*ZID AEK-971 / ЗИД АЕК-971【突撃銃】
#author("2020-02-28T20:59:30+09:00","default:user","user")
*ZID AEK-971 / ЗИД АЕК-971【突撃銃】 [#x23db2ce]
#ref(AEK971.jpg,center,nolink,AEK-971)
|モデル|全長|重量|口径|発射形式|連射速度|装弾数|製造国|h
|~AEK-971&br;AEK-971s|960mm|3.3kg|[[5.45mm×39>口径]]|S/F&br;S/3/F|900発/分|30|ロシア連邦|
|~AEK-972|960mm|3.3kg|[[5.56mm×45>口径]]|S/F|~|~|~|
|~AEK-973&br;AEK-973s|960mm|3.3kg|[[7.62mm×39>口径]]|S/F&br;S/3/F|~|~|~|

 AKシリーズの内部機構をベースに設計された[[突撃銃]]。
 1980年代にコヴロフ機械設計局(Kovrov Machinebuilding Plant)でセルゲイ・I・コクシャロフによって設計された。
 同設計局はその後、軍需製品の製造から民生品の製造にスイッチしたため、本銃の製造権は同じくウラジーミル州コヴロフにあるZID(V.A.デグチャレフ記念工場)に移管されている。

 1980年代にコヴロフ機械設計局(Kovrov Machinebuilding Plant)でセルゲイ・I・コクシャロフによって設計された。後に[[AN94>イジェマッシ AN94]]と共にロシア軍のトライアルに参加したが、結果はAN94の採用であった。
 本銃の特徴は、内部に搭載したカウンターウェイトでガス・ピストンとボルトキャリアの動きにより生じる反動を打ち消すリコイル・バランシング機構である。
 動作は非常に単純で、従来のピストンロッドの上にもう一本のピストンロッドが追加されており、これがガスブロックを起点に前に動く事で前後の運動量が相殺される仕組みである。
 後に本家AKシリーズの[[AK107・108>イジェマッシ AK100]]で同様のシステムが採用されている。

 本銃の特徴は、内部に搭載したカウンターウェイトでガス・ピストンとボルトキャリアの動きにより生じる反動を打ち消すリコイル・バランシング機構である。動作は非常に単純で、従来のピストンロッドの上にもう一本のピストンロッドが追加されており、これがガスブロックを起点に前に動く事で前後の運動量が相殺される仕組みである。トライアルでこそ敗れたものの、AN94と比較してフルオート射撃の3発目以降の集弾率では勝る結果を出しており、また構造も簡単で重量が軽く、製造コストが安価となっている。

 5.45mm弾を使用するベースモデルのAEK-971の他、5.56mm弾モデルのAEK-972と7.62mm弾モデルのAEK-973が存在し、これらはそれぞれ[[AK100シリーズ>イジェマッシ AK100]]と従来のAKシリーズのマガジンを使用できるようになっている。
 さらにトリガーメカニズムが変更され、[[3バースト>バースト]]機構が加えられているAEK-971s/973sも存在する。
 2015年には最新モデルA-545と、その7.62mmモデルのA-762が登場。[[MP5A3/5>短機関銃/HK MP5]]のような[[スライドストック>銃床]]が装備されているのが確認されている。

 さらにAEK-971s/973sというモデルはトリガーメカニズムが変更され、[[3バースト>バースト]]機構が加えられている。
 後に[[AN94>イジェマッシ AN94]]と共にロシア軍のトライアルに参加したが、結果はAN94の採用であった。
 ただ、AN94と比較してフルオート射撃の3発目以降の集弾率では勝る結果を出しており、また構造も簡単で重量が軽く、製造コストが安価となっている。
 ロシア軍への大規模採用は叶わなかったが、2000〜2006年にかけてロシア内務省(MVD)の部隊が少数のAEK-971を取得していたようだ。
 しかし、2014年にはロシアの兵器ショーにピカティニーレールなどを備えた新型モデルが出展される。更に2014年12月には[[AK-12>突撃銃/イジェマッシ AK-12]]と共にロシア軍制式装備として最新モデル(A-545)の採用が決定した。双方共に順次配備されていく予定であるらしく、実質的にAN94は採用中止になったものと思われる。

 ロシア軍への採用は叶わなかったが、2000〜2006年にかけてロシア内務省(MVD)の部隊が少数のAEK-971を取得していたようだ。
 なおAEK-971を生んだコヴロフ機械設計局はその後、軍需製品の製造から民生品の製造にスイッチしたため、本銃の製造権は同じくウラジーミル州コヴロフにあるZID(V.A.デグチャレフ記念工場)に移管されている。

 後に本家AKシリーズの[[AK107・108>イジェマッシ AK100]]で同様のシステムが採用されている。

 長らく日の目を見なかった本銃であるが、2014年にはロシアの兵器ショーに出展されたピカティニーレールなどを備えた新型モデルが話題を呼んだ。2014年12月には[[AK-12>突撃銃/イジェマッシ AK-12]]と共にロシア軍制式装備として最新モデル(A545)の採用が決定。双方共に順次配備されていく予定であるらしい。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[SOCOM: U.S. Navy SEALs]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー2]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[V.A.Degtyrev Plant>http://www.zid.ru/en/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS