#author("2019-05-12T09:01:54+09:00","default:user","user")
*ポリマーフレーム / Polymer frame [#b4f32db1]
 合成樹脂(要するにプラスチック)で製造されたフレーム。『ポリマー』とは、化学的には『重合体』、『高分子化合物』の事だが、この場合は強化プラスチックやナイロン素材などをさす。
 工業用ポリマーは1907年に登場した。強度面などの問題で当時は銃火器の主要部品には使用されなかったが、耐水・耐腐蝕性や複雑な成型の早さといった利点から、銃火器においても第一次世界大戦の時点で既にハンドガード、グリップ、ストックといった末端のパーツにポリマー素材は使用されていた。
 主に石油を原料とした合成樹脂(要するにプラスチック)で製造されたフレーム。『ポリマー』とは、化学的には『重合体』あるいは『高分子化合物』の事だが、この場合は強化プラスチックやナイロン素材などをさす。
 1862年に最初のプラスチックであるパーシケンが発明され、その後1907年に工業用ポリマーであるベークライトが登場した。強度面などの問題で当時はバレルなど銃火器の主要部品には使用されなかったが、耐水・耐腐蝕性や複雑な成型の早さといった利点から、銃火器においても第一次世界大戦の時点で既に[[ハンドガード]]、グリップ、[[ストック]]といった末端のパーツにポリマー素材は使用されていた。

 世界で最も早く機関部を除く総ポリマーフレームを採用した銃火器は、1959年に発売されたレミントン社のナイロン66ライフルである。安価で高品質な大衆用ライフルの設計を模索していたレミントン社は、大手化学メーカのデュポン社と提携。当時研究開発されていた同社の新素材、ナイロンを用いてストックやレシーバーを一新するという賭けに出た。この新素材は見事にレミントンの要求を満たし、ナイロン66は総計100万挺を超える大きなセールスを生んだ。
 このヒットを受け、レミントン社は様々なポリマーフレーム製品を製造した。その中でも特筆すべき成功を収めたのは1963年に発売された、ライフルカートリッジ・ターゲットピストルの元祖とも言えるXP-100ピストルであろう。ポリマー素材による複雑成型によって可能となった『[[ブルパップ]]式ボルトアクション』という特異な設計のこのピストルは、優れたバランスと精度からたちまちピストル競技界の新たな目玉商品となった。
 こうした民間製品でのポリマーフレーム製品の成功が世界的に知られると、軍用製品においてもポリマーフレームを活用しようという動きが見られ始めた。
 1959年に発売された[[レミントン]]社のナイロン66ライフルは、ストックをすべてポリマー素材で構成した最初期の実用ライフルの一つである。安価で高品質な大衆用ライフルの設計を模索していたレミントン社は、大手化学メーカーのデュポン社と提携。当時研究開発されていた同社の新素材、ナイロンを用いてストックやレシーバーを一新するという賭けに出た。この新素材は見事にレミントンの要求を満たし、ナイロン66は総計100万挺を超える大きなセールスを生んだ。
 このヒットを受け、レミントン社は様々なポリマーフレーム製品を製造した。その中でも特筆すべき成功を収めたのは1963年に発売された、ライフルカートリッジ・ターゲットピストルの元祖とも言えるXP-100ピストルであろう。ポリマー素材による複雑成型によって可能となった『[[ブルパップ]]式[[ボルトアクション]]』という特異な設計のこのピストルは、優れたバランスと精度からたちまちピストル競技界の新たな目玉商品となった。
 こうした民間銃器でのポリマー使用の成功が世界的に知られると、軍用製品においてもポリマー素材を活用しようという動きが見られ始めた。

 1970年には、最初期の総ポリマーフレーム軍用製品として著名な[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社の[[VP70>HK VP70]]ピストルが登場した((ポリマー素材をフレーム(の一部)に採り入れた、という意味でなら同H&Kの[[P9S>HK P9S]]のほうが早い。))。しかしこの製品はストライカー方式やポリゴナルライフリング、[[バースト]]機構など他にも独自の仕様を多く採用していたせいもあり、成功はしなかった。
 1978年にはオーストリアのステアー社から[[AUG>ステアー AUG]][[アサルトライフル>突撃銃]]が登場。軍用ライフルとして初めて総ポリマー製レシーバーを採用しており、マガジンにも樹脂の利点を活かした半透明のものが用意された。ブルパップ設計などとも相まってこの斬新な設計の銃は、広く世界中で調達・採用された。
 1982年に登場したのは、同じオーストリアのグロック社の[[グロック17>グロック 17]]ピストルである。VP70と異なり、軍・現場の意見・要望を生かして開発されたグロック17は、斬新ながらも決して奇抜な銃ではなく、非常に合理的に設計されていた。グロックの優れた資質は、ポリマー素材の強度に懐疑的だったユーザーにも次第に受け入れられていき、同時にポリマーフレームも広く認知されることとなった。このためグロック17は、(実際には2代目であるにもかかわらず)ポリマーフレーム拳銃の元祖と誤解されている。
 こうした初期の製品の成功を通して、様々な銃火器メーカにおいてポリマー素材を用いた製品が現れるようになった。
 1970年には、最初期のポリマーフレーム拳銃として知られる[[H&K>ヘックラー ウント コッホ]]社の[[VP70>HK VP70]]ピストルが登場した。しかし商業的には成功しなかった。その後1978年にはオーストリアの[[ステアー]]社から[[AUG>ステアー AUG]][[アサルトライフル>突撃銃]]が登場。軍用ライフルとして初めて総ポリマー製レシーバーを採用しており、マガジンにも樹脂の利点を活かした半透明のものが用意された。ブルパップ設計などとも相まってこの斬新な設計の銃は、広く世界中で調達・採用された。
 1982年には、同じオーストリアの[[グロック]]社製[[自動拳銃]]である[[グロック 17]]が登場した。VP70と異なり、現場の声を生かして開発されたグロック17は、斬新ながらも合理的な設計の銃であった。グロックの優れた資質は、ポリマー素材に懐疑的だったユーザーにも次第に受け入れられていき、それと同時にポリマーフレームも広く認知されることとなった。
 こうした初期の製品の成功を通して、様々な銃器メーカーにおいてポリマー素材を用いた製品が現れるようになった。

 素材加工や生産設備にある程度の技術力・工業力・資金力を要するものの、金属加工にくらべ大きなエネルギーを必要とせず、複雑な形状の部品を短時間にかつ大量に成型可能なので、生産性は非常に高い。また経年劣化にも強いため耐候性・整備性もよい。金属と異なり熱伝導性が低いため、射手に火傷や凍傷を負わせる恐れもない、とメリットは数多い。また変わったところでは、樹脂自体に着色して様々なカラーバリエーション(例えば砂漠迷彩のデザートイエローや訓練用の青色など)を作ることも可能である(塗装と違って使い込むうちに色がはげるといったこともない)。一方で、長い年月が経つことで急激に劣化すると言われたり([[グロック17>グロック 17]]の旧世代型)、実戦を経験した兵士から熱や紫外線に弱い([[G36>HK G36]])と指摘されている。((ポリマーフレーム自体の歴史がまだ浅いので、何とも言えない部分もある。))
 素材加工や生産設備にある程度の技術力・工業力・資金力を要するものの、金属加工にくらべ大きなエネルギーを必要とせず、複雑な形状の部品を短時間にかつ大量に成型可能なので、生産性は非常に高い。耐候性・整備性もよく、金属と異なり熱伝導性が低いため、射手に火傷や凍傷を負わせる恐れもない、とメリットは数多い。また樹脂自体に着色して様々なカラーバリエーション(例えば砂漠迷彩のデザートイエローや訓練用の青色など)を作ることも可能という利点もある(塗装と違って使い込むうちに色がはげるといったこともない)。
 受け入れられるまでは時間を要したが、これらのメリットが認知されるに従って、各国各社から次々とポリマーフレームの銃が開発・生産されるようになっている。最近では素材の向上に伴って、[[H&K G36>HK G36]]などのように、[[ハンマー]]や機関部など、従来は避けられていた部品にもポリマー素材が用いられるようになってきている。
 しかし、金属フレームに比べ材質の耐熱性や硬度で劣る((一般的に誤解されているが、柔軟性があるため耐圧性などはむしろ下手な金属素材より高い傾向にある。))点は変わりなく、強度の確保のためにポリマーフレームは従来のそれと比べ肉厚化(=重量化)しがちである。グリップパネルなどを一体成形することで強度はある程度補えるが、今度はパネルを分割することが出来なくなり、ユーザーの手のサイズに合わせた配慮が難しかった。
 一方で、長い年月が経つことで急激に劣化する([[グロック17>グロック 17]]の旧世代型)、熱や紫外線に弱い([[G36>HK G36]])という可能性も指摘されているが、未だ決定的な結論は出ていない。そもそもポリマーと言っても実際には様々な材料が使われており、全てが画一的な性質を持つ訳ではない点は留意すべきであろう(例えば、G36などはカーボン繊維で強化されたポリマー素材を使用している)。
 しかし、全体として金属フレームに比べ材質の耐熱性や硬度で劣る((一般的に誤解されているが、柔軟性があるため耐圧性などはむしろ下手な金属素材より高い傾向にある。))点は変わりなく、強度の確保のためにポリマーフレームは従来のそれと比べ肉厚化(=重量化)しがちである。グリップパネルなどを一体成形することで強度はある程度補えるが、今度はパネルを分割することが出来なくなり、ユーザーの手のサイズに合わせた配慮が難しかった。
 この点は[[ワルサー P99]]が、グリップのバックストラップを手のサイズに合わせて交換するという解決策を打ち出した。さらに近年では、グリップパネルの分割・交換が可能な製品も現れ始めている。[[P250>自動拳銃/P250]]ではインナーシャーシを取り外し、ポリマーフレームを丸ごと交換することでグリップサイズを変更する方法を採用するなど、様々な改良が各社から提案され、ポリマーフレームは今も進化を続けている。

 なお、グロック拳銃などの都市伝説として『ポリマーフレーム製品は金属探知器に検知されない』というものがあるが、ポリマー化されているのは''『フレーム』(自動拳銃で言うところの下半分)のみ''であり、スライドやバレル、ボルトなどの高圧力・高磨耗に晒されるパーツは最初期から21世紀現在に至るまですべて金属で作られており、銃として機能する状態を保ったまま金属探知器をすり抜ける事は実際には不可能である((そもそもハイジャックに限って言えば、銃自体がパス可能でも弾丸がパスしようがないのだが…))。
 しかしながら、こうしたアイデアはメディア作品においてはギミックとして活用され、ハリウッド映画でも『[[ダイ・ハード2>ダイ・ハード]]』などでそうした展開を見る事が出来る。
 また2010年代に入って、3Dプリンターで製造可能な[[拳銃]]の設計図がインターネット上で配布され社会問題になっている。


----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS