*ZID AEK-971【突撃銃】
#ref(AEK971.jpg,center,nolink,AEK-971)
|モデル|全長|重量|口径|発射形式|連射速度|装弾数|製造国|h
|~AEK-971|960mm|3.3kg|[[5.45 x 39mm>口径]]|S/F|900発/分|30|ロシア連邦|
|~AEK-971s|~|~|~|S/3/F|~|~|~|
|~AEK-972|~|~|[[5.56 x 45mm>口径]]|S/F|~|~|~|
|~AEK-973|~|~|[[7.62 x 39mm>口径]]|S/F|~|~|~|
|~AEK-973s|~|~|~|S/3/F|~|~|~|

 AKシリーズの内部機構をベースに設計された[[突撃銃]]。

 1980年代にコヴロフ機械設計局(Kovrov Machinebuilding Plant)でセルゲイ・I・コクシャロフによって設計された。後に[[AN94>イジェマッシ AN94]]と共にロシア軍のトライアルに参加したが、結果はAN94の採用であった。

 本銃の特徴は、内部に搭載したカウンターウェイトでガス・ピストンとボルトキャリアの動きにより生じる反動を打ち消すリコイル・バランシング機構である。トライアルでこそ敗れたものの、AN94と比較して構造が簡単で重量が軽く、製造コストが安価となっている。

 5.45mm弾を使用するベースモデルのAEK-971の他、5.56mm弾モデルのAEK-972と7.62mm弾モデルのAEK-973が存在し、これらはそれぞれ[[AK100シリーズ>イジェマッシ AK100]]と従来のAKシリーズのマガジンを使用できるようになっている。

 さらにAEK-971s/973sというモデルはトリガーメカニズムが変更され、[[3バースト>バースト]]機構が加えられている。

 ロシア軍への採用は叶わなかったが、2000〜2006年にかけてロシア内務省(MVD)の部隊が少数のAEK-971を取得していたようだ。
 なおAEK-971を生んだコヴロフ機械設計局はその後、軍需製品の製造から民生品の製造にスイッチしたため、本銃の製造権は同じくウラジーミル州コヴロフにあるZID(V.A.デグチャレフ記念工場)に移管されている。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[SOCOM: U.S. Navy SEALs]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[V.A.Degtyrev Plant>http://www.zid.ru/en/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS