US M1917リボルバー / US M1917 revolver 【回転式拳銃】

Colt/S&W M1917
モデル全長重量口径装弾数製造国
コルト製273mm1021g.45 ACP / .45 Auto Rim6アメリカ
S&W製276mm1055g

 M1917は、コルト社とS&W社が開発した回転式拳銃
 米軍は1911年に自動拳銃M1911を制式拳銃として採用したが、第一次世界大戦時にM1911が大量に必要になり、生産が間に合わなくなった。そこで米軍は「大量生産が容易で、しかもM1911と同じく.45ACP弾を使用するリボルバー」をコルト社とS&W社に発注した。そして1917年に完成・制式採用されたリボルバーがM1917である。
 両社の共同開発ではなく、あくまでそれぞれの独自開発であるため、二つのM1917は全くの別物である(補給の関係上消耗品の互換性はある)。S&W社製(画像右)はNフレームの使用で、コルト社製(画像左)よりダブルアクション機構において優れていた。また、S&W社のM1917は後にM22のナンバーを与えられて市販された。

 なお、自動拳銃用の.45ACP弾はリムレスであるため、エジェクターのツメがリムを噛む事が出来ず排莢が困難となる。このため装填時には、ムーンクリップと呼ばれる補助具を必要とした。
 また、コルト製の極初期型などは、シリンダー内の段差が前身であるコルト ニューサービスの.45LC弾仕様のままだったため、クリップ無しだと弾が奥に入りすぎてしまうという問題があった。段差を改良したモデルでもファイアリングピンがプライマーに届かず、S&W製はコルト製よりマシだったものの、それでも不発が頻発しクリップの使用が必須であった。
 このクリップは.45ACP弾を3発ずつ留められるハーフムーンクリップで、携帯や再装填にも便利なものだった。戦後には、民間用に6発ずつ保弾できるフルムーンクリップが登場している。

 その後、十分な数のM1911が確保できたため、第二次大戦時にはM1917は二線級兵器となっていた。しかし、当時まだまだ自動拳銃の信頼性に根強い不安(偏見)を抱いていた航空隊のパイロット達の間では、万が一の際の自衛用としてM1911よりM1917が愛用されていたという。

 第二次世界大戦後、GHQの指示により日本でも全警察官が拳銃を携行するようになったが、配備する拳銃が全く不足していたため、大量の拳銃が米軍より払い下げされた。コルト社とS&W社のM1917がその主たる銃であり、ニューナンブが配備されるまでは日本の制服警官の標準装備となっていたため、日本人にも馴染みが深い拳銃と言える。

登場作品ジャンル使用者備考
Call of Cthulhu:Dark Corners of the Earthゲームジャック・ウォルターズS&W製
Godfatherゲーム
Sniper Elite 3項目参照
アメリカン・エネミーズ映画メルル・ヘンチドイルのクラブで1発使用
宇宙刑事ギャバン特撮警官コルト製
宇宙刑事シャリバン特撮警官S&W製
宇宙大戦争映画世界防衛警察警官未発砲
ウルトラセブン特撮警官44話『恐怖の超猿人』
エイブル項目参照
エル・カザド項目参照
仮面ライダーアマゾン特撮警官コルト製
発砲なし
仮面ライダー(新)特撮アリコマンド警官変装時
仮面ライダースーパー1特撮警官コルト製
発砲なし
キノの旅項目参照
グッド・バッド・ウィアード項目参照
ザ・スピリット項目参照
ザ・パシフィック項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
猿の惑星項目参照
ジーザス項目参照
ジャイアントロボ特撮BF団員派遣隊変装時
ジョジョの奇妙な冒険 Part2
戦闘潮流
漫画ハイジャック犯回想シーン
発砲なし
コルト製
スタートレック項目参照
西部警察項目参照
空の大怪獣 ラドン映画警察官メガヌロンの攻撃に使用
ゾンビーノ項目参照
太陽戦隊サンバルカン特撮ミルズ捜査官(ダークQ)コルト ローマンと共に所持
コルト製
警官ペッタン顔写し時
コルト ローマンと共に使用
コルト製
太陽にほえろ!項目参照
タクシードライバー項目参照
超人バロム・1特撮平野
超力戦隊オーレンジャー特撮大谷巡査コルト製
電子戦隊デンジマン特撮警官コルト製
七色いんこ漫画千里 万里子
忍者戦隊カクレンジャー特撮黒いスーツの男コルト製
バクキの幻覚空間に出現
バキ項目参照
はだしのゲン漫画近藤隆太
ドングリ
ムスビ
バッカーノ!項目参照
ファイブ・デイズ・ウォー映画リーク中尉S&W製
フォレスト・ガンプ/一期一会項目参照
フューリー項目参照
マーズ・アタック!項目参照
マスク項目参照
メダル オブ オナー項目参照
メタルマックス モモ項目参照
蘇える金狼項目参照
リーグ・オブ・レジェンド項目参照
理由なき反抗映画警官
レイダース/失われたアーク項目参照
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ映画パッツィー

このページの画像はUS army TACOMSmith & Wesson社から転載・加工しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


このページはコルト M1917からリネームされています。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画などのメディア作品では、コルト製の方が引っ張りだこなイメージ。 -- 2016-07-22 (金) 16:56:32
  • NHK BSプレミアムで放送されたドラマ「そして誰もいなくなった」のフィリップ・ロンバートが所持していた回転式拳銃はこれでしょうか?どなたか見ていた方はいますか? -- 2016-12-12 (月) 15:18:51
  • S&Wの『9mmパラベラム弾仕様の小型化されたタイプ』って存在したのでしょうか?
    小型化という事はフレームが違うという事になりそうですが、そうなると別の銃という事になります。
    ちなみにM1917もM22も9mm仕様のモデルはありません。 -- 2017-01-30 (月) 22:35:12
  • よく分かりませんね。そもそもいつどこ向けに作られたのやら...戦前に需要があったとは思えません。古いページにはよくある、昔の間違った情報かも知れませんね。 -- 2017-01-30 (月) 23:07:46
  • 9mm云々のくだりを削除しました。 -- 2017-01-31 (火) 17:09:37
  • フューリーでウォーダディが使ってた。ノーマンに持たせて、ヒトラーユーゲントを殺させようとしてた。 -- 2017-03-05 (日) 18:07:27
  • むしろニューナンブよりこいつのほうが有用な予感が…ソフト&フラットノーズならそうそう貫通しないだろ -- 2017-03-07 (火) 15:48:47
  • 耐用年数とか寿命とかそういう感じのなんかでないかな -- 2017-03-07 (火) 18:19:21
  • 何がどう有用なのか分からんが、控え目に言ってもサイズの問題だろう。 -- 2017-03-07 (火) 18:58:44
  • 紅の拳銃でも赤木さんがつかってましたね -- 2017-06-17 (土) 23:09:26
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-04 (月) 12:10:14 (49d)