Navy SEAL(Sea Air and Land):アメリカ海軍特殊作戦部隊

 ベトナム戦争期にアメリカ海軍内に設立された特殊任務部隊。
 前身は第二次大戦で水中での破壊工作や上陸支援などを行っていたUDT(Underwater Demolition Team:水中破壊部隊)であり、ベトナム戦争でもその有効性が認められSEALへと改編された。名前の「SEAL」は活動範囲である海空陸「SEA AIR and LAND」を繋げた造語であり、動物のアザラシ(Seal)とかけてある。

 SEALを構成する作戦部隊はNSWG(海軍特殊戦グループ)と呼ばれ、現在、知られる限り1、2、3、4、11の5つのNSWGから成り、このうちNSWG1とNSWG2が、主力となる八つのSEALチームで構成されている。アメリカ西海岸のカリフォルニア州コロナドを本部とする、奇数番号のSEALチーム1、3、5、7がNSWG1を構成し、担当地域は全世界に及ぶ。東海岸のヴァージニア州リトルクリークに本部を置く、偶数番号のSEALチーム2、4、8、10はNSWG2を構成し、各チームがそれぞれ局地的な担当区域を持つ。ナンバー規則とグループの構成上の都合から、9は欠番となっている。NSWG3、4、11はSEALチームとその装備を送り込むための、輸送やサポートを担うグループである。 
 それとは別に抗テロを目的としているのが旧SEALチーム6であり、現在のNSWDG(海軍特殊戦開発グループ)、通称"DEVGRU(デヴグルー)"である。公式には米海軍の陸海空における特殊作戦で運用される戦術と技術の試験・評価・開発を行うとされているが、実際にはデルタフォースと共に、統合特殊作戦コマンド(JSOC)の指揮下で、米政府が公式には認めていない対テロ特殊作戦を行なっている。部隊内部でも最も情報の統制が厳格で、秘匿性の高いチームである。

 軍特殊部隊としてはSASと並んで最も有名な部隊であり、装備、人員、作戦遂行に可能な技術の全てにおいて世界最高であると同時に、訓練そのものは人間の限界を遥かに越えるほど過酷極まりないものであり、志願者の90%以上が選抜訓練の最終段階以前に脱落するとも言われている。 
 特に1日に4時間以上の睡眠時間は許されない第8週目の訓練期間は、“ヘルウィーク"と呼ばれるほどに過酷であり、志願者は階級による差別は一切無いため、時に死者が出ることもある。
 一方、SEALへの入隊志願は、アメリカ海軍への志願条件を満たす者なら誰でも可能であり、選抜訓練をパスすれば海軍配属と同時にSEAL隊員となることもできる。グリーンベレーが陸軍の三等軍曹に満たない階級では志願できないのと対照的である。

 パナマ侵攻や湾岸戦争、アフガニスタンのタリバン政権崩壊作戦や現在は泥沼化しているイラク戦争などの軍事作戦以外にも、対テロ作戦に従事する機会も多いらしい。そのため、通常の特殊作戦部隊の技能と同時に対テロの最精鋭部隊としても機能することが多くなってきたようだが、時として友好国や同盟国への対テロ作戦の技能供与に協力することあるようで、海上自衛隊内部に存在が確認されている日本版のSEALであるSBU(特別警備隊)の訓練に影響を与えたようである。
 また、2011年5月にはパキスタンで、国際テロ組織:アルカイダの指導者であり、9.11米国同時多発テロ事件等の首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンを急襲し、暗殺するという成果を挙げている。

 部隊の性格上、長くその活動は一般に知られることはなかったが、映画『ネイビー・シールズ』を皮切りに徐々に知名度が上昇。メディア作品への登場も増え、今ではグリーンベレーなどに替わってアメリカ特殊部隊の代名詞的存在となった感がある。

 ベトナム戦争時代のタイガーストライプ迷彩の野戦服姿が有名なSEALだが、現地に紛れての潜入任務もこなす多目的部隊であり、アフガニスタンではカルザイ大統領(当時議長)警護任務の際、カジュアルな服装でMk18を装備、警護に当たるSEALメンバーの姿も目撃されている。

新旧装備品

 
  1. ■SEAL出身の人物(実在)
    1. ウィリアム・シェパード (宇宙飛行士)
    2. エリック・プリンス(ブラックウォーター社創設者)
    3. クリス・オスマン(元シール・チーム3所属。装備メーカーTAG社創立者。「ネイビー・シールズ*1」著者)
    4. クリス・カイル(元狙撃手。「ネイビー・シールズ 最強の狙撃手*2」著者。2013年に死去)
    5. ドゥエイン・ディーター(ナイフメーカー「Master Of Defense」社長)
    6. チャック・ファーラー (映画「ネイビー・シールズ」脚本家)
    7. ハリー・ハンフリーズ (軍事アドバイザー)
    8. ハワード・E・ワーズディン(元DEVGRU所属狙撃手。「極秘特殊部隊シール・チーム・シックス*3」著者)
    9. マーカス・ラトレル (「アフガン、たった一人の生還」著者)
    10. マーク・オーウェン(仮名。元DEVGRU所属。『アメリカ最強の特殊戦闘部隊が「国家の敵」を倒すまで NO EASY DAY*4』著者)
    11. マイケル・A・モンスーア (06年にアフガニスタンにて戦死。ズムウォルト級ミサイル駆逐艦の艦名に)
    12. マイケル・マーフィー(05年にアフガニスタンにて戦死。アーレイ・バーグ級ミサイル駆逐艦の艦名に)
    13. リチャード・"マック"・マコウィッツ (元狙撃手、Future Weapons司会等)
    14. ローク・デンバー(映画「ネイビーシールズ」に出演)
       
  2. ■SEAL出身の人物(架空)
    登場作品人物名備考
    G.I.ジェーンジョーダン・オニール大尉女性で訓練を受ける
    SWATジム・ストリート
    クライシス2タラ・ストリックランド女性
    コール オブ デューティ: ゴーストトーマス・A・メリック
    ザ・ロックチャールズ・アンダーソン中佐
    シェパード大尉
    スプリンターセルシリーズサム・フィッシャー
    ヴィクター・コステ
    タイムクライシス2ロバート・バクスター
    沈黙シリーズケイシー・ライバック
    ティアーズ・オブ・ザ・サンA・K・ウォーターズ大尉
    エリス・“ジー”・ペティグルー
    ケリー・レイク
    ジェイソン・“フリー”・メイブリー
    ジェームズ・“レッド”・アトキンズ
    ダニー・“ドク”・ケリー
    デミトリアス・“シルク”・オーウェンズ
    マイケル・“スロー”・スロウェンスキー
    トリプルXシリーズオーガスタス・ギボンズ
    ダリアス・ストーントリプルXネクストレベル
    ネイビー・シールズジェームズ・カーラン大尉
    デイル・ホーキンス大尉
    ネイビーシールズ(2012年)ローク・アングル大尉演じているのは現役SEAL
    デイヴ兵曹長(チーフ)
    ミラー上級兵曹長(シニア)
    ワイミー一等兵曹
    サニー一等兵曹
    レイ二等兵曹
    エイジェイ二等兵曹
    マイキー一等兵曹
    名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)ティモシー・ハンター
    マーク・グリーン
    メダル オブ オナー(2010年)
    メダル オブ オナー ウォーファイター
    マザー
    ブードゥー
    プリーチャー
    メダル オブ オナー(2010年)ラビットモデルはDEVGRUのニール・ロバーツ
    メダル オブ オナー ウォーファイタースタンプ海兵隊
    ディンゴ
    ティック
    容赦なくジョンテレンス・ケリー
    レインボーシックス シージブラックビアード(クレイグ・ジェンソン)
    ヴァルキリー(メーガン・J・カステラーノ)女性


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 特殊部隊は別なんじゃ? -- 2015-05-21 (木) 08:53:27
  • 制式になってない武器を使ってはいけないのならSEALはAKすら使ってはいけないことになるが -- 2015-05-21 (木) 10:19:29
  • 制式じゃない銃で人を殺傷した場合、それは私刑になるから使えないと聞いた -- 2015-05-21 (木) 10:35:49
  • 特殊部隊は自分好みのカスタム1911使ってるけど、メーカーも異なるだろうからそれもアウトになる -- 2015-05-21 (木) 10:46:44
  • M1911やM4の場合はベースになるライフル自体に、更に許可されるカスタムパーツの備品リストが大量にあって色々カスタム出来るようになってる。AKやらSVDやらの「拾った武器」は現地の指揮官の裁量次第で許可される事になってる。 -- 2015-05-21 (木) 11:06:15
  • そもそもSOCOM統合軍は他の通常軍とは軍規が違う筈なので、多分その辺はより柔軟であろうとは思うが具体的にどれほど柔軟なのかはよく知らん。要するに、軍における大抵の問題は最終的に指揮官の判断であって、普通の部隊であれば規定外の武器で殺傷が起きる、なんて事は自分の評価に響くし大体許可されない。作戦の成否の方が重要な局面ではまぁ認める場合もあるんだろう。M686も別に毎回持って行ってる訳じゃないだろうし。 -- 2015-05-21 (木) 11:26:57
  • なんか自由度が高いせいか近年のフィクション ノンフィクションで米軍特殊部隊が主役を務めたり元だったりした場合もっとも多くチョイスされてる部隊になった感じがする -- 2015-07-04 (土) 18:41:29
  • 任務内容が過酷だからか何だか理由は不明だが、元々隊員の退役率が異様に高い特殊部隊というのも関係あったりする。アメリカ以外の国のSEALs系部隊はほとんど設立時に退役した元SEALs隊員が指導してるぐらい。 -- 2015-07-04 (土) 19:43:52
  • SEALは全員が狙撃の訓練を受けるのですか? -- 2015-07-11 (土) 08:40:48
  • 全員ではないです。日本語Wikipedia辺りの記述だと羅列されている全ての項目が必修課目のように見えますが、実際にはあれらの内から配属される部隊に応じて必要な課程のみを修得します。 -- 2015-07-11 (土) 09:08:22
お名前:


*1 原題;SEALs THE NAVY'S ELITE FIGHTING FORCE
*2 文庫版発表時に映画原作として「アメリカン・スナイパー」に改題。原題;AMERICAN SNIPER
*3 原題;SEAL TEAM SIX
*4 原題;NO EASY DAY

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-28 (土) 00:34:55 (322d)