*CZE Cz58 【突撃銃】[#m93a3b7c]
#ref(vz58v.jpg,center,nolink,Vz58V)
|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|845mm|3.1kg|[[7.62mmx39>口径]]|30+1|チェコスロヴァキア|

 Cz58は旧共産圏のチェコスロヴァキアで1958年に完成、正式採用された[[突撃銃]]である。Vz58という名称で表記される事も多く、他の共産圏国の例に漏れず[[AK47>USSR AK47]]と同じ7.62mmx39弾を使用する。
 一見するとAK47のコピーのように見えるが内部構造は全く異なり、AK47がターンボルトロッキングを採用しているのに対してCz58はボルトキャリアーに独立したロッキングラグを設け、その上下動によってボルトとレシーバーをロック、解除する方式を採用している。また撃発もAK47と違い、[[ストライカー>ストライカー システム]]式としている。他にもガスピストンの後退量やセレクターなどの違いがあり[[銃剣]]やマガジンまでもチェコスロヴァキアのオリジナル設計でAK47と共用できないという、旧共産圏の銃としては珍しい特徴をもっている。
 工業国チェコの銃らしく精度はよく、AK47よりも1kg以上軽くより連射速度が速いにもかかわらず、グリップや[[フォアグリップ]]の優れたデザインによってコントロールも比較的難しくない。そのため、ソビエトもチェコスロヴァキアでのAK47の普及を諦めたと伝えられている。
 またその優れた設計は、今日自由化し分離したチェコ軍でも、まだ大部分が本銃を使っていることでも伺い知れる(現在NATO参加の為に口径5.56mmx45弾のさまざまな銃をテスト中であるらしいが、その中に本銃の改良発展型も含まれているらしい)。
 バリエーションとしては固定ストック付きのCz58P、右側へ折りたためるL型フォールディングストック付きのCz58V(それぞれストックは交換可)、そしてCz58Pに暗視スコープを備えたCz58PNがある。

 なお開発に当たり[[Stg44>ハーネル Stg44]]を参考の一つにしたらしく、部品に若干の互換性がある。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|エネミーライン|映画|クリス バーネット大尉|−|
|撃鉄 -GEKITETZ-|映画|ヴァン エイカン邸警備員|−|
|~|~|謎の襲撃者|前半で使用|
|[[ゴルゴ13]]|−|−|項目参照|
|[[トリプルX]]|−|−|項目参照|
|フルメタル ジャケット|映画|女スナイパー|−|
|[[レインボーシックス]]|−|−|項目参照|
----
#pcomment

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS