SAT(Special Assault Team):特殊急襲部隊

 SAT(サット)は、ハイジャック事件や刑事部の特殊犯捜査係(SIT、MAATなどと呼ばれる。捜査第一課に所属)だけでは対処が困難な事件に対応する、日本警察の特殊部隊である。
 なお、「特殊急襲部隊」という呼称は、英語の部隊名「Special Assault Team」を日本語に直訳したもので、警察庁が発表している正式な部隊名は「特殊部隊」である。

 部隊創設のきっかけは、1977年に発生した日本赤軍によるダッカ事件にまで遡る。政府が決定した超法規的措置により、犯人グループの要求を受け入れたことが原因で、日本は、欧米諸国から『テロリスト輸出国家』と名指しで批難された。
 このダッカ事件を教訓として、警察庁は同年の11月1日、警視庁と大阪府警察の機動隊に、ハイジャック対策を主要任務とする特殊部隊を設置した*1。発足のため元警察庁長官の後藤田正晴、あさま山荘事件で指揮を執った佐々淳行が尽力を尽くした。
 警視庁では通称「特科中隊」、大阪府警では「零(ゼロ)中隊」と呼ばれ、1980年代初頭から警視庁部隊はSAP(Special Armed Policeの略称)と呼ばれるようになる。他の道府県でも同様の特殊部隊に近い武装班が設置されたがこれらの部隊の存在は、警察内部でも極秘扱いとされていた。

 創設後、いくつかの事件(1979年の三菱銀行強盗殺人事件、1992年の町田民家立て籠もり事件、1995年の山梨県上九一色村のオウム真理教本部強制捜査など)に出動したのち、1995年の函館空港ハイジャック事件に警視庁部隊(SAP)が出動したことで、存在が明らかとなった。
 1996年4月1日、警察庁は今後も増大するであろうテロ事件に対応する目的で、既存の特殊部隊を強化し、さらに主要5県警にも部隊の増設が決定され、正規の部隊としてSATが発足し、同年にその存在が公表された。
 2002年には、警察庁が警視庁所属のSATの訓練映像を公開し、民放各社を通じて全国放送されたことで話題となった。
 2005年8月には新たに沖縄県警にもSATが20人体制で設置された。現在は8都道府県(北海道、東京、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡、沖縄)の警察本部に配備され、隊員の総数は約300名である。また、2005年に札幌で行われた大規模なテロ対策訓練では、陸上自衛隊員と共に、北海道警察のSATと見られる部隊が訓練に参加している。
 
 SATの装備体系や訓練方式は、ドイツの特殊部隊GSG9を参考としている。GSG9は、1977年のルフトハンザ機ハイジャック事件で犯人制圧と人質救出に成功した部隊である。
 また、SATは過去にアメリカのSWATや、連邦捜査局(FBI)の特殊部隊HRT(Hostage Rescue Teamの略称)と合同訓練を実施したと言われているが、そのノウハウの導入は結果的に上手くいかなかったようで、現在は、設立時に参考にしたGSG9やGIGNといったヨーロッパの特殊部隊と共同訓練や人員交換をすることの方が多いようだ(装備からしてもかなりヨーロッパ的である)。また、オーストラリアのパースに所在する大規模な市街戦・屋内戦用の訓練施設(通称キリングヴィレッジ)で訓練を行ったと言われている。

 SATは、テロ対策を主要任務とする特殊部隊であるため、部隊の詳細は公表されていない。また、SATに入隊すると隊員は、「部隊で見たり聞いたりしたことを他人に話せば、時には法で罰せられる。家族に対しても同様である。」という訓示を受け、保秘を徹底させられると言われている*2
 ただし、近年は内部の情報がそれなりに開示されており、以前では知り得ることが不可能に近かった隊員個人の装備や訓練の内容がある程度、明らかになり、国民に部隊の存在そのものも確実に認知され、浸透しているようだ。

 アメリカのSWATやドイツのGSG9、SEK、イギリスのSASなどと比べれば、その出動回数は非常に少なく、出動してもオブザーバー的立場であることが多いので、部隊の実力は如何ばかりかと疑問に思える。しかし、実際に部隊の練度を調べたある国の対テロ部隊広報担当者曰く、「士気も高く、装備も隊員の素質も充分である」とのこと。
 一方、メディア作品での扱いは正式発足当初は「敵にあっさり殲滅される」という役回りが多かった。これは、ハリウッドのアクション映画において、SWATが簡単に殲滅されてしまうパターンと同様であり「主役を目立たせる」、「敵の強大さをアピールする」という演出上の存在として扱われることも多い。ただ、日本の場合は「危機管理能力の甘さ」や「平和ボケ」などを強調させる狙いもあったようである。現在ではメディアにおいても「練度の高い部隊」という認識も増えつつある。

 なお、2007年5月に発生した愛知県立て篭もり事件で、出動したSAT隊員が犯人に撃たれ死亡する事態が起きた。SATが編成されて以来、現場で隊員に犠牲者が出たのは、この事件が初めてである。この事件を受け、警察庁は同年6月、SAT支援チーム「SSS」(SAT・サポート・スタッフの略称、スリーエスと呼称)を発足させた。

 また、埼玉県警察警備部機動隊第3中隊には「RATS」という銃器対策部隊が存在している。銃器対策部隊であるが対テロ作戦を遂行する部隊として編成されている。

突撃銃拳銃狙撃銃短機関銃
豊和工業 89式小銃
豊和工業 64式小銃スコープを取り付た狙撃用。SAPが使用)
H&K USP
シグザウエル P226
グロック 19
H&K P9S(SAPが使用)
豊和工業 M1500
豊和工業 ゴールデンベア(SAPが使用)
レミントン M700
PSG1
H&K MP5A5
H&K MP5K(SAPが使用)
H&K MP5SD6(SAPが使用)
  1. ■SAT出身の人物(実在)
    1. 林 一歩(巡査部長、殉職により警部に特進)
    2. 伊藤 鋼一(元SAP隊員)
  1. ■SAT出身の人物(架空)
    登場作品人物名備考
    エルフェンリート坂東
    踊る大捜査線草壁
    七曲署捜査一係'99香川 達也
    ハルノクニ蜂谷キリコ
    ホーク B計画高見
    闇のイージス盾 雁人
    レインボーシックス シージ火花(今川 由美子)愛知県警所属
    エコー(江夏 優)


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 以前イタリアの特殊部隊との合同訓練が報道されて以来何かメディアに出てきたりしたっけ? -- 2015-10-19 (月) 15:24:52
  • ああいった公開訓練って本気は出せないけど手抜きも出来ないからなぁ…ただこの前の訓練を見る限り装備以外は以前公開された訓練と比べても特に目立った点も無かったしな… -- 2016-02-10 (水) 09:49:48
  • アサルトライフルは89式以外にM4あるいはHK416を使用するという情報も 流石に本物のフル装備テロリストや特殊工作員相手にSMGではちと不安だよね -- 2016-02-23 (火) 21:25:02
  • 県警によって名称バラバラな理由って何でなんかね -- 2016-02-24 (水) 12:10:50
  • それSATじゃなくて、SITの方じゃね? -- 2016-02-24 (水) 12:26:00
  • SATは警視庁?警察庁?どちらですか? -- Y? 2016-03-01 (火) 18:12:28
  • 警察庁は官僚組織だから実働部隊は持ってないよ -- 2016-03-01 (火) 21:11:52
  • 大まかに書くと、テロの標的になりやすい重要施設等が管轄や付近にある8都道府県の警備部(のどこか)に設置されてて国費で運営してる部隊が「SAT」、全国都道府県警の警備部機動隊にある機動隊の予算で運営してる「対銃犯罪部隊」が「銃器対策部」、銃器対策部隊の中でより専門的な訓練を受けてるのが「銃対レンジャー」等の部隊、各都道府県警の刑事部に設置されてて刑事部の予算で運営してる「対凶悪犯罪部隊」がSIT等。警察の気分とか強さ()で決まってるわけではない。 -- 2016-03-03 (木) 21:38:55
  • 狙撃銃に関しては旅客機ハイジャック対策に対物ライフルとしてAW50も採用しているようです -- 2016-03-10 (木) 19:19:32
  • 寄生獣 完結編にも出てたね。 -- 2017-01-01 (日) 15:38:37
お名前:


*1 なお、SITなどの特殊犯捜査係は1964年に設置された。
*2 愛知立てこもり事件においてSAT隊員が殉職した際、隊員の両親は「死亡するまで、息子がSAT隊員であることを知らなかった」と報道されている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-23 (日) 01:45:54 (216d)