*MIL サンダー5 / MIL Thunder 5 【回転式拳銃】
#ref(http://mgdb.himitsukichi.com/pic/nowprint.jpg,center,nolink,NOW PRINTING)
#author("2018-09-13T22:08:03+09:00","default:user","user")
*MIL サンダー5 / MIL Thunder 5 【回転式拳銃】 [#r665f407]
#ref(thundr5.gif,center,サンダー5)
|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|228mm|1.36kg|[[.45LC&br;.45-70>口径]]&br;[[.410Ga>ゲージ]]|5|アメリカ|
|228mm|1.36kg|[[.45LC&br;.45-70>口径]]&br;[[.410(2 3/4", 3")>ゲージ]]|5|アメリカ|

 アメリカのMIL社(Munitions International Laboratory,Inc.)が開発・製造した、世にも珍しい''散弾''を使用する[[SA>シングルアクション]]/[[DA>ダブルアクション]]式の[[回転式拳銃]]。ちなみに、こうした拳銃用の散弾は、構造上の問題から[[自動拳銃]]の作動に必要なガス圧を確保することができないため、回転式拳銃のみである。
 リボルバーには珍しく、[[マニュアルセイフティー>安全装置]]が備えられている。銃身には8条右回りのライフリングが刻まれ、リボルバー拳銃用の.45Long Colt弾も発射可能である。が、これは、全長が短か過ぎて州によっては所持可能な[[ショットガン>散弾銃]]の最低全長を下回るため、 『基本的には.45LC弾を撃つ拳銃』 として販売することで法律を回避するという意味合いが大きい。ライフリングもそのためのダミーのようだ((アメリカ国内では、ライフリングのない拳銃は販売を禁止されているという事情もあるらしい))。またオプションとして、小銃弾である.45-70を発射する為の換えシリンダーも発売されている。
 アメリカのMIL社(Munitions International Laboratory,Inc.)が1990年代に開発・製造した、当時としては珍しい''散弾''を使用可能な[[ダブルアクション]][[リボルバー>回転式拳銃]]。
 特徴的な長大なシリンダーには、一般的な散弾シェルの中では最も細い[[.410番ゲージ>ゲージ]]((日本でも「ヨントー」として知られている実包。))を装填し、通常の2 3/4インチシェルとより強力な3インチシェルが使用可能である。他にも通常のリボルバー弾薬である.45ロングコルト弾も装填できる。各部を強化して小銃弾である.45-70を発射可能なモデルも作られた。フレーム後部にはリボルバーには珍しく、[[マニュアルセイフティ>安全装置]]が備えられている。
 アメリカでは短銃身の[[ショットガン>散弾銃]]の所持には認可が必要だが、ライフリングを刻むことで法規上の[[拳銃]]として所持可能となっている。しかしこのライフリングによって、ただでさえ火力の低い.410シェルは更に大きく拡散してしまう((弾丸は発射後約7m程度で直進しなくなるようだ。))ため、散弾は専ら近距離用である。
 更に長く重いシリンダーやショットシェルの撃発のために[[トリガープル]]はDA時に約8kg、[[SA>シングルアクション]]時に1.7kgと相当に重いため、取り扱いは難しかったようだ。

 しかし銃身長が54mmしかなく、[[トリガープル]]はDA時に約8kg、SA時に1.7kgと相当に重いため、命中精度は期待できないと言われている(このため弾丸は、発射後約7m程度で直進しなくなるようだ。有効射程距離10m以下といったところか)。
 重いトリガープルから来る取り扱いの難しさ、当時としては斬新すぎる設計から販売は振るわず((本銃の登場する映画の一つ「スリー・キングス」のコメンタリーでも「マニアが喜ぶ銃」と説明がある。))MIL社は倒産している。近年になって[[タウルス ジャッジ]]やS&W ガバナーといったモデルが登場しそれなりに成功を収めている点を鑑みるに、登場が早過ぎたのかもしれない。メディア作品でも後発の類似モデルの方が有名な不遇な銃である。

 使用目的は、釣りなどの最中によってくるガラガラヘビを撃退するといういまいち不明な銃だが、室内戦や接近戦ではそれなりに活用法があるとの意見もある(だが、室内戦で散弾を使用する際は、自分への跳弾に気を付ける必要があるとか?)。基本的には、アメリカ的『''お遊び銃''』である。
 近年似たようなモデルが見受けられるところから、こういったモデルの需要はあるらしい。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[アドレナリン]]|−|−|項目参照|
|[[アドレナリン:ハイ・ボルテージ>アドレナリン]]|−|−|項目参照|
|円環少女|小説|武原 仁|第1巻『バベル再臨』で使用|
|[[スリー・キングス]]|−|−|項目参照|
|[[スリー・キングス]]|映画|−|項目参照|
|ブラックドッグ|映画|ウェス|ソニーから渡される(発砲無し)|
|~|~|ソニー|荷物から拝借(発砲無し)|
|[[ロボコップ]]|−|−|項目参照|
|[[ロボコップ3>ロボコップ]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://avro504.web.fc2.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS