MP-444 バギーラ / Baghira 【自動拳銃】

バイカル MP-444
全長重量口径装弾数製造国
186mm760g9mm×17
9mm×18
9mm×19
10/15+1ソビエト

 MP-444はマカロフに代わる軍の制式拳銃として、1990年頃にイジェマッシで開発された自動拳銃である。
 同時期にPM(マカロフ)の近代化改修が行われPMMとなり次期拳銃の採用が先送りとなった上、MP-443とトライアルの結果敗れ、現在では軍の一部と内務省の特殊部隊の一部に配備されているに過ぎない。
 銃の設計としては信頼性や安全性を第一に考えられており、保守的な作りのMP-443と比較すると、ポリマーを使用したボディ、3種の弾薬を使用できる点など、先進的な技術を取り入れている。

 MP-444の火力強化版として.40S&Wを使用するMP-445'Varjag'があり、MP-444の設計思想を受け継ぎ、MP-443の兄弟銃であるMP-446'Viking'がある。

登場作品ジャンル使用者備考
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
ブラック・ラグーン項目参照

このページの画像はENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この銃はizhmashではなくizhmekh製では?今でこそ合併しましたが。また本当に1990年頃のソ連時代に開発されたどうかも怪しいような -- 2013-11-03 (日) 15:43:28
  • 本銃を設計したのはIZHMEKH=Izhevsk Mechanical Plantですね、もとからIzhmashと名前が似ていて混同されやすい上に2013年8月には同社と合併してしまったためいよいよワケが判らなくなりつつあります -- 2013-11-04 (月) 10:16:35
  • セイフティのオンオフがベレッタ、S&Wオートと真逆な気が…普通は上に跳ね上げて解除するのに真逆だと使いにくそう… -- 2014-06-24 (火) 17:45:51
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:38 (589d)