*イジェマッシ PP-19 ビゾン / ИЖМАШ ПП-19 Бизон 【短機関銃】[#s50b06bd]
#ref(bizon1.jpg,center,nolink,イジェマッシ ビゾン)
|モデル|全長(伸長時)|重量|口径|装弾数|発射速度|発射形式|製造国|h
|~PP-19|425(660)mm|2.47kg|[[.30Tokarev&br;9mmx18&br;9mmLuger>口径]]|64|700発/分|S/F|ロシア|
|~ビゾン2|452(690)mm|2.7kg|[[9mmx18>口径]]|64|680発/分|~|~|
|~ビゾン2-01|452(690)mm|3.0kg|[[9mmLuger>口径]]|53|700発/分|~|~|
|~ビゾン2-02|452(690)mm|2.7kg|[[9mmx17(380ACP)>口径]]|64|680発/分|~|~|
|~ビゾン2-07|530(665)mm|3.0kg|[[.30Tokarev>口径]]|35|750発/分|~|~|


 ロシアの[[イジェマッシ]]社が1993年に軍・法的機関向けとして開発した[[短機関銃]]。
 パーツの大半は[[AKS74>USSR AK74]]の物と共用化されているため整備性が高く、ストックは折り畳み可能なので携帯性も高い。そして最大の特徴である銃前部に取り付けられたヘリカル(螺旋状)マガジンは、9mmx18マカロフ弾を64発装填可能と大容量。[[減音器]]も装着可能であり、ロシアの特殊部隊向け短機関銃として「PP-19(ПП-19)」の名前で装備されている。
 現在はマイナーチェンジを受けた『ビゾン2(Бизон2)』が生産されており、バレルが若干延長されたほか、バレルジャケット周りのデザインが変更されている。また、減音器を標準装備したビゾン2-03や、民間向けの[[セミオート]]モデル(ビゾン2-04〜06)もラインナップされているようだ。

 なお本銃はイジェマッシ社のビクトル・カラシニコフ技師とアレクセイ・ドラグノフ技師の共同開発だが、ビクトル・カラシニコフ技師は[[AK47>USSR AK47]]の開発者[[ミハイル・カラシニコフ>ミハイル・ティモフェビッチ・カラシニコフ]]の息子。そしてアレクセイ・ドラグノフ技師は[[ドラグノフ>USSR ドラグノフ]]の開発者であるエヴィジェニー・F・ドラグノフの息子である。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Seven Years Of War]]|−|−|項目参照|
|あやかしびと|ゲーム|特殊部隊チェルノボク|−|
|オペレーション フラッシュポイント|ゲーム|ドミトリ・ルーキン|スペッツナズ所属時|
|[[オペレーション・フラッシュポイント]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン]]|−|−|項目参照|
|サイフォンフィルター|ゲーム|ガブリエル・ローガン|−|
|[[Seven Years Of War]]|−|−|項目参照|
|[[デビル17]]|−|−|項目参照|
|[[トゥームレイダー]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド]]|−|−|項目参照|
|フリーダム・ファイターズ|ゲーム|主人公&br;ソ連軍将校|装弾数40発|
|[[メタルギアソリッド4]]|−|−|項目参照|
|やわらか戦車|その他|怪しい乗客|第6話|
|[[ヤングガン・カルナバル]]|−|−|項目参照|

#hr
CENTER:このページの画像は[[Izhmash社>http://www.izhmash.ru/eng/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS