#author("2019-09-22T22:21:45+09:00","default:user","user")
*ミッション:インポッシブル / Mission: Impossible [#b5808b47]
 アメリカの人気TVドラマ『スパイ大作戦』を映画化した作品。現在、4作品が製作されている。
 トム・クルーズ主演でアメリカの人気TVドラマ『スパイ大作戦』を映画化した作品。現在、6作品が製作されている。
#br
#contents
#br
***ミッション:インポッシブル (原題 Mission: Impossible) [#pa67c1e5]

**映画 [#l9118fad]
***ミッション:インポッシブル (原題 Mission: Impossible) [#pa67c1e5]
RIGHT:1996年、アメリカ映画
RIGHT:監督:ブライアン・デ・パルマ

&size(20){''・ストーリー''};
 ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)率いるIMFチームは、チェコで新たな作戦につく。今回の任務は、CIAエージェントのリスト流出の阻止。
 ところが、作戦はいずこからか外部に漏れていた。チームは罠にはめられ、リーダーのフェルプスも含めて壊滅。生き残ったイーサン・ハント(トム・クルーズ)は本部に救援を求めるが、実は今度の作戦自体が、IMF内部の二重スパイ”ヨブ”をいぶり出すための陽動だったと知る。なまじ生き残ってしまったがためにスパイと疑われてしまったイーサンは、濡れ衣をはらすため、まず”ヨブ”の背後にいる武器商人マックスに接触。”ヨブ”を出し抜きマックスの信用を勝ち取るべく、自ら新たなチームを立ち上げ、CIA本部に逆潜入。まんまとリストの奪取に成功する。
 そして、いよいよリストをマックスに引き渡すという段になって、突然、意外な人物がイーサンの前に現れた―――

&size(20){''・作品解説''};
 フェルプスの意外な役回りなどにTVシリーズのファンからは批判も出たものの、冒頭から予断を許さぬ展開が好評を博した一編。しかし、制作・主演のトム・クルーズとソリ(作風)が合わなかったのか、デ・パルマ監督はこれ1作で降板。以降はアクション路線に大きくシフトすることとなる。
 そのため、かえってこの1作目だけ浮き上がっている感もあるが、最後の「大どんでん返し」などミステリー仕立ての筋書きは、いかにもデ・パルマ流。銃撃戦は少ないが、正統派のスパイアクション(化かし合い)を楽しみたいならこちらの方がよいかも。

|使用者|銃器名|備考|h
|イーサン・ハント|[[ベレッタ 8000>ベレッタ M8000]]|−|
|イーサン・ハント|[[ベレッタ 8045>ベレッタ M8000]]|−|
|ジム・フェルプス|[[CZ82>自動拳銃/CZE CZ82]]|[[サプレッサー>減音器]]装着|
|~|[[自動拳銃]]|[[プロップガン]]|
|クレア・フェルプス|[[シグザウエル P228>自動拳銃/P228]]|−|
|キトリッジ|[[シグザウエル P228>自動拳銃/P228]]|−|
|バーンズ|[[ステアー TMP>短機関銃/ステアー TMP]]|−|
|CIA本部の警備員|[[H&K MP5A3>短機関銃/HK MP5]]|[[タクティカルライト]]付き[[ハンドガード]]|
#br
***ミッション:インポッシブル 2((M:i-2とも表記。)) (原題 Mission: Impossible II) [#ldef4cd7]
|IMFエージェント|[[シグザウエル P228>自動拳銃/P228]]|−|
|~|[[CZ82>自動拳銃/CZE CZ82]]|−|
|~|[[CZ75B>CZE Cz75]]|[[サプレッサー>減音器]]装着|
|CIA本部の警備員|[[H&K MP5A3>短機関銃/HK MP5]]|[[タクティカルライト]]内蔵[[ハンドガード]]|

***ミッション:インポッシブル 2((M:i-2とも表記。)) (原題 Mission: Impossible II) [#ldef4cd7]
RIGHT:2000年、アメリカ映画
RIGHT:監督:ジョン・ウー

&size(20){''・ストーリー''};
 フェルプス亡き後、IMFのチームリーダーとなったイーサンは、休暇中にも関わらず例によって指令を受け取る。シドニー空港を飛び立ったある旅客機が原因不明の墜落事故を起こし、搭乗者の中に知人の細菌学者ネロルヴィッチ(レイド・シェルヴェッチア)が含まれていたからだ。彼は製薬会社≪バイオサイト≫のマクロイ(ブレンダン・グリーソン)社長の命を受け、殺人ウイルス「キメラ」と解毒剤「ベレロフォン」を完成させたものの、罪の意識から外部への持ち出しを試みようとする。
 しかし、その動きを察知した元IMF局員でテロリストのショーン・アンブローズ(ダグレイ・スコット)一味の罠にはまり、ウイルスを奪われたあげく殺害されたのだった。
 イーサンは上司スワンベック(アンソニー・ホプキンス)の指示でセビリアへ飛び、かつてアンブローズの恋人だった女泥棒ナイア・ノードフ・ホール(サンディ・ニュートン)に接触する。アンブローズの動向を探るべく、その隠れ家に向かったナイアだったが、まもなく本心を見破られてしまう。
 一方イーサンは、天才ハッカーのルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)とヘリのパイロットであるビリー・ベアード(ジョン・ポルソン)の助力を得て、残ったウイルスを処分するために研究所へ潜入するが、もう一息のところで失敗、ナイアは最後のキメラを自らに感染させてしまう。
 任務を完了させナイアの命を救うために、イーサンは決死の闘いを挑むのだった―――

|使用者|銃器名|備考|h
|イーサン・ハント|[[ベレッタ 92FS ブリガディア>ベレッタ M92]]|ホーグ製[[フィンガーグルーブ]]付きラバーグリップ装着&br;[[ショルダーホルスター>ホルスター]]に携行&br;バイオサイト社では92FS コンパクトとの[[二挺拳銃]]|
|~|[[ベレッタ 92FS コンパクト>ベレッタ M92]]|ホーグ製[[フィンガーグルーブ]]付きラバーグリップ装着&br;[[SOBホルスター>ホルスター]]に携行&br;バイオサイト社では92FS ブリガディアとの[[二挺拳銃]]|
|イーサン・ハント|[[ベレッタ 92FS ブリガディア>ベレッタ M92 バリエーション]]|ホーグ製[[フィンガーグルーブ]]付きラバーグリップ装着&br;[[ショルダーホルスター>ホルスター]]に携行&br;バイオサイト社では92FS コンパクトとの[[二挺拳銃]]|
|~|[[ベレッタ 92FS コンパクト>ベレッタ M92 バリエーション]]|ホーグ製[[フィンガーグルーブ]]付きラバーグリップ装着&br;[[SOBホルスター>ホルスター]]に携行&br;バイオサイト社では92FS ブリガディアとの[[二挺拳銃]]|
|~|[[M26/M61手榴弾>US M61破片手榴弾]]|取引現場で使用|
|~|[[H&K USP コンパクト>HK USP]]|終盤、アンブローズの銃を使用|
|ショーン・アンブローズ|[[スフィンクス AT2000S>自動拳銃/スフィンクス AT2000]]|−|
|ショーン・アンブローズ|[[スフィンクス AT2000S>自動拳銃/スフィンクス AT2000]]|メイン[[サイドアーム]]|
|~|[[H&K USP コンパクト>HK USP]]|バックアップガン&br;終盤の格闘で落とす|
|~|[[ベレッタ 92FS ブリガディア>ベレッタ M92]]|終盤でイーサンの銃を使用|
|~|[[ベレッタ 92FS ブリガディア>ベレッタ M92 バリエーション]]|終盤でイーサンの銃を使用|
|ルーサー・スティッケル|[[ベレッタ 92FS Inox>ベレッタ M92]]|バンが爆破された時に使用&br;発砲無し|
|~|[[コルト M635>短機関銃/コルト 9mm短機関銃]]|[[レッドダットサイト>ダットサイト]]装着&br;発砲無し|
|~|グレネードランチャー|中折れ式[[シングルショット]]ランチャー&br;[[AR15>コルト AR15A2]]のロアレシーバーを流用した[[プロップガン]]&br;[[レッドダットサイト>ダットサイト]]装着&br;終盤で使用|
|ヒュー・スタンプ|[[ベクター CP1]]|−|
|ヒュー・スタンプ|[[ベクター CP1]]|メイン[[サイドアーム]]|
|ウォリス|[[ブローニング BDM>自動拳銃/ブローニングBDM]]|研究所の銃撃戦で使用|
|ウルリッヒ|[[ステアー GB]]|−|
|ウルリック|[[ステアー GB]]|[[サイドアーム]]|
|マイケル|[[1911>コルト ガバメント]]|取引現場で使用&br;発砲無し|
|屋敷の警備員|[[グロック 17]]|セビリアの屋敷内で使用&br;発砲無し|
|アンブローズの部下|[[H&K USP>HK USP]]|−|
|~|[[S&W M559>SW M39]]|−|
|~|[[シグザウエル P228>自動拳銃/P228]]|−|
|~|[[CZE Vz61>短機関銃/CZE Vz61]]|−|
|~|[[H&K MP5A2&br;H&K MP5A3>短機関銃/HK MP5]]|ダブルマガジン装着モデルもあり&br;[[タクティカルライト]]付き[[ハンドガード]]モデルもあり|
|~|[[H&K MP5K>短機関銃/HK MP5K]]|−|
|~|[[モスバーグ M590>モスバーグ M500]]|~|
|バイオサイト社の警備員|[[グロック 17]]|研究所の銃撃戦で使用|
|~|[[H&K MP5A3>短機関銃/HK MP5]]|~|
|~|[[H&K MP5K>短機関銃/HK MP5K]]|~|
|~|[[イサカ M37]]|~|
|~|[[モスバーグ M590>モスバーグ M500]]|~|
#br
***ミッション:インポッシブル 3((M:i:IIIとも表記)) (原題 Mission: Impossible III) [#vc49d743]

***ミッション:インポッシブル 3((M:i:IIIとも表記)) (原題 Mission: Impossible III) [#vc49d743]
RIGHT:2006年、アメリカ映画
RIGHT:監督:J・J・エイブラムス

&size(20){''・ストーリー''};
 第一線から退いて、諜報機関≪IMF≫の指導教官になったイーサンは、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。
 だが教え子であるリンジー(ケリー・ラッセル)が拉致されたことで、彼は現役復帰を決意する。
 その後、一連の事件の裏に国際的武器商人オーウェン・ディヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)が関係していることが発覚。ディヴィアンを秘密裏に確保すべく、そして彼が狙う「ラビットフット」の正体を探るため、再びチームを結成し一路バチカンへと向かうのだった―――。

|使用者|銃器名|備考|h
|イーサン・ハント|[[バレット M82A1>バレット M82]]|ベルリンで廃工場の周囲に設置する|
|イーサン・ハント|[[ベレッタ 92G エリートA>ベレッタ M92 バリエーション]]|リンジー救出時は[[タクティカルライト]]装着&br;[[サイドアーム]]|
|~|[[バレット M82A1>バレット M82]]|ベルリンで廃工場の周囲に設置する|
|~|[[H&K MP5K>短機関銃/HK MP5K]]|MP5K-PDWタイプの[[フォールディングストック>ストック]]&br;ベルリンの廃工場で使用|
|~|[[ベレッタ 92G エリートIA>ベレッタ M92]]|リンジー救出時は[[タクティカルライト]]装着|
|~|[[IMI デザートイーグル MK.XIX>IMI デザートイーグル]]|架空設定の[[プロップガン]]((監視カメラ妨害装置やフックショットが使用可能。))&br;シルバーフレーム&br;ヴァチカン侵入時に使用|
|~|[[グロック 19]]|麻酔銃仕様に改造した[[プロップガン]]|
|~|[[グロック 26]]|麻酔銃仕様に改造した[[プロップガン]]|
|~|[[H&K G36K>HK G36]]|ケース内のパーツを組み立てる&br;橋での銃撃戦で使用|
|~|[[グロック 17]]|上海で負傷したゼーンの銃を借用|
|~|[[ベレッタ 92FS>ベレッタ M92]]|上海でディヴィアンの手下から強奪&br;台詞では「ベレッタ M92F」と呼称|
|オーウェン・ディヴィアン|[[シグザウエル P228 スポーツ>自動拳銃/P228]]|[[コンペンセイター]]装着&br;イーサンへの尋問時に使用|
|~|[[ベレッタ 92FS>ベレッタ M92]]|上海の診療所(?)で所持|
|ジュリア・“ジュールス”・ミード|[[ベレッタ 92FS>ベレッタ M92]]|上海の診療所(?)で使用&br;イーサンがディヴィアンの手下から強奪した銃|
|ルーサー・スティッケル|[[バレット M82A1>バレット M82]]|[[フルオート]]機能搭載&br;[[三脚>バイポッド]]装着&br;[[ドラムマガジン]]装着&br;端末で遠隔操作する|
|~|[[H&K P2A1>その他拳銃/HK P2A1]]|ヘリでのチェイス時に使用|
|ゼーン・リー|[[H&K UMP>短機関銃/HK UMP]]|ベルリンの廃工場で使用|
|~|[[グロック 17]]|−|
|デクラン・ゴームリー|[[グロック 19]]|麻酔銃仕様に改造した[[プロップガン]]&br;ヴァチカンでイーサンの銃を所持|
|~|[[ベレッタ 92G エリートIA>ベレッタ M92]]|橋での銃撃戦で所持|
|リンジー・ファリス|[[ベレッタ 92G エリートIA>ベレッタ M92]]|[[タクティカルライト]]装着&br;イーサンの銃を借用|
|デクラン・ゴームリー|[[グロック 26]]|麻酔銃仕様に改造した[[プロップガン]]&br;ヴァチカンでイーサンの銃を所持|
|~|[[ベレッタ 92G エリートIA>ベレッタ M92 バリエーション]]|橋での銃撃戦で所持|
|リンジー・ファリス|[[ベレッタ 92G エリートIA>ベレッタ M92 バリエーション]]|[[タクティカルライト]]装着&br;イーサンの銃を借用|
|~|[[M4A1>コルト M4]]|[[RAS>レイル インターフェイス システム]]&br;[[ACOGスコープ>スコープ]]装着&br;目隠し状態で銃を組み立てる訓練で使用|
|マスグレイヴ|[[ベレッタ 92FS>ベレッタ M92]]|上海の診療所(?)で使用|
|ピート|[[スタームルガー MkI]]|テーザー銃仕様に製作した[[プロップガン]]&br;病院の駐車場で使用|
|ピート|[[スタームルガー MkI]]|[[テーザー銃>スタンガン]]仕様に製作した[[プロップガン]]&br;病院の駐車場で使用|
|ディヴィアンの手下|[[AKMSU>USSR AKM]]|橋での銃撃戦ではブラックモデル|
|~|[[ドラグノフ>USSR ドラグノフ]]|橋での銃撃戦でヘリ搭乗員が所持|
|~|[[ベレッタ 92FS>ベレッタ M92]]|上海の診療所(?)で使用|
|IMF局員|[[H&K G36C>HK G36]]|発砲無し|
|~|[[スタームルガー MkI]]|テーザー銃仕様に製作した[[プロップガン]]&br;病院の駐車場で使用|
|~|[[スタームルガー MkI]]|[[テーザー銃>スタンガン]]仕様に製作した[[プロップガン]]&br;病院の駐車場で使用|
|ヘンシャン・ルービルの警備員|[[H&K MP5A3>短機関銃/HK MP5]]|上海で使用|
#br
***ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (原題 Mission: Impossible - Ghost Protocol)

***ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (原題 Mission: Impossible - Ghost Protocol) [#b43b4640]
RIGHT:2011年、アメリカ映画
RIGHT:監督:ブラッドバード
RIGHT:監督:ブラッド・バード
#br

&size(20){''・ストーリー''};
 ロシアで極秘任務にあたっていたイーサン(トム・クルーズ)率いるIMFメンバー。ところがクレムリンにて爆弾テロが発生。イーサンを含めたメンバーに爆弾テロの容疑がかけられ、更にIMFからも存在を抹消されてしまう。汚名を晴らすためにIMF長官(トム・ウィルキンソン)と極秘接触したイーサンは長官からとあるミッションを引き受けるが、何者かの襲撃によって長官が死亡してしまう。
 辛くもこの場を脱したイーサンは、同行していたエージェントのブラント(ジェレミー・レナー)、前回の任務(3作目を参照)でサポートをしてくれたベンジー(サイモン・ペッグ)、そして新たにこの任務に参加したジェーン(ポーラ・パットン)と共に、黒幕が取引現場を行うとされるドバイの「ブルジュ・ハリファ」へと向かう。

|使用者|銃器名|備考|h
|イーサン・ハント|[[シグザウエル P226 E2>自動拳銃/P226]]|隠れ家でブラントに向ける&br;発砲無し|
|~|[[グロック 17]]|麻酔弾を撃つ時に使用|
|ウィリアム・ブラント|[[シグザウエル P226 E2>自動拳銃/P226]]|−|
|イーサン・ハント|[[シグザウエル P226 E2>シグザウエル P226]]|隠れ家でブラントに向ける&br;発砲無し|
|~|[[グロック 26]]|3作目に登場したものと同型&br;麻酔弾を撃つ時に使用|
|ウィリアム・ブラント|[[シグザウエル P226 E2>シグザウエル P226]]|−|
|~|[[グロック 17]]|ブルジュ・ハリファにて所持&br;発砲無し|
|ジェーン・カーター|[[USSR マカロフ]]|−|
|~|[[シグザウエル P226 SCT>自動拳銃/P226]]|~|
|~|[[シグザウエル P226 SCT>シグザウエル P226]]|~|
|~|[[IMI デザートイーグル MK.XIX>IMI デザートイーグル]]|3作目に登場したものと同型&br;刑務所潜入時に使用|
|~|[[シグ SG552]]|貨物列車内で所持&br;発砲無し|
|ベンジー・ダン|[[シグザウエル P226R>自動拳銃/P226]]|[[P228>自動拳銃/P228]]かも&br;終盤で使用|
|~|[[M1911>コルト ガバメント]]|冒頭で刺客から奪う&br;発砲無し|
|ベンジー・ダン|[[シグザウエル P226 E2>シグザウエル P226]]|終盤で使用|
|~|[[H&K G36C>HK G36]]|貨物列車内で所持&br;発砲無し|
|トレヴァー・ハナウェイ|[[グロック 17]]|冒頭で使用|
|アナトリー・シディロフ|[[H&K USPコンパクト>HK USP]]|イーサンに突きつける(発砲無し)|
|~|[[AKS74U>USSR AKS74U]]|[[RIS>レイル インターフェイス システム]]仕様&br;終盤で所持&br;発砲無し|
|シディロフの部下|[[AKM>USSR AKM]]|[[RIS>レイル インターフェイス システム]]カ仕様&br;[[フォアグリップ]]装着&br;[[ダットサイト]]装着もあり|
|シディロフの部下|[[AKM>USSR AKM]]|[[RIS>レイル インターフェイス システム]]仕様&br;[[スコープ]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着&br;[[ダットサイト]]装着もあり|
|~|[[AKMSU>USSR AKM]]|[[RIS>レイル インターフェイス システム]]仕様|
|~|ロムテクニカル FPK/PSL|ルーマニア製[[ドラグノフ>USSR ドラグノフ]]型狙撃銃&br;[[バイポッド]]装着|
|~|[[スチェッキン APS>USSR スチェッキン]]|−|
|~|[[AKS74U>USSR AKS74U]]|[[RIS>レイル インターフェイス システム]]仕様&br;終盤で所持&br;発砲無し|
|カート・ヘンドリックス|[[H&K USPコンパクト>HK USP]]|[[サプレッサー>減音器]]装着&br;ウィストロムに変装時に使用|
|~|[[AKS74U>USSR AKS74U]]|警備員から奪って所持&br;発砲無し|
|サビーヌ・モロー|[[USSR マカロフ]]|[[サプレッサー>減音器]]装着&br;冒頭で使用|
|ウィストロム&br;(ヘンドリクスの手下)|[[H&K P7>HK P7]]|[[サプレッサー>減音器]]装着&br;終盤で使用|
|モローのボディーガード|[[ベレッタ 8000>ベレッタ M8000]]|ブルジュ・ハリファでの格闘で一瞬登場&br;発砲無し|
|組織の刺客|[[ベレッタ 92FS>ベレッタ M92]]|冒頭で使用|
|~|[[B&T MP9>短機関銃/ステアー TMP]]|冒頭で一瞬登場(発砲無し)|
|~|[[M1911>コルト ガバメント]]|冒頭で所持&br;発砲無し|
|クレムリン警備員|[[USSR マカロフ]]|発砲無し|
|~|[[USSR シモノフSKS]]|~|
|~|[[AKS74U>USSR AKS74U]]|~|
|列車内の武器庫|[[シグ556 DMR>自動小銃/シグアームズ シグ556]]|マグプルPRS[[ストック]]&br;[[スコープ]]装着&br;[[サプレッサー>減音器]]装着&br;[[バイポッド]]装着|
|~|[[シグ SG552]]|[[フォアグリップ]]装着|
|~|[[シグザウエル P226 SCT>自動拳銃/P226]]|二挺有り|
|~|[[シグザウエル P226 SCT>シグザウエル P226]]|二挺有り|
|~|[[M1911>コルト ガバメント]]|コンバットコマンダー(?)|
|~|[[シグザウエル P226 E2>自動拳銃/P226]]|−|
|~|[[シグザウエル P226 E2>シグザウエル P226]]|−|
|~|[[シグザウエル P229R>自動拳銃/P229]]|~|
|~|[[H&K G36C>HK G36]]|~|
#br
*決めゼリフ

***ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (原題 Mission: Impossible - Rogue Nation) [#k74d010b]
RIGHT:2015年、アメリカ映画
RIGHT:監督:クリストファー・マッカリー

&size(20){''・ストーリー''};

 謎の犯罪集団「シンジケート」の調査にあたっていたイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドン支部でのミッションを受け取った際敵の罠にかかり、拘束されてしまう。辛くも拷問寸前のところで組織の一人に扮していたイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)によって救われ、ひとまずはその場から脱出することに成功する。
 一方、IMFの方針に不信感を抱くCIA長官アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)は、政府の公聴会においてIMFの解体を宣言。さらにシンジケートという組織は存在すると独断で決め、単独行動を図るイーサンを国際指名手配する。これに出席していたウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)は提案を黙って受け入れることになるが、秘密裏にイーサンとの接触を試みようとする。
 八方塞がりの状況に追い込まれるイーサンだが、CIAからの監視網をかいくぐりつつ密かにベンジー(サイモン・ペッグ)と接触し、シンジケートの更なる企みを探るためウィーンへと向かう。

|使用者|銃器名|備考|h
|イーサン・ハント|アルトフルート型ライフル|シンジケート構成員から強奪|
|~|ワルサー SSP|麻酔弾を使用|
|~|[[シグザウエル P226R>シグザウエル P226]]|[[サプレッサー>減音器]]装着|
|ウィリアム・ブラント|ワルサー SSP|麻酔弾を使用|
|イルサ・ファウスト|アルトフルート型ライフル|組み立て直すことでライフルに変形する|
|~|[[H&K USP コンパクト>HK USP]]|終盤では[[サプレッサー>減音器]]装着|
|ルーサー・スティッケル|ワルサー SSP|麻酔弾を使用|
|ソロモン・レーン|[[シグザウエル シグプロ>自動拳銃/シグプロ]]|[[サプレッサー>減音器]]装着|
|~|[[H&K USP コンパクト>HK USP]]|−|
|アラン・ハンリー|ワルサー SSP|麻酔弾を使用&br;ハントから渡される|
|アトリー|ワルサー SSP|麻酔弾を使用|
|ヤニク・ヴェンター|[[AKS74U>USSR AKS74U]]|−|
|~|[[H&K HK4>自動拳銃/HK HK4]]|−|
|シンジケート構成員|[[シグザウエル P226R>シグザウエル P226]]|SilencerCo製[[オスプレイサプレッサー>減音器]]装着時もあり&br;[[ダットサイト]]装着時もあり&br;[[レッグホルスター>ホルスター]]携行時もあり|
|~|[[グロック 17]]|狙撃用のパーツを組み込む&br;オペラハウスで使用|
|~|[[AKS74U>USSR AKS74U]]|−|
|~|アルトフルート型ライフル|組み立て直すことでライフルに変形する|
|SAD隊員((Special Activities Division。アメリカ・CIAの特殊部隊。))|[[M4A1>コルト M4]]|[[レールハンドガード>レイル インターフェイス システム]]&br;[[タクティカルライト]]装着&br;[[ダットサイト]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着&br;[[レーザーサイト]]装着&br;ハントの隠れ家襲撃時に使用|
|モロッコ施設の警備員|[[グロック 17]]|[[ヒップホルスター>ホルスター]]に携行|
|~|[[AKS47>USSR AK47]]|−|
|−|[[1911>コルト ガバメント]]|ハントの隠れ家に置いてある|

***ミッション:インポッシブル/フォールアウト (原題 Mission: Impossible - Fallout) [#s29d9c2f]
RIGHT:2018年、アメリカ映画
RIGHT:監督:クリストファー・マッカリー

&size(20){''・ストーリー''};

 奪われたプルトニウムの回収のため、イーサン・ハント(トム・クルーズ)率いるIMFメンバーはその晩、売り手との接触に成功するが目前の所で何者かの襲撃に会い、
ルーサー(ヴィング・レイムス)を人質に取られてしまう。苦渋の末イーサンはルーサーを助けるも、何者かによってプルトニウムを再び奪われてしまう。
 新たにIMFの長官となったアラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)からプルトニウム奪還の命を受けるIMFメンバーだったが、IMFの失態を見たCIA側は監視役としてオーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)の同行を条件に任務を提示してくる。

ジョン・ラークという謎の人物がホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)という女性が開催するチャリティーの裏で、プルトニウムの取引が行われるという事実を確信したメンバーは、ウォーカーと共にフランスへと向かう。

|使用者|銃器名|備考|h
|イーサン・ハント|[[H&K USP コンパクト>HK USP]]|−|
|~|[[1911>コルト ガバメント]]|隠れ家で所持|
|~|[[マカロフPM>USSR マカロフ]]|ラークの銃&br;落ちていた物を拾う|
|オーガスト・ウォーカー|[[M249 Para>FN ミニミ]]|[[薬莢入れ]]装着|
|イルサ・ファウスト|[[シグザウエル P226R>シグザウエル P226]]|−|
|~|[[H&K USP コンパクト>HK USP]]|トイレで使用|
|~|[[H&K HK416C>HK HK416]]|[[スコープ]]装着&br;[[サプレッサー>減音器]]装着|
|ベンジー・ダン|[[ジェリコ941R>IMI ジェリコ941]]|−|
|~|[[シグ SG552]]|売り手が落とした物を使用|
|襲撃部隊&br;(ゾラの手下)|[[シグ SG552]]|−|
|~|[[ベレッタ PM12>短機関銃/ベレッタ M12]]|~|
|~|[[FFV AT4]]|~|
|~|[[シグザウエル P226R>シグザウエル P226]]|~|
|“ジョン・ラーク”|[[マカロフPM>USSR マカロフ]]|トイレで所持|
|CIA実働部隊員|[[M4A1>コルト M4]]|[[レールハンドガード>レイル インターフェイス システム]]&br;[[Eotech製ホロサイト>ダットサイト]]装着&br;[[タクティカルライト]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着|
|~|[[H&K MP5A3>短機関銃/HK MP5]]|[[ダットサイト]]装着&br;[[タクティカルライト]]装着&br;マズルブレーキ装着|
|フランス特殊部隊員|[[H&K HK416>HK HK416]]|TANカラー[[ストック]]&br;[[ダットサイト]]装着&br;[[フォアグリップ]]装着&br;[[タクティカルライト]]装着&br;ヘリ搭乗者が所持|
|RAID隊員|[[H&K G36C>HK G36]]|レーン護送時に所持|
|組織の刺客|[[ベレッタ M92SB>ベレッタ M92]]|ルーサーに突き付ける|
|~|[[シグザウエル P226R>シグザウエル P226]]|~|
|プルトニウムの売り手|[[シグ SG552]]|−|
|パリ警察警官|[[シグザウエル SP2022>自動拳銃/シグプロ]]|女性警官が所持&br;イーサンに向ける|
|~|[[ベレッタ PM12>短機関銃/ベレッタ M12]]|−|

**決めゼリフ [#m07fe0da]
■任務中に生じるIMFエージェントの処遇について流れるメッセージガジェットの音声:
''"As always, should any member of your team be caught or killed, the Secretary will disavow all knowledge of your actions."''
''(例により、君やチームメンバーの誰かが敵に捕えられ殺されても、当局は一切関知しない)''

 ちなみに引用したのは、2作目のスワンベック指令からのメッセージである。

■IMFのメッセージガジェットが自己消滅する時の音声:
''"This message will self-destruct in five seconds."''
''(このメッセージは5秒後に自己消滅します)''
#hr
CENTER:このページに掲載されている台詞の著作権等、一切の権利は、
CENTER:[[Paramount Pictures>http://www.paramount.com/index.php]]が有しています。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS