*USSR マカロフ PB/6P9 / СССР Пистолет Бесшумный(ПБ) / 6П9   【自動拳銃】
#ref(http://mgdb.himitsukichi.com/pic/nowprint.jpg,center,nolink,NOW PRINTING)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|PB/6P9|369mm|1000g|[[9mm×18>口径]]|8+1|ソビエト|
 この[[拳銃]]はソビエトが[[マカロフ PM>USSR マカロフ]]を改造して作られた消音拳銃で「Пистолет Бесшумный」とはロシア語で文字通り「消音拳銃」を意味する。
 長らくこの拳銃は東側の秘密のベールに包まれていたがアフガニスタン紛争でソ連が配備していたこの拳銃を鹵獲されその存在が確認、公となった。
 スペツナズ、落下傘部隊など特殊任務遂行の為に[[PM>USSR マカロフ]]を改造・設計された。
 専用の革ホルスターには簡易着脱式の特殊な[[減音器]]を収めるスペースが造られている。持ち運びは他の消音拳銃に比べ、極めて容易だ。
 特殊な設計がなされており、バレル自体が従来のPMと違うように、発射時のガスを拡散できるように改良されている。減音器は着脱式で銃剣のような扱いが可能だ。茶色のグリップ部分は何故か星の替わりにダイヤマークの刻印がある。又、その代わりに重量も約400グラム程度重くなっている。

 余談だが上記の全長は[[減音器]]装着時の全長である。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS