけで、性能は破片手榴弾をも上回りますが。 --  &new{2014-06-23 (月) 17:27:58};
-映画版「亡国のイージス」終盤で敵工作員が手榴弾のピンを口で抜いて投擲していましたが、実際に現用手榴弾で行うことは可能でなのしょうか? --  &new{2015-07-25 (土) 01:51:33};
-陸自ではコマンドーの真似して手榴弾をサスペンダーに引っかけるバカ新人が毎年いる。匍匐でズリズリやってる間に抜ける可能性が高いから助教も本気でキレる --  &new{2015-07-25 (土) 13:16:43};
-陸自ではテープで巻かないのか? --  &new{2015-07-25 (土) 13:42:27};
-手榴弾のピンが固いというより、人間の歯がピンを抜くような方向の力に弱い。 --  &new{2015-07-25 (土) 15:29:45};
-ただ、戦前の日本陸軍では安全栓と共に紐が付随しておりましたから、それをくわえて引き抜き、踵にぶつけて投げるという投擲方法は一応存在したようですね。ただし、これ以外にはなかなか見当たらない上に、確か米軍のマニュアルにも口で抜いたら歯が折れるからやめろとは書いてあったと思います。 --  &new{2015-07-25 (土) 15:51:37};
-追記しますと、米軍の場合、Mk2まではブッシュに引っ掛かって抜けやすかったらしく、後でより強い力で引っ張るように改良されたとも言います。とはいえ、第一次世界大戦の時点で、トレンチコートに引っかけて携帯している当たり、吊り下げる程度ではやはり抜けないんでしょうね。 --  &new{2015-07-25 (土) 15:54:20};
-手榴弾って撃っても爆発しませんよね? --  &new{2015-07-25 (土) 16:41:27};
-物にもよると思いますが一般に充填されている爆破薬は火をつけても燃焼はしても爆轟に至らない鈍感な物を使用しているので小火器弾程度でどうこうなるというのはまず無いと思います。ただ信管の撃発火管或いは伝爆薬は比較的敏感ですので全くあり得ないかというとそうでは無いと思います。 -- [[三流陸曹]] &new{2015-07-25 (土) 17:21:15};
-丸出しで持ち歩いてる手榴弾を狙撃されてドカンも全くないわけではないと?可能性として --  &new{2015-07-25 (土) 17:57:50};
-誘爆を期待して狙撃する程かは別とは思いますが。 -- [[三流陸曹]] &new{2015-07-25 (土) 18:20:54};
-自衛隊にコンカッションタイプはあるんですか? --  &new{2015-07-26 (日) 18:35:32};
-対フロッグマン(水中工作員)を考えると、コンカッション(恐らくMk.3A2)を採用していると思われます。 --  &new{2015-07-26 (日) 21:51:01};
-実物を見たことは無いですがMk3は有るみたいですね。 -- [[三流陸曹]] &new{2015-07-26 (日) 23:03:24};
-長い期間使用されてきてるのに、意外と謎の多い兵器なんですねコンカッションて・・・・ --  &new{2015-07-27 (月) 01:05:45};
-謎が多いというか、有効な状況がかなり限られているので現行ではあまり見られないというのが現状ですね。破片と違って爆風は要するに「ガス」とか「空気」ですので、爆心から離れるとすぐに威力が減衰してしまい殺傷能力が低いんです。これを解決したのがアメリカで開発された、まず高揮発性のガスを広範囲に拡散させて「ガス地帯」を作り、それを一気に爆発させることで拡散したガス全体が「爆心」になるサーモバリック爆薬です。 --  &new{2015-07-27 (月) 08:16:32};
-が、空爆などで用いられた痕跡を発見したジャーナリストによって非人道兵器だと一時期騒がれましたので、少なくとも現在は公式には広く流通はしていません。一応手榴弾も既に米軍では作られていて、威力を落として「部屋全体」を激しく発光させる強力なフラッシュバンにする研究開発も行われているところです。 --  &new{2015-07-27 (月) 08:17:05};
-なんで柄付き手榴弾は廃れたの? --  &new{2016-02-21 (日) 18:42:14};
-無駄に重たいのとドイツ式は点火方式などが古臭かったから ただソ連のRDGー33は一部現役らしい --  &new{2016-02-21 (日) 19:04:38};
-大きくて重いし、その分投げ込んだ時に気付かれやすい。ライフルグレネードや40mmグレネード辺りと比べるととかさばる割には性能が中途半端だからな。 --  &new{2016-02-21 (日) 19:18:07};
->攻撃手榴弾とかじゃ車両に破損与えられないもんねぇ  そうなの? --  &new{2016-03-25 (金) 10:52:37};
-↑対戦車手榴弾>攻撃手榴弾>破片手榴弾 てとこかな。対戦車と比較しては言うまでもないと思うけど、破片手榴弾とだと、エネルギーを破片の飛散などに使わなくて済むから。なのでWW2時、ドイツ軍は柄付き手榴弾を複数本巻いて取り付けた集束点榴弾を即席の対戦車攻撃に使用したけど、専用の破片アタッチメントは必ず外していたらしい。 --  &new{2016-03-25 (金) 13:02:46};
-トラブルで不時着/撃墜された航空機を可能な限り破壊したいという場合、どんな種類の手榴弾を機内に投げ込む(機体に設置)いいのでしょう?←現代の航空機を想定してお願いします。 ブラックホークダウンでは円筒形のものを投げ込んでいましたが --  &new{2016-03-29 (火) 20:21:19};
-テルミットでいいんじゃない? --  &new{2016-03-29 (火) 20:26:00};
-レバーを握ったまま投げるのと、外してから投げるやり方&br;どっちが多いんですかね? --  &new{2016-08-26 (金) 11:39:25};
-アメリカ軍がフラグとコンカッション使い分けられる&br;手榴弾の開発を要求してるそうですね --  &new{2017-09-25 (月) 20:47:33};
-手榴弾って消費期限って普通にありますよね?新しく生産した訳でも無いなら&br;第二次大戦時の手榴弾が現役なんてあるんですか? --  &new{2017-11-01 (水) 00:02:35};
-新規生産でもなければないでしょう。不発弾として見つかることぐらいはあるでしょうが。 --  &new{2017-11-01 (水) 00:30:00};
-「投てきよーい、ピン抜き、投げ!」 --  &new{2018-09-22 (土) 05:50:08};
-US MkII手榴弾の記述を読む限り、格子状の刻み目(破片形成が目的ではなく、滑り止めが目的のものであっても)が入った手榴弾はなくなっている…と解釈できますが、現用、あるいは設計は古くても製造が続いているものでも格子状の刻み目を持つ手榴弾は存在しないのでしょうか? --  &new{2019-02-03 (日) 15:41:18};
-「刻み目」のレベルが多分ご想像のと大分違うと思いますが、ドイツのDM51手榴弾は一応外見的には格子が入っている現行採用の手榴弾ですね。 --  &new{2019-02-03 (日) 19:59:03};
-ロシアのRGOも、下半分のみですが格子状の刻みが入ってますね。以前のRGD-5では刻みが無かったのが、同時期に採用されたRGNと判別する為なのか刻みが入ってます。 --  &new{2019-02-04 (月) 01:07:37};


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS